1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 「過払い訴訟バブル」報酬9000万脱税?司法書士を告発

「過払い訴訟バブル」報酬9000万脱税?司法書士を告発

************************************************************
<「過払い訴訟バブル」報酬9000万脱税?司法書士を告発> /12月12日  読売新聞
 東京・西麻布で開業する平田季則(としのり)・司法書士(38)が2007年までの2年間で約2億4000万円の所得を隠し、所得税約9000万円を脱税したとして、東京国税局から所得税法違反の疑いで東京地検に告発されたことがわかった。
 司法制度改革で司法書士にも簡易裁判所での訴訟手続きの代理が認められるようになり、債務整理の専門家である平田司法書士の報酬は一気に増えたが、収入の一部を除いて申告していた。
 平田司法書士は「債務整理.JP」というホームページを開設し、24時間対応の相談ダイヤルも設けている。関係者によると、貸金業者からの多重債務の解決を依頼した顧客らから得た報酬のうち一部しか申告しない「つまみ申告」を繰り返し、脱税した疑いがあるという。隠した所得は預金されたままになっていた。
 特別研修を受け、法相に認定された「認定司法書士」が、簡裁の訴訟で弁護士のように依頼人の代理人ができるようになったのは03年4月から。平田司法書士は04年3月に認定された。
 さらに金利過払い訴訟の判決で、最高裁が04~06年に利息制限法と出資法の二つの上限金利の間にあるグレーゾーン金利を事実上認めないと相次ぎ判断。弁護士や司法書士業界では「過払いバブル」と呼ばれるほど、債務者がグレーゾーン金利分の返還を求めて貸金業者を簡裁に訴えるケースが急増し、平田司法書士も大幅に収入を伸ばした。
 グレーゾーン金利は09年末にも撤廃される見通しで、業界関係者は「収入があるうちに蓄えを増やそうとしたのではないか」と指摘している。全国に約1万9300人いる司法書士のうち認定司法書士は約1万1600人。脱税は司法書士法に基づく懲戒処分の対象になる可能性が高いという。
 平田司法書士は取材に対し、「お話しすることは何もない」と回答している。
************************************************************
ぼへー また阿漕な司法書士がいたものですね。
サラ金で苦しんだ「債務者を救済…」とかいって、違法な高額のグレーゾーン金利を取り返してあげるところまでは結構だが、その返還分からこんなに脱税できるほど多額の報酬を巻上げるとは…。
債務者の血涙をかすめっ取っているようなものです。
今となっては、過払い金返還など大して難しい案件ではないのですから、適正な手数料で処理してあげなさいな.!
 これじゃ素人相手に多額の報酬を巻上げる弁護士連中と変らないね。
(破産手続き費用が高すぎて破産できないなんて笑えない話も…)
「街の法律家、庶民の味方…」=司法書士なんて建前に過ぎないのでしょうか?
それでなくても司法書士の業務(登記関係)に対する正規の報酬自体も、十分高すぎる感じなのに…。
簡裁くらいなら本人訴訟したほうがいいようですね。
最近は裁判所も訴状の書き方等も親切に教えてくれますし。

 弁護士だけでは、高額で敷居が高く、人数は少なくアクセス悪いといった理由から、法律隣接士業に代理権を認めたのに…。
それを良いことに、多額の報酬を取って、その上脱税までするとはね。
正直言って、そもそもグレーゾーン金利など事実上違法と認定されたわけですから、貸金業者が自主的に業界団体あたりでシステム的に返金する体制を構築すべきです。
現状では、債務者が訴えない限りそのままですから…。
情報に疎い・人の良い債務者が損をしてしまうワケです。
これは自己責任とかいう問題ではなく、長年違法な金利を取り続けて、大儲けしてきたサラ金の責務として行わせるべきです。

いずれにしても、今回の事件で分かったことは、やはり弁護士はもっと増やしていいということです。
日弁連などは「弁護士が増加しすぎて大変だ…」などと言っていますが、実際はまだまだ不当に儲かっていることは確かです。
司法書士に開放した微々たる代理権の範疇でもこんなに儲けられるぐらいですから。
このような卑しい事件が起こらないためにも弁護士を増やし、弁護士の法人化を加速し、個人開業など例外的なケースになり、弁護士は大きな事務所に勤務するローファーム形式が当り前である業態に変化させるべきですね。
そうすることで法人としての内部牽制・会計監査等も働きますので…。
不法な行為を行う士業者のほとんどは、個人開業者ですから。

                              ↑クリックお願いします!ぼへー

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/306-c5d73b35 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー