1. Top » 
  2. 教育 » 
  3. 「院卒入社→短期間退職」ブログが話題・・・「大学院卒≒プライド高い上に使えない困ったチャン」の証左ですね。

「院卒入社→短期間退職」ブログが話題・・・「大学院卒≒プライド高い上に使えない困ったチャン」の証左ですね。

<希望の部署には“行けない”のが当たり前? 非難&同情の声「院卒入社→短期間退職」ブログが話題> 2016.04.16 R25
4月入社の新人ですでに同じ悩みを抱えている人もいるかも? 4月13日、あるブロガーが、新卒で就職した大手企業を、短期間で退職した経緯を綴り、この選択が話題になっている。
話題の発端となったのは、はてな匿名ダイアリーに投稿されたブログだ。そのブロガーは、情報系の学部で大学院まで学び、同じ分野の研究を行っている大手企業に入社。「内定の前後にいくつかの職種のマッチングを行う機会はあり、自分の希望についてはしっかりと主張したつもりだった」(ブログより)が、配属先は自分の希望とは程遠いものだったという。
男性は当然これに不服を申し立てたが、会社から返ってきた答えは「みんな我慢しているからお前も我慢しろ」というお説教だけ。男性はしばらく働いてから身の振り方を考えようと思ったが、上司に告げられた業務内容が「Excelシートへの入力作業」だったため、退社を決意したという。
ブロガー自身が「全員が希望通りの職種につけるとは思っていたわけではない」と吐露しているように、企業と社員との希望のミスマッチはどこにでもある話だ。むしろ希望が叶うことの方がレアケースと言っても過言ではない。それゆえツイッターには、
「それ用に雇った中途や契約ならともかく新卒が最初から希望部署にいけるわけねぇべ」
「大手は大体どこも似たようなもん。事前のリサーチが甘すぎるとしか言いようがないね」
「こういう人は結構どこ行っても文句言うと思う」
「会社の中に入って自分のやりたいようにやりたいって言ってもそりゃ無理ってもんだろうなぁ。いっそフリーでやってければいいけど」
と、会社側を擁護する声、男性の認識やリサーチの甘さを指摘する声は少なくない。
しかし一方では、“どこでにもある話”ゆえに共感を覚えた人も多かったようで、
「なんつーもったいない人材の使い方……」
「闇しか感じない。早々に辞めたのは良い判断だったと思う」
「日本の就職活動恐ろしい。どの勤務地でどういうタイトルでどんな仕事をするのかもわからず就職しなければならないなど常軌を逸している」
「怖い話だ。少なくともうちの会社に入った人にはこんな思いをさせないようにしたい」
といった声も寄せられている。確かに男性の言い分はワガママと言ってしまえばそれまでだが、「希望が叶わないのが当たり前」というのも冷静に考えればおかしな話。ひとりのブロガーの身を張った体験談は、採用する企業と新卒者とのミスマッチングについて改めて考えるきっかけとなったようだ。
************************************************************
ぼへー
  この大学院生は特別かもしれませんが・・・
一般論として、イメージ通りの「大学院生」ですね。
大学院を出て「博士」「修士」を得て、(実際は大したことないのに)プライドは高く、そのため権利意識は学部生以上に強い。

そもそも「末は博士か大臣か・・・」などと言う言葉が巷間で使われていたように、戦前までの「博士」が立身出世の最高到達点の一つであった時代ならいざ知らず。
現代の大学院は~
「大学院の重点化・・・」
「現代社会は高度化しているので教育も高度化が必要・・・」
~等といった大義名分のもと、ドンドン肥大化してきました。
しかしながら、建前とは別に、大学院の定員が増え「肥大化」してきたのは、ひとえに少子化により厳しくなる大学経営における「収益拡大策の一つ」として、各大学が大学院の定員を増加させてきたという事に尽きるといっても過言ではありません。
理系学部において、特にその傾向が強く、現在、学部生の4割以上が大学院に進むともいわれ、もはや「大学院卒」など取り立てて珍しくもなく、ほとんど意味がないくらいの段階まで大衆化してしまいました。
 
 企業の人事に関わる人間から見れば、一部の本当に優秀な大学院卒を「特別な職種」や「特別枠」で採用する場合を除き、普通に学卒採用される場合、一般的な大学院卒などデメリットだらけとしか思えません。
<大学院卒があまり評価されない理由:①そもそも日本の大学の大学院は評価されるレベルにない>
 もう国民誰しもご存知のように、日本の教育制度において評価されるレベルにあるのは、「小学校」「中学校」までの話です。
そもそも「大学」「大学院」などそれだけをとって評価されるレベルにはありません。
特に、日本の大学教育は、現実のビジネス・実業界と隔絶した浮世離れしたアカデミズムに憑りつかれた連中の巣窟となってしまっています。(近年、多少改善の兆しはあるようですが・・・理系に関しても国際的な大学による特許出願の比較など見ても酷い有様)
そのうえ「大学」は一般入試に限れば「入ることは難しい」面が残っていますが・・・大学院は例外を除き一般に「入るのも出るのも優しい」のが普通ときています。

<大学院卒があまり評価されない理由:②思想的に偏向しがち>
 ご存知の通り、日本の教育界という所は、基本的に思想的に偏りが酷く左翼傾向が強いことは否めない傾向です。
そのような環境に、長く留まれば留まる程思想的に偏向してしまい、学部卒より院卒は、ビジネス・実業のに向かなくなる傾向が強まります。
<大学院卒があまり評価されない理由:③年齢高く柔軟性低い>
 なんだかんだ言っても、日本の企業の場合、一般的に新卒一括採用で、社員教育は一から自社で行うのが一般的です。
欧米のように、厳密な職種別賃金・職種別採用で社員教育などはほとんど行わない社員制度とは違います。
ですから企業の側では、学部卒はもちろん、院卒に関しても、教育の成果としての実務能力を期待して採用していませんし、大半の学部卒・院卒学生は、そんな実務能力持ち合わせていません。
採用後、教育して定年までの間に貢献してもらうという意味では、年齢は低い方が回収が大きくなりますから、その面でも院卒は不利になります。
また、変に年いってしまっている分、人間性の柔軟性が学部卒より低い点も院生にとっては厳しいですね。
<大学院卒があまり評価されない理由:③大学院に進む学生の性格>
 非常に優秀で意欲を持って専門の勉強に進む大学院生については、当たらないかもしれません。
というか、そのような大学院生は、大学教授の道へ進んだり、本当に優秀で専門的な研究職として企業に採用される場合が多いでしょう。
そうではないごく一般の大学院生の傾向として~
「優柔不断・・・」
「モラトリアム・・・」
「学生でいたい・・・」
「中途半端にゆとりがある・・・」
「親に甘やかされている・・・」
~等々の傾向が挙げられます。
正直に言って、現在の大学院生のうち、かなりの部分は~
「学部卒で就職に失敗した・・・」
「学部卒で第一志望に入れなかった・・・」
「もう少し学生でいたい・・・」
「本当にやりたいことがまだ見つからない・・・」
~本音のところでは、こんな理由で大学院に残った院生が多いわけです。
そもそも日本の大学生には、全般的にこのような傾向が強いですが・・・
中でもそのような傾向が強い人が、その傾向が強いゆえに「大学院」に進むことになります。
そして、その親も中途半端に余裕がある上に甘やかしている傾向も強いときています。

<結論:あなたが企業の人事担当なら??>
 ここまで読んできて、あなたが企業の人事担当であったらどうでしょう。
特別に優秀な大学院卒を専門の職種に採用する場合は別問題として・・・
一般の定期採用として採用する場合、院卒を学歴が高く、知識豊富ということで率先して採用しますか?




blogram投票ボタン

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/1544-2d3c0c06 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー