1. Top » 
  2. 環境破壊・エコ » 
  3. PM2.5で居住地域を選ばなければいけない時代に・・・<PM2.5:大阪府が初の注意喚起 マスク着用呼びかけ> 

PM2.5で居住地域を選ばなければいけない時代に・・・<PM2.5:大阪府が初の注意喚起 マスク着用呼びかけ> 

<PM2.5 西日本で今夜まで高め予想>           2016年1月4日 tenki.jp
・1月4日18時のPM2.5分布予測

 tenki.jpのPM2.5分布予測では、今夜にかけて九州などの西日本で高めの濃度が予想されています。午後1時現在、長崎県は、PM2.5 の濃度に関する注意喚起を行っています。自治体が発表する情報を確認し、体調の変化に注意しましょう。
・PM2.5  高い濃度が予想される地域は
上の図は、tenki.jpのきょう18時のPM2.5分布予測です。今夜にかけて、九州など西日本では高めの濃度が予想されています。
長崎県の測定によると、長崎県内では午前9時から11時の毎時間、PM2.5の濃度が1時間に100μg/m3を超えた所がありました。
環境省が定めた、注意喚起のための暫定的な値は、1日を通した平均で70μg/m3超とされています。
午後1時現在、長崎県は対馬地区において、「PM2.5 の濃度が暫定的な指針となる値を超えると予想される」として注意喚起を行っています。
また、福岡県でも午後1時現在、濃度が1時間に100μg/m3を超えた所があります。
・PM2.5の吸入を減らすには
PM2.5の濃度が暫定的な指針となる値を超えた場合、その吸入を減らすため、以下の点が有効だと言われています。
①屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らす
②外出時はマスクを適切に着用する
③換気や窓の開閉を必要最小限にする
また、PM2.5は粒子が小さく、呼吸器系や循環器系の疾患をもつ方、子ども、高齢者は影響を受けやすい可能性があります。
普段から健康管理を心がけるとともに、体調の変化に注意するなど、慎重に行動することが大切です。
実際の濃度は自治体等が公表する測定値を参考にしてください。また、自治体が発表する注意喚起等の情報を確認しましょう。
tenki.jpでは、日々のPM2.5の予測結果を公開し、分布予測を発表しています。
PM2.5の濃度予測は風の流れなどにより、変わる可能性がありますので、天気予報と同様、最新の予測をご確認ください。
************************************************************
<北京のPM2.5 去年の平均濃度は日本基準の5倍超 >  TBS News 2016/1/5
 深刻な大気汚染が続く中国・北京で、微小粒子状物質PM2.5の去年1年間の平均濃度が、日本の環境基準の5倍以上に達していたことがわかりました。
 北京市の環境当局は4日、去年1月から12月までの1年間、北京で観測されたPM2.5の平均濃度が、1立方メートル当たり80.6マイクログラムだったと発表しました。
 前の年に比べて6.2%改善したということですが、日本の年間の環境基準値15マイクログラムの5倍以上に達しています。
 特に去年は11月と12月に北京で「重度汚染」の日が前の年より15日多い22日間発生し、大気汚染で最も深刻な「赤色警報」が史上初めて発令されました。
 当局は、車両の通行規制や環境基準に適合しない工場の閉鎖など対策を進めていますが、大きな成果には結びついていないのが現状です。
************************************************************
ぼへー 中国からの越境汚染は黄沙汚染は黄砂の時期にとどまらず、冬期も酷い状況になりましたね。
はるか日本に来てこの惨状ですから。
どれだけ中国では大気汚染や砂漠化が進んでしまっていることやら・・・
健康の為に、タバコの副流煙を気にする人も多いですが・・・
分煙も広まった現在、避けうる副流煙などより、避けられない越境汚染の方が余程危険です。
もはや、禁煙するほど健康面を気にする方であれば、西日本に住むこと自体がナンセンスな時代に突入しています。

 原因の根本は、中国の問題ですので、自国の公害と違って早急に改善することも期待出来ません。
建前上のポーズはともかく、当面中国が本格的な公害除去など出来るとも思えませんから・・・
 ツクヅク日本海側と山脈で隔たれた関東に都を作った家康様に、日本人は、感謝した方がよいですね。
もし天下統一したのが家康でなく、西日本に首都が置かれていたとしたら、現在よりもどれだけ多くの日本人が越境汚染の被害を受けていたかと思うと・・・ゾッとしませんね。

 最近は、中国市場も無視できないために、中国駐在社員となる方も多いでしょうが、ご同情申し上げます。
中国や韓国に住むことは、健康面を考えれば本当に深刻な影響が有りますから・・・
北京オリンピックでごく短期間北京に滞在するだけで、選手の健康被害について取り上げられた位ですからね。
「何年」といったスパンで居住することが、どれだけ健康面でマイナスになることか・・・
日本の高度成長期など、及びもつかないほどの環境破壊状況ですからね。
公害全盛期の工業地帯である四日市に住むより、北京の方が遥かに酷いのです。
下記の記事を見ても分かるとおり、日本海を越えた大気ですら日本の通常値の10倍以上の汚染ですから・・・くわばらくわばら。

「中国語ができると将来有利に・・・」とか言って妻子も連れて行く人もいらっしゃいますが・・・
悪いことは言いません・・・
単身赴任はつらいでしょうが、家族の健康を考えると父親一人で行くことをオススメします。
特に成長期の子供には、大気汚染・水質汚染・食品汚染の影響は大きく出ますから!
日本の都市の数十から数百倍の汚染物質に暴露されることになりますよ。
日本の都市の数十から数百倍ですから、1年いるだけで日本の都市の数十から数百年分の汚染物質を吸い込んでしまいますから・・・。
 
 そして、このような現実を客観的に受け止めるなら、今後自分の居住地を選択する場合、中国からの越境汚染について考えない訳にはいきませんよ。
年々加速度的に悪化してきていますから。(・・・とうとう12月に「黄砂」ですから。)
代々の故郷が有り、自由に居住地を変えられない場合はしかたありませんが(ご愁傷様です。)、そうでもなければ、移住を考えた方がよいでしょう。
特にお子様がいる場合、お子様の健康に多大な影響がありますよ。

 ちなみに、黄砂は、日本の中では、大陸に近い西日本や日本海側の地方で、特に3月から4月に飛来することが多く、一方、黄砂は空の比較的低いところを飛んでくるため、日本アルプスに遮られ、関東地方に飛来することは比較的少ないです。
中国からの黄砂・越境汚染を考えれば、大陸に近い西日本や日本海側より、関東地方に住む選択が、健康面でのリスクを大きく減らせます。
 誠に残念な事ですが、大陸に近い西日本の田舎の方が、関東の都市部よりあらゆる大気汚染物質の濃度が高いケースが大変多くなってきています。
健康面を考えて、「タバコの副流煙を必死で避ける」のに、住まいは「西日本の日本海側」というのは、もはやナンセンスですよ!
誰も積極的に警告しないので、あえて警告しておきますが・・・
中国からの猛烈な越境汚染により、健康面を考慮した居住地選びの常識は、今までの常識とは180度転換してしまったことを頭に入れておいた方が良いですよ。
現在では「九州の田舎暮らし」のほうが、「東京暮らしより大気汚染がひどい。」なんてことが、本当に現実なのですから・・・。


※恐ろしい中国の越境汚染の現実!
   ↓
************************************************************
<中国から発がん性物質 10月から4月、能登へ飛来 金大・早川教授が初確認>  /北國新聞
 能登半島に十月―四月にかけて多量の発がん性物質が中国から飛来し、大気中でその濃 度が上昇していることが、金大大学院自然科学研究科の早川和一教授の調査で初めて確認 された。輪島上空ではほかの時期に比べて濃度は十倍以上となっていた。工場の排ガスに 加え、暖房のため大量に燃やされる石炭から出た有害物質が偏西風で運ばれたとみられる 。対岸の国で深刻化する大気汚染が越境している現実が浮き彫りとなった。
 金大が輪島市西二又町に設けた大気観測施設で、二〇〇四年九月から毎日大気中の化学物質を測定した。その結果、物を燃やした時に出る発がん性物質の多環芳香族炭化水素( PAH)類の濃度が毎年十月中旬から四月中旬にかけて大幅に上昇していたことが判明し た。
 輪島に到達したPAH類などの発生源を特殊な気象の解析方法で調べたところ、瀋陽や大連など中国東北地方を経由していると分かった。
 PAH類にはディーゼル車など自動車の排ガスに含まれるものもあり、金沢市内でも検出される。しかし、輪島と金沢、瀋陽の大気中PAHの組成を分析すると、輪島のPAH は瀋陽に類似していたという。
 中国の都市大気中のPAH濃度は、日本の都市の数十から数百倍に及ぶことが早川教授の研究で分かっており、同教授はその一部が偏西風に運ばれて日本に達し、大気中の濃度 を押し上げていると結論づけた。
 輪島で観測されるPAH濃度は金沢市中心部の交差点の濃度より低く、すぐに健康被害が出るとは考えにくいという。しかし早川教授は「中国からやってくるのは黄砂だけでは ない。発がん性物質を摂取し続けた場合の影響を検討したい」と話し、中国の研究者とも 協力して調査を続けることにしている。
************************************************************
<2016年、中国の”大気汚染難民”が日本に殺到? 想像以上に深刻な事態へ>  2016年1月1日 デイリーニュースオンライン
・深刻化する中国の大気汚染 (C)孫向文/大洋図書
 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。現在、中国の各都市は大気汚染に悩まされています。「PM2.5」などの粒子状物質が拡散し、薄汚れた濃霧に包まれた都市の光景は、日本のみなさんもTVニュースなどで見たことがあると思います。そして中国の大気汚染は現在進行形で深刻化しているのです。
 広東省広州市に、「Yさん」という友人が住んでいます。僕は以前からSkypeを使用し、彼と漫画の話などを楽しんでいたのですが、先日連絡した際、僕がしきりに漫画の話題を振ったにもかかわらず、Yさんは全く聞く耳を持たず、広州市の大気汚染の話ばかり語っていたのです。
・各地で深刻化する大気汚染
 彼は「私の家のまわりを見てください!まるで仙人が住む土地のようです!」と言って、薄暗い広州市内の写真を僕に見せました。さらに彼は市内の空気から異臭がすると語っていました。人が嗅覚で感じられるほど、空気中の粒子状物質の濃度が上昇しているのでしょう。Yさんには外出時、防塵マスクを装着することを推奨しましたが、彼は中国の防塵マスクはアメリカの「3M」社の粗悪な模造品ばかりだと愚痴をこぼしていました。
 現在のYさんは生命の危険性すら感じているため、漫画の話をするどころではなかったのでしょう。日本の清浄な空気の下に住む僕は、延々と大気汚染の話を語る彼の姿を見て、ある種の罪悪感すら覚えてしまったのです。
 広州市以外からも深刻な大気汚染が報告されています。2015年12月23日、南京市一帯がピンク色に染まりました。中国の各メディアで大々的に報道された南京市の光景はまるでCGで加工したかのような非現実的なもので、中国全土に大きな衝撃を与えました。
 科学者や気象予報士たちは「霧に夕焼けの光が写り込んだ光学現象」などと説明し、重大な問題ではないと返答しましたが、これが中国政府側の指示による弁解であるとは明らかであり、「嘘をつくな!」、「政府は我々の税金でエセ専門家を雇っている!」、といった苦情が中国のネット上に殺到しています。
「新種の汚染物質の誕生だ!早く吸おう!」、「ピンク色の空は南京市の誇りだ!」、「南京の空気を吸ったらバラの香りがするだろう」、「これは最新防空システムだ」などと、今回の現象を皮肉った書き込みも多く寄せられていました。中国国民の大半が国内の大気汚染現象に呆れているのでしょう。
 さらにTwitterに投稿された情報によると、最近の北京市では屋内ですら数時間で防塵マスクのフィルターが灰色になってしまうほど、大気汚染が進行しているそうです。中国国内で工業化が進む限り、今後も似たような事例が発生すると思います。
「大気汚染が進み、人々がマスクを到着しなければ外出できない」というのは、SF小説や映画でよくある設定ですが、中国ではそれが現実化しつつあります。ネット上に「中国の都市は映画『バイオハザード』のロケ地に使える」という書き込みがありましたが、言い得て妙だと思います。Yさんのみならず、中国在住の僕の友人たちは、みな大気汚染による健康悪化を不安視しています。
 現在、多くの中国国民が国外脱出を考えており、近い将来、「大気汚染難民」たちが日本をはじめとする周辺諸国に押し寄せる可能性はあると思います。実際、中国では2月8日は旧正月にあたるため、その時期は連休シーズンに突入します。2016年の2月は空気清浄機を購入するために、多くの中国国民が日本に殺到することが予想されます。
 中国共産党政府が強行的に進めた工業化の結果、国内には大気汚染が頻発するようになりました。この現状に対し、中国政府の役人たちは環境対策を考えるどころか、国外逃亡を画策したり、NGO団体がドイツの「フォルクスワーゲン」社を提訴するなど、海外企業に責任をなすり付ける始末です。
 日本もかつては工業化により様々な環境問題が発生しましたが、政府や企業側の努力により大半が解消しました。この日本側の対応は現在の中国のものとは対極的です。今後中国の大気汚染問題を解消するためには、共産党政府が退陣し、国民の意思が反映される民主的な政府が樹立することが必須条件となるでしょう。
************************************************************

ぼへー 中国の大気汚染は、肺ガンが深刻化するレベル
       ↓
************************************************************
<中国がん急増の原因、大気汚染など=最新報告書>           2016/01/29 大紀元
 中国国内の研究チームが発表した報告書によると、中国人のがん罹患者数が急増した主な原因は慢性感染症や喫煙、大気汚染だという。2015年に新たにがんと診断された中国人は430万人、がんで死亡した中国人は280万人に上った。一日平均1万2000人ががんと診断され、7500人が死亡していることになる。
 同報告書は、中国国家癌センター主任、陳万青氏をリーダーとする研究チームが作成したもので、米がん協会発行の学術雑誌「A Cancer Journal for Clinicians」に掲載されている。
 報告書によると、中国のがん罹患者数のトップは肺がんで、2位以下は胃がん、食道がん、肝臓がん、大腸がんの順。男女別にみると、男性で最も多いのは肺がんで、女性では乳がんが最多であり、特に乳がんは女性のがんの15%を占めている。肺がんや胃がん、大腸がんや食道がんは男女ともに一般的で、全体的には消化器系、呼吸器系のがんが多い。
 報告書には、がんが急増した原因として深刻な大気汚染が挙げられているほか、中国人が土壌や水、食品といった身近な環境からも長期的に発がん性物質と接触していることが指摘されている。
 なお、報告書に記載されているデータは09年から11年にかけて全人口の約6.5%を対象に収集したものという。
************************************************************
<肺癌が年に3万人以上増加、空気の汚染度に比例―黒竜江省> 10月7日17時58分配信 Record China
6日、黒竜江省では肺癌患者が毎年3万4000人のペースで増加していることがわかった。資料写真。
2008年10月6日、「ハルビン新聞網」の報道によると、「第4回中国抗癌協会黒竜江省肺がん学術研究討論会」で、黒竜江省では肺がん患者が毎年3万4000人のペースで増加していることが明らかにされた。「新晩報」が伝えた。
ハルビン医科大学のある教授は「空気汚染の激しい都市部では、農村よりも肺がんの発症率が高く、空気の汚染度と比例の関係にある」と指摘する。 【その他の写真】
また、「ベンゾピレンという発がん性の強い物質が、ディーゼルエンジンの排気ガスなどだけでなく、料理の際の煙やタバコの煙などにも含まれており、室内の空気汚染も無視できない。特に女性の肺癌の発症原因になっている」と語り、「日常生活の中で、空気汚染のひどい場所に長時間留まることを避けたり、冬でも室内の換気に気をつけること」と注意を呼びかけている。(翻訳・編集/HA)
************************************************************
(肺がんネットHPより)
多くの人がタバコが肺がんの原因であると思っているでしょう。しかしその他にも肺がんの発症と関係しているのは大気汚染です。
車の排気ガスに含まれる多環芳香族ニトロ化合物、これも発がん物質の一つだと考えられています。
以前、東京都知事の石原慎太郎氏が多環芳香族ニトロ化合物を最も多く排出するディーゼル車の都内乗り入れの規制をかけてTVでも報道されてましたが、やはり大気汚染は肺がんと密接な関係にありそうです。
ちなみに肺がんの発症率が最も高い地域はどこだと思いますか??また発症率の最も低い地域は??
最も高い地域が大阪府。最も低い地域が長野県です。

大阪周辺は最も空気が汚れていると言われていて、逆に長野県は空気がキレイだと言われていることから、これも肺がんが大気汚染と関係していると証明できるもう一つの理由になっています。
また工場や車が少ないとされている北海道ですが、ここも肺がんの発症が多くなっています。
理由はスパイクタイヤから削られる道路、北海道は積雪が多いことからスパイクタイヤの装着が最も多いのですが、このスパイクタイヤが舗装道路を削り粉塵として空気中に散布します。
その粉塵は肺にとってとても有害で、これも肺がんの発症率を高める原因となっています。
そして断熱材や防寒剤、自動車のブレーキなどに使用されているアスベスト(石綿)などが有名です。
胸膜に発症する悪性胸膜中皮腫は、このアスベストが原因ではないかと考えられています。

つまり肺がんの発症率を高める要素は、タバコだけではないということを覚えておいてください。
************************************************************

blogram投票ボタン


                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/1502-fb7f01b3 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー