1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 転んでもタダでは起きない中国。非情なまでの冷徹な国益追求!

転んでもタダでは起きない中国。非情なまでの冷徹な国益追求!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
<中国、被災地の衛星画像提供を米に要請> 2008.5.16 10:45 /産経ニュース
ロイター通信によると、中国政府は中国・四川大地震の被災地域を撮影した衛星画像の提供を米政府に要請した。米情報機関は独自の衛星画像をもとに被災状況の解析を進めているとされるが、中国の要請には衛星の解像度など機密保持への配慮から、商業衛星が撮影した画像を提供する見通しだ。
 同通信が入手した米政府の文書では、中国は日本から先端的な衛星画像、カナダ、イタリアからレーダー情報の提供をすでに受けたという。画像の入手目的について、ワシントンの中国大使館は救難活動への利用だとしている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぼへー 転んでもタダでは起きない中国。
国民が地震被害に喘いでいても、その機会を利用して、敵国(米国)の軍事衛星の精度をドサクサに紛れて、入手しようとするとは…。さすが恐るべき冷徹さ。
そして、依頼を受けた米国も「そうはさせじ…」と、サラリと商業衛星の画像で返すしたたかさ。
このようなしたたかさを日本という国も、見習うべきであろう。
国民の大災害による被害を利用するかのような、軍事情報収集に向けた冷徹な国益追求。
これぐらいの判断ができることが本当の政治力というものだ。
日本など大震災の際に、こんな考えは、及びもつかないのでは?
もしくは、大地震の中国から、要請を受けたら、「人道が…」とかいって、軍事衛星のデータでも何でも与えてしまいかねない気がするね。
でも、有人ロケット打ち上げるような国が、今回の震災被害の解析程度の衛星データを必要とする訳がない。出鱈目な理由付けであって、本音は軍事衛星の精度情報収集であることは明白だ…。

 これじゃ、日本があらゆる場面で中国に、外交・政治的に遅れをとるわけだ…。
とてもこんな相手と丁々発止やりあることはできないね、福田総理!!
(小沢党首とやりあうぐらいが丁度良いわ!)

                              ↑クリックお願いします!ぼへー

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/130-de932b61 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー