1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 恥知らずなエロビデオ屋の「表現の自由」

恥知らずなエロビデオ屋の「表現の自由」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ビデ倫、警察に強く抗議・理事長が会見> (日経ネットより)
 ビデ倫の加藤博之理事長(73)は1日夜、審査部統括部長の逮捕を受けて東京都内で記者会見し、「自主審査機関への警察の不当な介入」などと強い調子で抗議した。同席した内田剛弘・顧問弁護士は「表現の自由を抑圧するのは間違い」と逮捕は憲法違反と主張した。
 内田弁護士は「警察は有害な表現をなくすという同じ目的を持つ仲間だと思っていたのに、(逮捕は)いきなり後ろから刀で切りつけられたようなものだ」とも話した。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<ビデ倫逮捕!本数落ち込みで大甘審査 >  (スポニチ)
 モザイク処理が不十分なアダルトDVDを流通させたとして、警視庁保安課は1日、わいせつ図画販売とほう助などの疑いで、アダルトDVDなどの自主審査機関「日本ビデオ倫理協会」(ビデ倫)の審査部統括部長小野克巳容疑者(51)ら5人を逮捕した。ビデ倫担当者の逮捕は初。2年前から審査本数が落ち込んでおり、同課はビデ倫が危機感を募らせ組織的に審査を甘くしていたとみて調べている。
 過激さを増す一方のアダルトDVD界に、ついに捜査のメスが入った。
 逮捕されたのは、小野容疑者のほか、ビデ倫に加盟するアダルトDVD制作会社「h・m・p」社長五郎川弘之(46)、同「アットワンコミュニケーション」社長梅沢幸雄(49)ら4容疑者。小野容疑者は映画プロデューサーで、映画会社・元大映の役員も務めた。
 調べに対し、小野容疑者は「わいせつ性の認識に違いがある」などと供述。ほかの4人は容疑を認めているという。
 調べでは、小野容疑者は06年7月と8月、「h・m・p」など2社が審査を申請した2作品について、モザイク処理が薄く性交場面が確認できる状態で販売されることを知りながら、わいせつ性はないと判定して販売の手助けをした疑い。五郎川容疑者らは同年9月~07年12月、これらのDVD計約1万3000枚を販売した疑い。
 警視庁は昨年8月、3作品に同様の行為があったとして、この2社とビデ倫をわいせつ物頒布ほう助などの疑いで家宅捜索していたが、その後の調べで、ビデ倫が販売店からわいせつ性を指摘されたにもかかわらず、有効な対策を取っていなかったことも判明。保安課はビデ倫が組織的に審査を甘くしていた可能性もあるとみて、前理事長ら幹部の関与を追及。審査員数人についても立件する方針だ。
 審査済みシールが張られた作品しか扱わない店がほとんどというほど信頼を集めていたビデ倫だが、摘発された背景にはビデ倫の審査を受けない新興会社の台頭がある。
 約10年前から「インディーズ」と呼ばれる業者などが登場。より過激な映像で売り上げを伸ばし、ビデ倫会員社の推定出荷枚数は04年の約2200万本をピークに、06年は約4割減の約1300万本までに急落。ビデ倫の審査本数も約9200本から6000本弱に落ち込んだ。このためビデ倫は同年にヘア撮影を認めるなど修整基準を緩和。だが効果はなく、警視庁はビデ倫がさらに審査基準を緩めたとみている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぼへー  みっともない「表現の自由」バカがいるものです。
 だいたいエロ(性器を除き)・グロ・ナンセンスについて日本ほど大っぴらに表現できる国は、事実上無いでしょう。
 日本で普通に流通しているコンテンツでも欧米では販売できないものが多いことは、業界の方ならご存知でしょう。欧米では、エロやグロは事実上限られた中で、流通できるだけであって日本のように普通に誰でもアクセスできるような流通はできません。
 これだけ自由にエロビデオで商売させてもらっておいて「表現の自由…」も無いもんだ。
そんなこと言い出したら、ビデ倫自体が「表現の自由」を制限する機関ではないのか?
単にビデ倫自体が、落ち目になってきたから、商売のためにモザイク薄くしただけの話でしょ。こんな低次元の話を「表現の自由」とか言うのはやめなさい、恥ずかしい。
審査機関が審査していることにしておいて、性器見えるような映像売っているんじゃ、それ自体がもはや詐欺ですね。こんなんだからいつまでも日本のコンテンツ業界は、エログロの表現の自主規制もできずいかがわしさや反社会的な業界というイメージを払拭できないのだ。そろそろ日本でも欧米のように過激な性・暴力表現は、公共の福祉のため・コンテンツ業界のイメージ向上のためにも法規制すべき時が来ていますね。

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/170-c3c0c61b この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー