1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 「ニコ動」アクセスが頭打ち   …ほーら言わんこっちゃない!

「ニコ動」アクセスが頭打ち   …ほーら言わんこっちゃない!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<「ニコ動」アクセスが頭打ち 飽きられてしまったのか>   J-CASTニュース
「ニコ動」は7月5日にバージョンアップされたばかりだ
 画面いっぱいに入り乱れるコメントが特徴の動画共有サイト「ニコニコ動画(ニコ動)」へのアクセスが減少しているとの指摘が相次いでいる。確かに調査機関のデータを見ると、「横ばい」もしくは「微減」というのが実際のところのようだ。原因は「飽きられてしまったからなのでは」と厳しい指摘をする声もあり、専門家からは「事態を打開するためには『ヲタ心』(オタクの心)をくすぐるものが必要だ」との声も出ている。
■08年1月以降は「ほぼ横ばい」か「微減」
 ニコニコ動画は2006年12月にオープン。07年3月に会員制が導入されてからもアクセスは右肩上がりを続け、ユーザー数は08年7月現在で790万人に達している。ところが、ここに来て「伸び悩み」を指摘する声も目につき始めた。
 例えばライブドアに配信している「トレビアンニュース」は、08年7月18日の記事で、ネット上のトラフィックを分析するサイト「Alexa(アレクサ)」による集計結果から、「確かに5月下旬辺りからアクセス数が減っているようである」と分析。その原因として、
  「黒字化に走りすぎて必死」
  「ニコニコ動画単体ではどうしても限界がある」
といった声を紹介している。
 もっともアレクサの数字は不正確だ、という指摘があるのも確かで、これだけで断定するのは危険だ。
 ネット視聴率の調査会社「ネットレイティングス」の調査結果を見ても、08年1月までは、総利用時間は右肩上がりを続けていたが、それ以降は「ほぼ横ばい」「微減」といった状況だ。例えば、08年1月の総視聴時間は150万時間だったのに対して、08年6月の総視聴時間は約117万時間。5か月で2割近く落ち込んでいる計算だ。月によって若干のぶれはあるものの、少なくとも「頭打ち」だとは言えそうだ。
■「ヲタ心をくすぐるものが、出てきていない」
 ジャーナリストの井上トシユキさんは、こんな状況に対して
  「当初はユーザーの興味をそそったサービスだったのですが、もう、飽きられてしまったのでは」
と感想を漏らす。
  「最近、『ニコ動』ユーザーからは『コメントが多く、目がチカチカして見づらい』という声が増えています。『(コメントが動画上に表示されない)ユーチューブで静かに見たい』という人もいるようです」
 また、飽きられている原因については、「次のバージョンが出てこないから」と分析。
 だが、「ニコ動」は、7月5日にバージョンアップされ、コミュニティー機能が実装されたばかり。さらに、8月中旬には創作活動を支援するための著作物共有サイト「ニコニ・コモンズ」がオープンすることになっている。それでも、井上さんは
  「『ヲタ心』(オタクの心)をくすぐるものが、出てきていない」
と話す。そして、「ヲタ心」をくすぐるための鍵は、やはりユーザーの参加を促すための仕組み作りにあると訴える。
  「ユーザーは、例えば『初音ミク』みたいな、自分で音声や動画を創りやすくなる仕組みが登場することを望んでいます。『ニコ動』が出現したとき、ネットユーザーに大きな衝撃を与えました。『ここまで出来るんだ!』『こんなことも出来るの?! 』と、『ヲタ心』をくすぐった。そういう仕組みが、もう一度必要とされているんです」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぼへー ま所詮こんなものです。このブログで何度も取り上げてきましたが、所詮このニコニコ動画なんてのは、違法承知の著作権タダ乗り“テレビ番組・アニメ・映画のビデオオンデマンド”にすぎないのですから…。
 著作権団体からの非難を受け、イヤイヤながらアニメ・テレビ番組等を少しまじめに削除し始めたら、てきめんアクセスは減少し始めました。
 しかしながら、削除しているとはいえ、皆さんも見れば分りますが、まだまだ違法アニメ・テレビ番組は大量に存在しています。
 そしてMADと呼ばれるこれも不法著作権改変動画も大量に存在しています。
そして、このニコニコ動画の悪質なのは、youtubeなどと違って、事実上ニコニコ動画という存在は、完全複製違法動画とMADだけで出来ているといってよいところだ。
(その他は、便所の落書きみたいな殆ど見る価値ないゴミばかり)
 私もコンテンツ業界にいるので、日本の著作権に対する認識のレベルの低さに辟易していますが、本当にこのニコニコ動画というものの悪質さは、中国・韓国の違法複製以上に性質が悪いと思っています。
中国・韓国の違法複製も本当にひどいが、それでも彼等ですら、自分で違法複製物を自ら作り、格安ながら対価は取っている。
ニコニコ動画は、人の痛みの分らないアホなオタクに勝手にアップロードさせ、自らは直接手を下さずに、事実上、著作権侵害を成し遂げ、自分たちだけ儲けるシステムを作り上げた。
 そして、こんな卑怯な違法著作権侵害ビジネスを、提灯持ち評論家やマスコミはこぞって、
「画期的なサービスが…」
「日本発の画期的ネットサービス…」などと持ち上げていた。

ホンマかいな?そんな画期的なサービスなら、アニメ(のごく一部を)削除したくらいでアクセスが減りますか?
「コメントが書けることが楽しい…」「新しいコミュニケーションが…」はどうなったの?
アニメが削除されても関係ないはずでしょ!
 やっぱり、ニコニコ動画の一番の目玉(存在意義)は、著作権タダ乗りの違法動画であったということでしょ…。
本当に、エンタメ、IT、Webに関わるマスコミや評論家なんて、信ずるに値しない本質も見えない輩ばかりだね!
この前も言ったが、ホリエモン・ライブドアを持ち上げてた輩を思い出す。
熱狂が過ぎてみれば、錬金術しかなかったライブドアと同じ。
ニコ動も冷静に考えれば、著作権違法動画以外は何もないハリボテですから…。

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/250-fc9f6ea1 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー