1. Top » 
  2. 資格 » 
  3. 悪の王者!慶応

悪の王者!慶応

*****************************************************
新司法試験の合格者1851人、類題教えた慶応大は2位
 法科大学院の修了生を対象にした新司法試験で、法務省の司法試験委員会は13日、2007年の合格者を発表した。受験した4607人のうち1851人が合格、全体の合格率は40・18%だった。今年は社会人出身者など3年制のコースを修了した学生が初めて受験し、合格者数が昨年(1009人)の2倍近くに増えたが、合格率は8・07ポイント下がった。大学院別の合格者数では、東京大が178人でトップ。考査委員だった教授(当時)が試験の類題を学生に事前に教えた慶応大は、173人で2位(昨年は3位)だった。慶応大の合格率は64%で、東大(59%)や早稲田大(52%)を上回った。受験者を送り出した大学院68校(昨年は58校)の中で、100人を超す合格者を出した大学院が5校あった一方、1けた台が32校、1人しかいない所も2校あり、大学院間の格差が浮き彫りになった。法科大学院は、大学の法学部を卒業するなどした人(法学既修者)向けの2年制コースと、社会人出身者など未修者向けの3年制コースに分かれている。合格者のうち、既修者は1216人で、合格率46・03%だったのに対し、未修者は635人で、合格率は32・32%にとどまった。社会人など多様な人材を法律家に養成することが法科大学院の理念の一つだが、未修者には厳しい結果となった。男性の合格者は1334人、女性は517人。平均年齢は29・2歳で昨年(28・87歳)よりわずかに上がり、最高齢は56歳だった。(読売新聞)
*****************************************************
 さすが“陸の王者”慶応、薄汚い手を使ってでも低迷していた成績を、合格率はトップ、合格者数でも2位にのし上がりました。(こんな反則しても、合格者は東大にかなわないのは、うら悲しいが・・・)
 社会の正義を実現する司法の入り口の司法試験が、この体たらくでは、今後の日本の司法など弁護士が増えようが、裁判員を取り入れようが、全く期待できないだろう。
 こんなインチキくさい試験にしてまで、法曹人口を増やしたいなら、いっそのこと前回ご紹介したインチキくさい資格の代表格「税理士」のように、“法務省の職員を20年勤めたら一律司法試験合格”とか“大学院で法学に関する修士を2つ取得したら司法試験合格”にするとかして、7割ぐらい免除者にしてしまえばよい。(そのかわり試験は公平公正に実施!)一応は、公平公正な試験のように見せかけて、内実は、慶応大学のお坊ちゃまだけが、試験問題を教えてもらえる試験なんて、一番たちが悪いぞ!税理士試験を見習って、インチキくさい試験は、インチキくさい試験らしく、インチキな試験要項を恥ずかしげもなく発表しなさい、正々堂々と。
 そうじゃないなら、今回慶応大学の合格者は、不合格扱いにするべきでしょう。絶対こいつらのかなりの部分は、かさ上げされた点数で合格しているのだから・・・。慶応大学も良心があるなら連帯責任を取らせるべきでしょう。
 そして、慶応の法科大学院の認可は取消、そうでもしないとこのままでは、結局は慶応大のヤッタモン勝ちで、新司法試験の漏洩体質は変わらず、他の大学も隠れて追従することは必至でしょう。

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/116-8b74ae7c この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー