1. Top » 
  2. 社会・安全 » 
  3. 「ユダヤ人の陰謀」「フリーメーソン」には気をつけろ! 

「ユダヤ人の陰謀」「フリーメーソン」には気をつけろ! 

巷の雑誌や単行本には、国際的な事件や宗教的な問題などについて、何かというと「ユダヤ人の国際的な陰謀」、「秘密結社フリーメーソン」の仕業であるという結論に結びつけるものがある。
 大抵の場合、2流以下の面白おかしく、売らんかなの雑誌や単行本がほとんどであるが、稀にはまともな国際ジャーナリストが、こんな愚にもつかないことを、まことしやかに記述している場合があり、驚く場合もある。
 欧米の場合、キリスト教の影響で、世の中の悪いことをユダヤ人のせいにすることは、ヒトラーの例を挙げるまでもなく昔から常套手段であった。
 しかし、こんな人種偏見に基づく嫌がらせのような行為が、もっともらしい理論付けまでして、今でも続けられている。
 このような偏見の刷り込みは、繰り返されるうちに意外と心に染み込んでしまうので気をつけたいものです。
 今話題になっている「ダウィンチ・コード」もテーマは、全く違うが少しだけ同じ香りがするのは気になります。

{解説}
大体、ユダヤ人が本当に世界を支配し、牛耳ることができる力があるなら、なぜ、ドイツの田舎軍人だったヒトラーごときが芽を出したところで、ひねり潰さなかったのか。
 そもそもそんな力のある民族が、なぜ何千年も母国を持てず、第二次大戦であんなひどい目にあった同情も含め、アメリカの力を借りなければ祖国を設立できないのか? この民族の苦難の歴史を正しく見つめれば、自ずと答えが出るでしょう。
 まことしやかにユダヤ人の力・陰謀を語るものたちは、自分たちと異なるもの、理解できないものを怖れ、過剰評価し怪物を作り上げるデマゴーグ・自分の商売のためには何でもする(言う)人種差別主義者です。


スポンサーサイト
  • Genre:

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/10-84c2658e この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー