1. Top » 
  2. 教育 » 
  3. ・・・学校に防犯カメラを!

・・・学校に防犯カメラを!

<盗撮の男性教諭を処分 県教委 /山形>    毎日新聞 2017年1月26日 地方版
 県教育委員会は25日、勤務する鶴岡市内の小学校の女子トイレに侵入してカメラを隠し置き盗撮した男性教諭(25)を懲戒免職の処分にしたと発表した。県教委の聞き取りで、県警に容疑で昨年11月に逮捕される前から10回超同様に盗撮していたことが判明。ただ、盗撮した画像は流出させていないと答えたという。管理監督責任として、50代の男性校長を戒告の懲戒処分とした。
 また、昨年9月に16歳の少女に現金を渡してわいせつな行為などをした山辺町の小学校の男性常勤講師(25)も懲戒免職処分とした。
 県教委は「本県や他県の事例を参考にした」と説明した。
 さらに、昨年6月下旬、パチンコ店で女性従業員の尻を触ったとして、村山地区の中学校の50代男性教諭を停職6カ月の処分とした。教諭は今月25日付で依願退職した。
 県教委は30日に有識者による「県教職員法令遵守(じゅんしゅ)委員会」を開き、再発防止策を協議する。【野間口陽】
************************************************************
<勤務先の小学校で盗撮の校長、動画100本以上見つかる>  神戸新聞NEXT 2016年8月19日
 勤務先の小学校の女性更衣室に盗撮目的でカメラを設置したなどとして、兵庫県警生活安全特別捜査隊と南あわじ署は19日、建造物侵入と県迷惑防止条例違反の疑いで、南あわじ市立小学校の男性校長(55)を書類送検した。県教育委員会は、同日付で男性校長を懲戒免職処分とした。
 書類送検容疑は6~7月、女性トイレで盗撮したり、女性教職員の更衣室にカメラを設置したりするなどした疑い。捜査関係者によると、男性校長は「1年ほど前に盗撮を始めた」と容疑を認め、私用パソコンからは盗撮したとみられる動画が100本以上見つかったという。
 県教委によると、男性校長は南あわじ市教委の学校教育課長を経て、2014年4月から同小学校に勤務。県教委に対し「浅はかだが(盗撮しても)ばれなければ迷惑を掛けないと思った」と話したという。
 県教委教職員課の今井一之課長は「県民の公教育への信頼を大きく損ね、極めて遺憾。綱紀粛正に取り組む」と話した。************************************************************
<「欲望に負けた」小学校で着替え盗撮の教諭が懲戒免職>   サンケイスポーツ 2016.8.18
 香川県教育委員会は18日、勤務先の小学校で女子児童の着替えを盗撮したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の罪で起訴された高松市立木太北部小学校教諭の中川義光被告(37)を同日付で懲戒免職処分としたと発表した。
 県教委によると、中川被告は6月1日と同8日、小学校の教室内で水着に着替えていた女児を腕時計型カメラで動画撮影したとして、7月23日に逮捕された。起訴は8月12日。
 中川被告は県教委の調査に対し「自分自身の欲望に負けてしまった。申し訳ない」と認めているという。
************************************************************
ぼへー ↑ 「盗撮カメラ」ばかり設置していないで「防犯カメラ」を設置して欲しいものです。

 毎日のように教師による犯罪が報道されます。
発覚し報道される事件は、ほんの氷山の一角に過ぎないということを考えると、もはや現在の学校は~
・「いじめ」という名の傷害事件
・教師による女子児童への性犯罪・暴力
~等々、犯罪の温床となっていることは否定できない周知の事実です。

犯罪の温床となるような場所に必要なもの → それは「防犯カメラ」です。
責任を問われる学校や教師・イジメッ子の親は、「プライバシーが・・・」とか言って設置に反対しますが・・・
そもそもイジメや性犯罪という犯罪行為が当たり前に行われている現在の学校においては、被害者の側は、プライバシーとかいう呑気な話では有りません。
犯罪被害に遭うか遭わないかという状況で、そんな呑気なことを言っていると、本当に命にすら関わります。

<学校に防犯カメラを!>
 そもそも日本の場合、「プライバシーが・・・」「教育現場に防犯カメラは相応しくない・・・」などと言って反対するので、学校に防犯カメラが、なかなか設置されません。
設置されてもせいぜい不審者の侵入防止用くらい・・・学校内のイジメやワイセツ事件防止用など皆無。
結局、防犯カメラ設置による犯罪抑止効果もなく、イジメや教師によるワイセツ事件などが頻発します。
また、イジメやワイセツ事件が起こっても、防犯カメラが設置されていないために証拠も残らず、隠ぺいされ易くなってしまいます。
「学校(特に荒れた学校)に防犯カメラを設置する。」ということは、具体的に実効性の有るイジメやワイセツ事件の対策の基本であり、是非日本でも、生徒のプライバシーを心配したくなる位、防犯カメラを設置して欲しいものです。
現在の日本では、イジメや教師によるワイセツ事件から、我が子を守るには、多少なりとも教師や生徒の質が高い私立学校に通わせる位しかありません。
防犯カメラの設置は、公立学校のモラール・教育の質の向上に大きな貢献をすることでしょう。

<何でも反対!代案無き防犯カメラ反対派>
 このような「防犯カメラの設置」の話題になると、必ず大学教授や法曹家がでてきて~
「プライバシーの侵害が・・・」
「監視社会が・・・」
「情報漏えいが・・・」~といった法理論・理念をかざして反対意見を述べ、実施させまいとするものです。
それでは、反対論者に、学校における犯罪に対する何か具体的で実効性の有る対策はあるのかというと・・・何もありません。
防犯カメラを設置することには、「反対」してくれますが・・・何も代案は無いのです。
往々にしてこのような先生様は、自分は大学教授や法曹家という安全な立場にいて、理想論を述べるだけですから・・・
こんな先生様の話は、お題目として聞いておけば十分です。現実的には何の役にも立ちません。

たとえば、あなたの中学が、おエライ先生様のお言葉に従って、「プライバシーの侵害」を守るために、防犯カメラを設置しない選択をしたとしましょう。
もし防犯カメラを設置していれば、抑止できていたイジメやワイセツ事件が起こっても、その先生様は助けてくれませんよ!
それどころか、おエライ先生様は~
「防犯カメラがあっても起こった犯罪だ・・・」
「証拠が無いので犯罪を証明できませんね、裁判も負けますね・・・」
~と冷静に言い放つだけですよ。

 所詮、おエライ先生様は、自分が荒れた中学に通う生徒でもないし、ワイセツ教師にいたずらされる女子学生でもありません。
学校に防犯カメラが設置されなくても、自分は、犯罪被害に遭う可能性がゼロですから。
あくまでも、他人事(理念上の話)としての判断ですから。
こんな理想論ばかりぶちあげる、おエライ先生様に限って、自分の子供は安全な私立の学校に通わせて、自宅にはセコムを設置しているものです。
(現に、公立学校の教師ほど自分の子息は私立に通わせているというデータもあります。)

 学校でのイジメやワイセツ事件にしても、電車の痴漢問題にしても、当事者にとっては現実に犯罪に遭遇し、被害が頻出している深刻な問題です。
現実の問題に対処することと、理念上の話を混同すると対応を誤り、後悔することになりますよ。
現実には、現実的な対策を取らないと・・・
理念的な論争などおエライ先生様に任せておいけばよいことなのですから・・・

・(コラム)ドライブレコーダー
 防犯カメラとは異なりますが、車をお持ちの皆様、「ドライブレコーダー」はもう設置しているでしょうか?
かく言う自分の車にもドライブレコーダー付けなくては、と思いつつ、ついつい先延ばしになっていますが・・・
 交通事故が発生したとき、通常は証拠が無いために、泣き寝入りに終るケースとなる場面でも、「ドライブレコーダー」のお陰で正しい保障を受けることができることも期待できますから。
ドライブレコーダーも反対派に言わせれば、「プライバシーの侵害」「情報漏えいが・・・」ということになるでしょうが、そんな反対派は、実際にあなたが交通事故に遭った時に、何の役にも立ってくれませんからね・・・。



※防犯カメラの効果は、この通り・・・所詮電車で痴漢をするような連中は、姑息で卑怯な連中ですから効果テキメンですね。
 このような効果的な手段(防犯カメラ)を設置しないことは、痴漢犯罪に加担しているようなものでしょう。
 未必の故意的ですね。
    ↓
************************************************************
<痴漢多発の埼京線、防犯カメラ設置車両で被害ゼロ>     /産経新聞 2010/05/06 
 警視庁と埼玉、千葉、神奈川の1都3県の警察が4月15日~21日の7日間に実施した電車内や駅構内での集中取締週間に、痴漢や公然わいせつなどの現行犯で78件、77人が検挙されたことが6日、警察庁のまとめで分かった。このうち逮捕者は49人。容疑者の中には、車内で警戒中の捜査員が1人の被害者に対する犯行を確認した直後、再び同じ車内で別の被害者に対して犯行に及んだ者も1人いた。
 犯行の状況では電車内での痴漢が58人で最多。次いでエスカレーターや階段など駅構内での盗撮が11人、車内での盗撮が4人、車内での強制わいせつが3人、車内での公然わいせつが1人。
 検挙の路線別分布では、京王線とJR中央線がともに6件で最も多く、次いでJR埼京線が5件。西武新宿線とJR総武線、山手線、東京メトロ千代田線が各4件-など。
 埼京線は、痴漢多発路線としてJR東日本が対策に乗り出し、車内防犯カメラを設置した車両を編成しているが、5件はいずれも防犯カメラがついていない車両で検挙されており、警察庁では「(犯人が)防犯カメラの設置車両を避けたのではないか」と分析。防犯カメラに一定の効果があるとみている。
 容疑者を年代別でみると、30歳代が24人▽40歳代が21人▽20歳代が16人▽50歳代が9人▽10歳代が5人▽60歳代が2人-の順。最年少は16歳、最年長は62歳だった。検挙者のうち48人は会社員だった。
************************************************************

blogram投票ボタン


                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/1668-2bf3fc9f この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー