1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 団塊の世代 中国へ

団塊の世代 中国へ

*****************************************************
団塊世代が中国に「転職」 品質管理の指導者としてモテモテ (J-CASTより)
 大連市では積極的に日本の「シニア人材」を斡旋している
団塊世代を中心とした日本人の「シニア人材」が中国から「熱い」視線を浴びている。中国の高度経済成長による人材不足と、団塊の世代を中心とした中高年世代の大量退職が合致し、中国企業が品質管理の指導者などとして雇い入れるケースが増えてきているようなのだ。
大連市は「シニア人材」の就職説明会を開催
中国では、日本の「シニア人材」の確保に乗り出す自治体も登場している。遼寧省の大連市は07年5月に日本の「シニア人材」を対象にした就職説明会を開催した。参加したのは地元企業160社ほど。同市は06年にも東京で人材募集のイベントを開いたり、同市内で「日本週」と名づけた就職イベントを行うなど、日本人人材の獲得には熱心だ。日本人を受け入れる専門窓口も設けられた。
大連市人事局はJ-CASTニュースの取材に対し、同市が日本の「シニア人材」受け入れに熱心な理由を「年をとっても、退職しても、人材としての価値がある」と語る。同局によれば、以前から日本人を受け入れたいという企業の要望があったが、最近になって日系企業が増えたことや、地理的に近いということも手伝って、日本人人材の需要が高まっているのだという。大連市の人口は500万人ほどだが、現在、同市では約1万人の日本人が働いている。
こうした中国からの需要が、日本の団塊世代の大量退職と重なり、日本の人材会社も続々とこの世代の「中国への転職」事業に乗り出してきている。インターネットッ上の転職・就職サイトでは、中国向けの転職・就職を扱うサイトも多くなり、団塊世代に中国への「転職」を紹介する企業も増えてきた。
*****************************************************
 団塊の世代の大量退職に伴い、中国へ転職する人が増加しているようです。やはり団塊の世代の人たちは、日本の高度成長期を支えた世代だけあって、“安定・成熟”よりも“開発・成長”の価値観が強いのでしょう。それなりの年齢に達した後に、言語・習慣も違う国へ行って働くという選択をする人が多いことには、驚かされます。
 中国側としては、日本の熟練技術者のノウハウを求め、日本の団塊世代は、まだ引退したくないという希望がかなえられる。双方にとってメリットがある関係ですが、実際、想定どおりのメリットを得るのは、結構大変でしょう。なぜなら、中国の労働者は、少しでも高い給与を求めて、すぐ転職しますので、そもそも技術の継承が難しい環境にあります。また、中国産の食品問題に代表されるように、非常に目先の利益確保にとらわれ、ものづくりに対する、地道で中長期的な品質向上等の視点が、産業全体に非常に乏しい状態です。日本の団塊の世代の投入だけで、飛躍的に改善することは難しいでしょう。
 いずれにしても、個人的には、せっかく引退できる年齢までになった時に、“オリンピックに参加するだけでも、選手にとって健康に良くない”とまで言われる中国に行く勇気は無いです。できれば出張でも行きたくないですね。水も食品も空気も日本など比べものにならない位汚染されていますから・・・さすが“企業戦士”世代ですね、命懸けですね。
 中国に行かれる団塊の世代の皆様も、くれぐれも健康に気をつけてください。(といっても防ぎようは無いですが・・・)

*関連情報
*****************************************************
中国、都市の3分の2近くで大気汚染=英字紙 [ロイターより]
 12日付の中国の英字紙チャイナ・デーリーによると、中国の都市の3分の2近くが、大気汚染の問題を抱えており、集中下水処理施設も整備されていないことが、2006年の国家環境保護局の報告で明らかになった。
 調査対象となった585都市のうち「大気汚染がなく健全な環境」だったのは全体の37.6%で、前年から7.3%ポイント低下した。
 石炭産地である北部の山西省と北東部の鉄鋼地帯の遼寧省を中心に、合わせて39都市が「深刻な」大気汚染に見舞われているという。
 さらに「集中下水処理施設」のない都市が200都市にのぼり、187都市にはごみ処理工場がなかった。
*****************************************************
(レコードチャイナより)
  2007年6月30日、ドイツの週刊誌が来年開催される北京オリンピックについて、北京市の深刻な大気汚染を取り上げ、これが各国から参加する選手たちに何らかの悪影響を及ぼすとの報告を掲載した。
報告の中で、北京市の大気中の粉塵濃度は無雨無風状態で国際衛生基準の2倍から3倍の値であると説明。
視界2~3kmが一般的な北京市内でのオリンピック開催で、もっとも深刻な健康被害を受けるのは屋外陸上競技選手、特にマラソン選手が危険だと指摘。英国オリンピック委員会顧問のマーク・カディナール医師は「北京五輪でマラソン競技の世界新記録樹立は不可能」と予想した。
国内14都市で行なわれた中国当局の調査によると、大気汚染により毎年5万人の新生児が死亡しているという報告もあり、北京国際医療センターの医師も「運動はなるべく屋内で」と提唱している。
*****************************************************

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/122-7e4b4adc この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー