1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 殴った相手が反撃、さらに殴り返す…「正当防衛に当たらず」 最高裁初判断 …何じゃコリャ

殴った相手が反撃、さらに殴り返す…「正当防衛に当たらず」 最高裁初判断 …何じゃコリャ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<殴った相手が反撃、さらに殴り返す…「正当防衛に当たらず」 最高裁初判断>  5月22日11時2分配信 産経新聞
 殴った相手に反撃され、さらに殴り返した場合、殴り返した行為が正当防衛に当たるかが争われた傷害事件の上告審で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は、「正当防衛には当たらない」と判断して被告の上告を棄却する決定をした。決定は20日付。
 この論点での正当防衛の成否ついて、相手からの反撃を予測できなかった場合は正当防衛が成立する余地があるとされていた。最高裁決定は、被告の不正行為が原因との場合、原則として正当防衛にはならないとの判断を初めて示した。
 上告していたのは、東京都三鷹市の派遣社員の男性被告(44)。被告を懲役6月、執行猶予3年とした2審東京高裁判決が確定する。
 1、2審判決によると、被告は平成17年11月、東京都府中市の路上で、男性を素手で殴打。男性は、立ち去った被告を約90メートル追跡して素手で反撃したため、被告が特殊警棒で殴り返して男性にけがを負わせた。
 第2小法廷は、被告が殴られたのは、先に手を出したせいだと認定。その上で、男性の反撃が被告の暴行の程度を大きく越えるものではないと評価し、こうした状況下では被告の反撃は正当ではなかったと結論づけた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぼへー よくもまあこんなアホくさい裁判を最高裁まで持っていくもんだ。捨て身のギャグのつもりか?
結果見えてるのに…税金の無駄なんだよ!
 私などは素直なので、学生の頃“最高裁”は法律が憲法に抵触しているか否かといった、憲法判断に関わるような重要な裁判を行う所…といった風に習った覚えがあるので、こういうクダラン裁判で最高裁が煩わされているかと思うと、本当に胸が悪くなる。
誰がどう考えても、意味の無い嫌がらせみたいな上告。
最近は、こんなケースがめっきり増えているように思える。
このような上告のお陰で、最高裁が混雑し、“本当に”最高裁の判断が必要な事件の処理が遅滞するのである。
 常々思うのだが、三審制というのは、理念としては美しく立派だ。
しかし、実際は、重要な司法判断を必要とも思えない事件について、「ただただ時間の引き延ばし」・「確定判決を先延ばししたいだけ」・「被害者への嫌がらせ」…のためとにかく上告が行われる。
何とかできないのだろうか?
クダラン事件の被告(加害者)は、どの道有罪になるのだから、少しでも判決が確定するのを遅らせることは非常にメリットがある。(もしかして、万に一つでも勝てばラッキーだしね!)
ところが、被害者は、どうだろうか?
上告の度に、裁判に出廷させられたり、争うべき事実も殆ど無いのに、いつまでも加害者の刑は確定せず、途方も無い不安・焦燥に駈られるだろう。
三審制の基準をもっと引き上げ、争う余地の無いとしか思えないクダラン事件(今回の記事のようなの)は、上告そのものをトットト棄却すべきですね。

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/213-7112504b この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー