1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 「DSソフトが患者冒涜」・・・このようなことが起こる背景!

「DSソフトが患者冒涜」・・・このようなことが起こる背景!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<「DSソフトが患者冒涜」 日本精神科病院協が抗議 > /9月25日20時54分配信 産経新聞
 ゲームのタイトルや内容の一部が精神科医療や患者を冒涜(ぼうとく)し、差別・偏見を助長するとして、民間精神科病院の9割が加盟する日本精神科病院協会が、ゲームソフト会社「インターチャネル」(東京都)に販売中止などを求める抗議文を送ったことが分かった。
 協会側が問題視するのは今年6月に発売されたニンテンドーDS用ソフト「DEMENTIUM-閉鎖病棟-」。協会によると「閉鎖病棟」は、精神科病院に実在する病棟の名称で、ゲーム内にも「統合失調症」「抗精神病薬」といった精神疾患を連想させる名称が使用されていたという。元患者が指摘したことで同協会が調査に乗り出した。
 協会は「最後まで攻略はできなかったが、ゲーム内は外科のようだった。だが、精神科固有の名称が使われ、患者が襲ってくるようなイメージを抱かせる内容は、動かなければならない」とし、ゲーム宣伝用ホームページの閉鎖と販売中止などの対応を求める抗議文を22日に発送した。同社は「担当者が不在でわからない」と話している。
 ゲームは、廃虚の病棟で主人公が武器を使ってゾンビ風の敵を倒すホラーアドベンチャー。販売対象は17歳以上となっている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぼへー 「インターチャネル」さんも大変ですね。
私もコンテンツ業界で録を食むものとしてお気持ちお察しいたします。
しかしながら1ユーザー・一国民の立場としては、日本精神科病院協会の抗議は、モットモであり何の申し開きも出来ないでしょう。
 エロ・グロゲームファンにしてみれば、「表現の自由だ・・・」「もっと過激でもいい・・・」と言うことなんでしょうね。
そして各コンテンツ会社も目先の利益を求めて、こういった要望に応じ続けてきました。
今回のような問題が起こる遠因はここにあります。
より刺激的な言葉・表現を求め続ける結果といえるでしょうね!
 いままで日本のコンテンツ業界は、エロ・グロ表現に関して非常に規制が緩やかであることに甘え、あまりにもその社会的な影響や責任について軽視してきていると思います。
 ハードメーカー・業界(CERO)や各コンテンツ会社は、自主的に・自ら進んで規制について考えるというよりは、「社会問題化したのでその対策をせざるを得ない・・・」「少なくとも対策をしているアピールをしなければならない・・・」といった嫌々・渋々・仕方なし感が否めません。
 企業のフィロソフィーとして明確にエロ・グロを排除しているのは「任天堂」くらいでしょう・・・。
業界の方なら良くご存知でしょうが、日本国内ではレーティング規制すれば堂々と販売できるゲームでも、欧米ではレーティングはおろか、販売など言い出すことすら憚られるゲームが非常に多く存在します。(「このゲームを販売したい・・・」などということ自体が既に頭がおかしいのかと思われかねないゲームたち・・・)
それぐらい日本国内では、エロ・グロ規制が緩やかです。
そろそろ日本のエロ・グロゲームユーザーも、自分たちの過剰な程の規制のゆるさのお陰の幸せを正しく認識すべきですね。
 その上、日本ではレーティングは提示していますが、販売段階で年齢確認など事実上行いませんので、年齢規制等はほとんど実効性がないに等しい状態です。
欧米の業界における規制は厳しく実効性も担保されていますので、それと比べ日本の業界の規制は、本当に「やってますよ」的・形だけのものにしか過ぎません。
 現在コンテンツ業界は、一大産業分野となりました。
その社会的な地位を向上し社会的責任を果たすためにも(麻生さんに期待してるだけでなく)そろそろエロ・グロ依存体質からの脱却を図ると共に、エロ・グロに関しては、自らの業界の利益だけを重視する態度に終始することなく、社会の一員であることに軸足を移し、キチンと自ら(各コンテンツ企業・業界)が率先して実効性の有る対策を社会に提示していく必要があるでしょうね。
 そうしない限り、残虐な殺人などが起こる毎にゲームが取り上げられ、「ゲームは社会に悪影響しか与えないもの」といった誤ったイメージが流布され、固定観念化していくことを止められません。

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/272-e61a2129 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー