1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. “主役”の自殺でロス疑惑に幕!

“主役”の自殺でロス疑惑に幕!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<“主役”の自殺でロス疑惑に幕、「まさか…」捜査官も絶句>  /(2008年10月12日 読売新聞)
四半世紀もの間、社会の関心を集めた「ロス疑惑」が、主役の自殺という形で突然、幕を閉じた。
 米自治領サイパン島で7か月にわたって拘束され、米ロサンゼルスに移送されたばかりだった元輸入雑貨会社社長、三浦和義容疑者(61)(日本で無罪確定)が10日夜(日本時間11日昼)、ロス市警の拘置施設で自らの命を絶った。この日午前に面会した日本総領事館の館員は衝撃を隠しきれず、今回の捜査を担当したロス郡検事局の捜査官も「まさかこんな展開になるとは」と絶句した。
 「自殺するなんて全く信じられない」
 この日午前10時すぎ、ロス市警の拘置施設内で、三浦元社長と面会した日本総領事館の出木場勝・領事部長はそう振り返った。
 三浦元社長は同日午前5時ごろ、ロサンゼルス空港に到着し、ロス中心部のロス市警本部に移送された。同9時50分ごろ、拘置施設内から「領事と面会したい」と日本総領事館に電話をかけてきた。
 出木場領事部長が面会室でガラス越しに対面すると、シャツにジーンズ姿の三浦元社長は、「長旅で体調は大丈夫か」という質問に「元気です」と答え、「私は食物アレルギーがあり、油で揚げたものは食べることができない」などと語ったという。
 この時、三浦元社長は仮眠した後だったようで、出木場領事部長は「顔色が良く、話し方もしっかりしていた。自殺を聞いてまさかと思った」と語った。
 27年前の一美さん銃撃事件で三浦元社長と一美さんが搬送された病院と、今回死亡が確認された病院は、同じだった。事件の発生当初から捜査にあたり、今年2月に三浦元社長がサイパンで拘束されたことを受け、ロス郡検事局に復帰したルイス・伊藤さん(77)は、「ミウラは自殺をするような男だとは思わなかった。サイパンを出る時は『ロスで戦う』と言っていたそうで、こちらも裁判で長い戦いになると覚悟していたのだが……」と絶句し、「法廷で真相を明らかにすることができなくなってしまい誠に残念」と語った。
 三浦元社長の弁護を担当するマーク・ゲラゴス弁護士は滞在中のイタリアで、元社長の自殺を担当検事から知らされた。ゲラゴス弁護士はAP通信の電話取材に対し、「衝撃を受けた。担当弁護士の一人が昨日(10日)、元社長に12時間付き添っていたが、精神状態はよいように見えた。彼は、この事件を戦うのを楽しみにしていたのに」と話した。元社長の妻はロサンゼルスに向かうところで、到着後、同弁護士と面会する予定だったという。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ぼへー 三浦和義が自殺し、ロス疑惑という三文芝居もようやく幕が引かれました。
しかしながら、今回の自殺についてマスコミの報道ぶりを聞いていると、「真相が闇に…」「日本で無罪の人間が…」「責任を、謝罪を…」とか、いつの間にやら何となく三浦和義寄りの報道になっている。
いつもそうだが、本当にマスコミというのは、節操がないね。
ロス疑惑華やかなりし頃は、なにも確定もしないうちに犯人扱いで、有ること無いこと三浦を叩き潰さんかのように書き立てていたくせに。
(後年、三浦和義の名誉毀損訴訟でことごとく返り討ちにあっていましたが…。)

 覚悟を決めて自殺しようとする人間をとめることほど困難な事はありませんよ。
いずれにせよ今回の自殺で改めて認識させられたのは、日本の法の不備ですね。
三浦和義は、「日本では無罪が確定…」と取り上げられているが、そもそも、潔白というよりは証拠が無い(殺人が立証できない)のであって、殺人については、完全犯罪者であったということでしょう。
 そうなってしまうと、日本では、(犯罪を実行に移さない限り)共謀罪の適用はないのでこのようなケースでは、完全犯罪者は、無罪放免となり、悠々と社会で暮らせてしまう。
アメリカなど他国では、実行せずとも共謀罪が適用されるので、殺人において完全犯罪であったとしても、共謀罪で有罪にできる余地がある。
そのお陰で、この事件はたまたま事件がアメリカで起こったために、完全犯罪者の逃げ得を許さず、正義が実践されました。

 今回のケースは、ひねくれず普通に理解しましょうよ。
日本国内では最高裁までいき、完全犯罪により殺人の無罪を勝ち取った三浦老人も、ロスでは共謀罪で有罪になる運命は避けられないことは確実であり、それを悲観して自殺した…これ以外矛盾の無い理解はできません。
 どうして「真相が闇に…」ということになってしまうのか?
三浦にしてみれば、もはや老境となった今、異国の地で犯罪者の汚名をきせられ、異国の監獄で死んでいくという、恥辱にまみれた晩節は耐えられなかったのでしょう。
そんな憂き目に遭うくらいなら自殺して汚名をきせられないうちに終わりにしたいと思うのは、当然の帰結でしょう。
私には、ええカッコしいの三浦には、この終わり方しかないかと思える、もっともな大団円にしか思えませんが…。
 あなただって老境に差し掛かってから、もはや出獄することはできないであろう異国の監獄で、むざむざ余生を過ごすことを選びますか?

事実上「真相がどうであったのか」本人が明らかにしてくれた訳です。
まあ故人の最後の意地・矜持でしょう。
もはや自死を選んだことですし、武士の情けで、それを酌んで終わりとしてあげましょうよ!

追記
 ちなみに私にとって、完全犯罪者としての三浦は全く評価しませんが…。
マスコミ報道の被害者であり、その後自力で、マスコミと対峙し名誉毀損等の民事裁判で敵をとり、「いかに視聴率・部数稼ぎの為にはマスコミというものはいい加減な情報を垂れ流すか。」ということを世間に知らしめたことは、評価に値すると思っています。
 以下の著書も案外良著ですよ。
関心ある方は、一読オススメします。
・弁護士いらず―本人訴訟必勝マニュアル (単行本) 三浦 和義 (著)

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/280-eeeb2d92 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー