1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. また上告か!!腐れミラーマンには、あきれ果てるね!!

また上告か!!腐れミラーマンには、あきれ果てるね!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<植草元教授、2審も実刑 電車で痴漢、高裁判決> -2008年4月16日中日新聞夕刊-
 電車内で女子高生に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反の罪に問われた元大学院客員教授植草一秀被告(47)の控訴審判決で、東京高裁は16日、懲役4月(求刑懲役6月)の実刑とした1審判決を支持、被告側の控訴を棄却した。被告側は上告した。

 田中康郎裁判長は「被告が痴漢行為をしたとする被害者や目撃者の証言は信用性が高い」などとして1審判決を追認。「真犯人は別人」との弁護側の無罪主張を退けた。判決によると、植草被告は2006年9月13日夜、品川-京急蒲田間を走行中の京浜急行車内で、女子高生のスカートをたくし上げて尻を触るなどした。

 植草被告は04年4月、駅で女子高生のスカート内を手鏡でのぞこうとしたなど計2回にわたり迷惑防止条例違反の罪で罰金刑を受けている。

 ■植草一秀被告の話…判決は不当で強い憤りを感じる。どのような迫害を受けようとも、無実の真相を明らかにするため闘い抜く覚悟だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぼへー ミラーマンが性懲りも無く、最高裁に上告するようです。
マア不当な判決で、“国策逮捕”ということらしいですから、ご本人にとっては、本気なんでしょう。
しかしながら、鈴木ムネオの時も同じだが、こんな事件を最高裁まで戦うなんて、正直いって税金の無駄な上、正義に反しますね。「三審制で刑が確定するまでは、あくまで犯罪者と確定したわけではない…。国策捜査が…。」とか冤罪気取りで、明らかな犯罪者がほざいているのを聞くのは、胸が悪くなる。
ミラーマンの性犯罪に遭われた被害者の方の気持ちは、如何ばかりであろうか?
彼らの論理では、被害者の方は“国策捜査”の協力者でウソを言っているという事だろうが、そんなことして何の利益があるの?
本当に性犯罪の被害者は、被害にあった上に、裁判でこんなこといわれて“セカンドレイプ”そのものですね。
 “国策捜査”とか、妄想抱いて冤罪被害者気取り、そしてバカなミラーマン信者どもが一緒になってこの再犯しまくりの性犯罪を甘やかし、援助している。(再犯している時点で、もう性犯罪者の典型で性犯罪者確定なんだよね。実際…)
こいつらに提案したい。戦術変えて、精神鑑定してもらって心神耗弱で無罪を狙えばいいんじゃないの! 再犯しまくり性犯罪者を国家が“国策捜査”だって!ドンだけ誇大妄想狂なんだよ…。もう一つ提案!フリーメーソンの陰謀という主張をする手もあるね…。
本当に法制度というのは、本来の理念とは別に犯罪者に利用されてしまうものです。
三審制は、理念としては、非常に立派です。
 しかし、実態はどうでしょう。最高裁の存在意義である憲法に関わる判断や重要な法解釈を伴う事案は少ない。
逆に、ミラーマンの事案ように、最高裁で論ずべきような法的問題など無く、ただの再犯性犯罪事件が上告され、性犯罪被害者は、そのたびに貶められる。
ミラーマンはといえば、日本の異常に長い裁判期間のお陰で刑に服すことも無く、体よく時間稼ぎできてしまう。
こんなんでいいの!最高裁は、形式主義に囚われず、とっととこんなクダラン事件は、棄却しろ!税金の無駄な上、性犯罪被害者を何度も貶めることになります!!

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/194-faadc5b5 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー