1. Top » 
  2. 金融・経済・証券・税・社保 » 
  3. 「年金は払わないほうが得」のウソ

「年金は払わないほうが得」のウソ

少子・高齢化の進行に伴い、年金不信・年金不払いなど年金問題は大きく取り上げられています。
 確かに現行の制度・給付水準のままでは破綻を含め問題は抱えているでしょうから、給付水準を引き下げたり、制度を変革することは必要です。
 しかしながら、一部マスコミ等が騒ぐように、個人の選択として公的年金を支払わないことは、本当に得でしょうか? 
結論から言うと、公的年金は加入しておかないと必ず損になります。
(理由は以下に書きました。簡略にしたつもりですが、それでも長いので面倒な人はとばしてよし!)
 では、なぜ公的年金に加入しないことが得なように伝えられているのでしょうか?
マスコミは、単にセンセーショナルな話題で、雑誌・新聞等が売れればよいのです。また、その手の特集には必ず民間金融機関が広告クライアントになっていますので広告収入のためにもそのほうが良いのです。
 経団連等の経営者団体は、どうでしょう、いろいろ正論めかした主張をしていますが、本音は、公的年金(厚生年金)を含めた社会保障の事業主負担を減らしたいだけです。特にパートへの社会保険適用の拡大を恐れて公的年金不要論に血道をあげています。(私がパートで適用対象なら、絶対に社会保険の適用を受けておきます。)
 私は、公的年金のエバンジェリストではありませんが、巷間語られるあまりに偏向した一般人を欺く情報には、声をあげておかざるを得ません!賢明な皆様 公的年金不要論に騙されないように!


※公的年金に加入すべき理由
特集記事などで年金の損得を論じる場合、大抵は、平均寿命位で死ぬとして民間の年金保険等と比較して公的年金は損ですよといった結論を出していることが多い。(一般読者には読み解けないが、最初から民間商品が有利になる前提で比較)
しかし、公的年金の重要な以下の利点を意図的に度外視しているからです。

※公的年金の利点(加入する意味)
1.物価スライドが有る。(長期のインフレリスクに備えられる)
2.格安の終身年金である(長生きリスクに備えられる)
3.遺族年金(給付)・障害年金(給付)が付いている(支給要件に該当すれば終身年金)
4.破綻リスクが極小(デフォルトリスクがほぼない)
5.税金を取り戻す手段である。

 上記を簡単に説明しておくと、
1.民間の保険では、運用金利でカバーしきれないインフレリスクには対応できません。日本で考えても、終戦後のハイパーインフレ、オイルショック時等、数十年のスパンで見れば実際に大きなインフレリスクがあります。民間商品で公的年金に匹敵するほどのインフレリスク対応をすることは、一般人では、外貨運用も駆使しても事実上不可能。
2.あなたも120歳まで生きるかもしれません。公的年金は、終身なのでいつまでも支給されますが、民間の終身商品で公的年金に匹敵する給付を受けようとすると保険料が高く支払えないでしょう。その上、1.で述べたインフレリスクに対応していません。
3.1、2の利点を兼ね備えた上、遺族・障害についても支給要件に該当すれば終身年金が支払われます。もうここまでくると民間商品では不可能。
4.「公的年金が破綻する」と面白おかしくセンセーショナルに取り上げるが、実際先進諸国でそんな例はない。給付の削減や、制度改革は行われるであろうが、破綻するというのは大人の議論ではない。日本の場合破綻するのは、公的年金より国家財政のほうであろう。また、仮に公的年金が、破綻する場合それは国家財政の破綻(国債のデフォルト等)に伴うであろうから、そんな時には民間商品はとっくに破綻している。
 逆に、国家財政が破綻しても公的年金が破綻するとは限らない。(それ程デフォルトリスクには強いのです。)
 ex.実際日本でも、戦前かけていた生保は終戦およびその後のインフレで事実上紙切れになってしまったが、戦費調達目的で始まった厚生年金は、破綻せず加入期間は無駄にならなかったのです。
5.公的年金は、全額社会保険控除が受けられる。(生保では上限10万)年金給付は、現在でも3分の1は税金が投入されている。近々2分の1に引き上げられる。消費税引き上げ等でもっと税による負担は上がるかも知れない。理性的な議論ではないので、あまり語られないが、公的年金を受給することは、税金を還元されていることなのだ。公的年金を受給しない人は、税金払いっぱなしということである。(年金保険料は、払わないで済むが、生涯のTOTALの実質租税負担率は上がります。)


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/3-da76b4fb この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー