1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 胡主席、帰国の途に! 訪日プロパガンダ大成功

胡主席、帰国の途に! 訪日プロパガンダ大成功

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<胡主席「日中関係さらに発展」・松下本社視察後、帰国の途に>  /日経ネット
 日本を公式訪問していた中国の胡錦濤国家主席は10日夕、大阪空港から専用機で北京に向け帰国の途に就いた。同日午後は最後の訪問先である大阪府門真市の松下電器産業本社を視察し、歓迎式典で「日中関係のさらなる発展が推進されるものと確信している」と強調した。
 5日間の来日中は歴史問題での対日批判を封印し、未来志向の関係構築に重点を置いた。7日の日中首脳会談では東シナ海のガス田開発を巡り共同開発に向けた詰めの作業を急ぐ方針を確認。地球温暖化問題で2013年以降の新たな枠組み(ポスト京都)づくりへの協力も表明した。
 中国国家元首の来日は約10年ぶり。北京五輪を控え、チベット問題で国際社会の非難を浴びているだけに融和ムードの演出に腐心した側面もある。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぼへー 胡主席がようやく帰っていきました。
思ったとおり、日本の政治屋は、太鼓持ちよろしく、中国に何一つ主張することなく、パンダを高い金出してレンタルしてもらえることを、素晴しい成果の如くニコニコしている。
 こんな関係のどこが“戦略的互恵関係”なのだろうか?“戦略的奴隷関係”ですね。
中国のような独裁専制国家の、北京五輪に向けての国家的プロパガンダに、体よく利用されてしまいましたね。
これでアジア地域で唯一の先進民主主義国家“日本”は、中国のやること為すことを、文句の一つもなく信任している、ということになってしまいましたね…。
 今回の聖火リレーあたりから、本当に中国という国は、現代のナチスドイツであると実感します。
チベット問題を含め、中国国内で行われている過酷な民族浄化は、年数や規模から考えても、ナチスのユダヤ民族の浄化を既に越えているでしょう。
それなのに、野党も与党も公党が、チベット問題に対し口を閉ざし何のアクションも起こさないこの国の現状は、本当に由々しき事態です。
今の中国は、ナチスに例えるなら、“1936年にベルリン五輪開催、1941年までにオーストリア併合、ズデーテン併合、チェコを保護国化を、平和裏に成功させ、ポーランド分割をソ連との間でなしとげた”…この辺の段階でしょう。
このままこの独裁国家の傍若無人な振舞いを、傍観し続けることは、必ずやナチス同様大きな災いをいずれ世界(日本)にもたらすに違いありません。
~あとがき~
 「中国人を何百万人も移民として受け入れよう」なんて言ってるバカな政党もあるようですが、今回の聖火リレーの暴徒を見ても、そもそも法なんてものを理解しない、法を守る気も無い中国人が、(…嫌味じゃなく、実際彼らは、近代的法治国家に暮らしたこともないんだからから、しょうがないのでしょう。)国内にそんな多数存在した場合、もはや治安・法秩序は崩壊。お人好しの日本民族なんかあっという間に浄化されちゃいますよ。

-参考-  …自国内ですらこの有様!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<中国の聖火リレーでゴミの山、マナーまでは統制できず>  / 読売新聞
中国南部・広東省の地元紙「南方都市報」(電子版)は9日、同省広州市で7日に北京五輪聖火リレーが行われた際、沿道の草木が踏み倒され、ゴミが散乱するなど、観衆の悪質な行為があったと伝えた。
 中国国内の聖火リレーは、チベット暴動鎮圧に抗議して妨害行為が相次いだ海外と異なり、管理された「愛国主義」による祝賀ムード一色の中で展開されているが、マナーの悪さまでは完全に統制できないようだ。
 同紙によると、観衆の中には、鉄柵を曲げて植え込みに入り、草を踏み倒し、沿道の木に登る者が相次いだ。リレー終了後は、辺り一面に、折れた苗木の小枝や、声援を送る際に使った無数の紙製の中国国旗、ゴミなどが散乱。翌日、わずか100メートルの距離で集めたゴミは車2台分になった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/206-e45ab247 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー