1. Top » 
  2. 資格 » 
  3. 通訳協会:「金融支援受けられず」閉鎖 試験も中止

通訳協会:「金融支援受けられず」閉鎖 試験も中止

************************************************************
<通訳協会:「金融支援受けられず」閉鎖 試験も中止>  /11月8日 毎日新聞
 通訳の検定試験を35年間行ってきた日本通訳協会(東京都新宿区、向鎌治郎代表)が「経済不況で必要な金融支援を受けられない」として閉鎖したことが分かった。9日に全国6都市で予定されていた試験も中止され、会場を貸していた施設には受験生からの問い合わせが相次いでいる。
 協会はホームページなどで「今般の経済不況の中で必要な金融支援も受けられず、やむなく閉鎖せざるを得なくなった」と説明。9日と12月14日、09年2月1日の試験を中止するとしたうえで「業界の各社と協議中で受験料が無駄にならないように努力していく所存」としているが、現在、直接連絡が取れない状態になっている。
 9日は北海道から沖縄まで全国6カ所で試験が予定されていた。試験会場の一つ、日米会話学院(新宿区)によると、7日に同協会から「会場使用契約を解除したい」との通告がはがきで届いた。同学院の担当者は「通常なら数日前に届く試験用紙などが届かず、今回はおかしいと思っていた。受験生にも同様のはがきが届いたらしく『試験がないのは本当ですか』との問い合わせが相次いでいる」と話した。
 協会は73年設立で「通訳技能検定試験」「ボランティア通訳検定試験」などを実施。これまでの受験者は約13万人で、協会が「通訳士」と認定した合格者は約3万8000人という。
************************************************************
ぼへー 資格ビジネスみたいな、大してリスクも、元手も要らずに儲けることができるビジネスでこんな事態に陥るとは・・・。
よほどリスクの高い金融商品にでも投資していたのであろうか?
若しくは会長などがNOVAの如く、ありえないような私物化・浪費でもしたのか?
いずれにせよ、「自分のキャリア・能力の証明になれば・・・」といった重いで、受験料を払った人、登録制度に登録した人に泥を塗りましたね。
 資格取得した人に罪はありませんが、この事態で、「やはりこんないい加減な団体の認定した資格ではねえ・・・」というイメージ悪化は避けられないでしょう。
残念ながら、この資格の信頼性はかなり劣化したことは否めないでしょう。
 
私は、かねてから「資格を取るなら、同様のジャンルの国家資格」と繰返し訴えてきました。
今回のケースでも残念ながら、その意を強くしました。
特に民間資格ビジネス(公的資格という名の国家資格でない民間資格も含め)業者は、新聞広告・ネット広告・資格学校とのタイアップ・・・等々あらゆる手段でその民間資格を実態より、はるかに有用で、能力の証明のためにも必要であるかのように喧伝します。
 しかしながら、今回の「通訳士」のケースを見ても分るように、実際破綻してみれば、国家資格でもなく、しがない資格ビジネスであったことが、マスコミを通じて大々的に報道されてしまいました。
残念ながら「通訳士」の知名度は、悪名として轟いてしまいました。
 多少資格としての主旨は違いますが、やはり通訳ジャンルで唯一の国家資格である「通訳案内士試験」を取得することが賢明な選択でしたね。

実体経済がスゴイ勢いで悪化しつつある現在、このようなケースが、今後もいつ起こらないとも限りません。
やはりこれからの資格選びは、国家資格を中心に据えないと個人では負えないリスクを負うことになりますよ!


※通訳ジャンルにもいろんな資格ビジネスがありますね!  (The Japan Times 通訳・翻訳キャリアガイド より)  ・・・通訳案内士試験のみ国家資格
  ↓
*通訳技能検定試験
国内唯一の通訳士認定試験。通訳士をめざす人のための指針として1973年に創設。全国規模で通訳能力の審査および資格の認定を行う。1・2級の合格者は日本通訳協会が認定する通訳士資格を得る。通訳士登録は2級以上が対象。
取得レベル 1級、2級
試験日程 春期(6月)と秋期(2008年は11月9日)の年2回
受験料 1級 17,000円、2級 12,000円
問い合わせ 日本通訳協会
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-18 シミズビル6F
TEL:03-5925-0531 FAX:03-3361-3350
http://www.jipta.net/html/about.htm
*ボランティア通訳検定試験
国際交流に活用できる語学力を判定する試験。日本に居住する外国人や海外からの来訪者との交流の場で、語学力を生かして活躍する「ボランティア通訳」の能力を測ることが目的。
取得レベル A級、B級
試験日程 春期(6月)と秋期(2008年は11月9日)の年2回
受験料 A級 6,500円、B級 4,000円
問い合わせ 日本通訳協会
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-18 シミズビル6F
TEL:03-5925-0531 FAX:03-3361-3350
http://www.jipta.net/html/about.htm
*中日通訳検定
日中間ビジネスでのコミュニケーション能力を測ることを目的とし、2005年より中国と日本で実施する国際試験。プロの会議通訳者を認定する「専門通訳者認定試験(PILE)」とコミュニケーション能力を検定する「ビジネスコミュニケーション試験(BCT)」に大別される。
取得レベル PILE=国際会議、政府間交渉、大型のビジネス交渉などにおける逐次通訳、同時通訳の能力、BCT=1級、2級
試験日程 PILE=3月(日本)と10月(中国)の年2回、BCT=6月と11月(2008年は11月9日)の年2回
受験料 PILE=18,000円、BCT=1級 11,000円、2級 8,000円 
問い合わせ 日本通訳協会 中日通検事務局
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-18 シミズビル6F
TEL:03-5925-0541 FAX:03-3361-3350
http://jipta.net/cj/index.htm
*ビジネス通訳検定(TOBIS)
通訳者が企業(団体)内で活躍するために必要な「通訳スキル」と「ビジネス知識」を判定。逐次通訳は日→英、英→日の双方向、同時通訳は日→英の合計3種類の問題が出題される。3級以上は希望に応じて認定証を発行。
取得レベル 1級、2級、3級、4級
試験日程 次回(第5回)は未定
受験料 筆記・逐次通訳 9,500円、同時通訳 5,000円
問い合わせ 特定非営利活動法人 通訳技能向上センター(CAIS)
〒104-0045 東京都中央区築地1-12-6 築地えとビル5F
TEL:03-5565-1289 FAX:03-5565-7176
http://www.cais.or.jp/
*通訳案内士試験
「通訳案内士(通訳ガイド)」になるには取得が条件となる国家試験。報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をするためには、本試験に合格し都道府県に氏名、住所等を登録する必要がある。言語は英・仏・西・独・中・伊・葡・露・韓・タイ語から選択。
取得レベル なし(合否のみの判定)
試験日程 2008年8月31日
受験料 8,700円
問い合わせ 国際観光振興機構(JNTO)国内サービス部 通訳案内士試験係
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10階
TEL:03-3216-1903
http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/


                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/293-c3437094 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー