1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 犯罪のタガがはずれてしまったのか!

犯罪のタガがはずれてしまったのか!

このところ毎日のように、とんでもない犯罪が起きている。
 かつては、犯罪を犯すことについて、日本では、我慢の心(儒教的精神・運動部・武道などが醸成)・世間体を気にする心・ご近所の目(近隣のコミュニティ)…etcが抑止力となって、ハードルの高い行為でした。
 いまやハードルのバーは、歩いてまたげる程になってしまいました。
普通に見える人でも、思いどうりにいかないことやちょっとした立腹などがきっかけで、いとも簡単に犯罪を犯します。
私たちが、どんなに嘆いても、もはやこの流れは止められません。
一度決壊してしまった堤防は、自然には元へは戻らないのです。
 こうなってしまった理由の追求は、評論家・研究者に任せるとして、現実的に、私たちができるのは、家族の身を守ること、犯罪にあう可能性を極力減らすことです。
 以前にも書きましたが、美容外科子女の誘拐事件を見るまでもなく、近年の犯罪は、車による拉致と非常に密接な関わりがあります。(車による婦女暴行などは、表沙汰になりにくいので、あまり報道されませんが、実態は、激増していると考えられます。)
 家族の安全を考えると、とにかく人車分離の徹底した街に住むべきでしょう。(参考http://damasareruna.blog65.fc2.com/blog-entry-13.html)
 また、お受験が流行っていますが、小中学生を片道1時間以上もかけて、電車で学校に通わせることは、痴漢も含め犯罪にあう可能性は、相当に増えることになるので、熟慮が必要です。良い大学に入ることも重要かもしれませんが、そんなことのために犯罪に遭っては、悔やんでも悔やみきれません。
 学校のそばに転居するなどの対策が、現実的でしょう。(犯罪に遭うことによる子供の心身の被害は、想像以上です。犯罪にあってから後悔しても遅いのです。)
 (犯罪に遭うことによる子供の心身の被害は、想像以上です。犯罪にあってから後悔しても遅いのです。)

スポンサーサイト
  • Genre:

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/24-599fda08 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー