1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. パラダイムシフトが必要な時代…医学

パラダイムシフトが必要な時代…医学

*****************************************************
<ホメオパシーとは>                     (日本ホメオパシー振興会HPより)
ホメオパシーは、人と病の付き合い方を変えます。
現代医学の限界が明らかになるにつれ、ホメオパシーに大きな注目が集まっています。
ホメオパシーという言葉は日本ではまだ聞き慣れませんが、どのような療法なのでしょうか。
ホメオパシーのホメオは「似たもの」、パシーは「病気」という意味で、「同種療法」「類似療法」と訳されます。その内容をごく簡単にいえば「似たものが似たものを癒す」という原理により、心身に入り込んだ病的エネルギーを押し出し「病気を終わらせる」療法です。
そして生命(いのち)のレベルを高め、私達をより幸せに導いてくれる癒しの業、それがホメオパシーです。

ホメオパシーの創始者ハーネマン
起源は古代ギリシャのヒポクラテスにまで遡りますが、近代ホメオパシーの創始者は、磁器で有名なドイツ・マイセン出身の医師サミュエル・ハーネマン(1755~1843)です。
彼はマラリアの特効薬として知られていたキナの皮を煎じて自ら服用した結果、高熱、発汗、衰弱などキナの皮が治すというマラリアそっくりの症状を引き起こしたことに大きなヒントを得て、ホメオパシーの基本原理を発見しました。
つまり、それが健康な人間に投与するとある症状を起こせるものは、似た症状を持つ病気を癒すことができるという「類似の法則」の発見です。
ハーネマンは、この原理に基づいて、ホメオパシーを提唱したのです。
この逸話は、ニュートンがりんごの実が落ちるのを見て万有引力を発見した有名なエピソードと同じくらいホメオパシーにとっては重要です。
ホメオパシーは、当時の医学界で評価・反発を含めて大反響を巻き起こしたのですが、ともかく非常によく効くものですから、ヨーロッパはもちろん、アメリカでも半数近くの医師はホメオパシーに転向した時代もあったのです。
何故私たちの身近で知られていないのですか。
現代医学が非常に進歩したように見えたのに対し、ホメオパシーには発展がないように見えたこと、またホメオパシーのレメディーはとてつもなく薄められ、元の分子がまったく存在しないといってよいほど薄められるものですから、そんなに薄めてなぜ効くのかという大きな疑問があったからなのです。
そのため、現代医学の発展の陰に隠れていたわけです。
しかし、素晴らしい未来を約束されたように見えた現代医学も、残念ながら大きな壁に突き当たっています。
一方現代科学の驚異的な進歩で、かつてはまったく不可思議であったホメオパシーの原理も少しずつ解明されており、欧米ではホメオパシーが改めて脚光を浴びています。
ちなみに英国王室をはじめ、ヨーロッパ各国の多くの王室の主治医はホメオパシー医です。いまやドイツやフランスでは医師の 4 割近くがホメオパシーを用い、また医学のカリキュラムにもホメオパシーが入っています。またアメリカでもホメオパシーのレメディーの売上がこの15 年間で約 30 倍にもなっているほど注目されています。
ホメオパシーには病名がありません。私たちの個性・体質が異なるように、症状もすべて異なるからです。
*****************************************************
 昨日の話にも関連しますが、産業革命以来現代へ至るまで基本的に継続してきた様々な分野における進歩のパラダイムが限界に来ていると思われます。

たとえば医学(西洋医学)も過去から現在へ、どんどん発展してきました。
それでは、その進歩に見合うだけ人間は“健康”に…“幸せ”になったでしょうか?
本来医学は、病を治し人を“健康”に“幸せ”にすることが目的であるはずです。
 確かに、ある段階までは、西洋医学が進歩するにつれ、様々な病気が治せるようになり、人間の幸せとも正比例していたと思います。
しかし、現代に至り、少し様相は変わってきました。
医療の進歩により、本来天寿をまっとうすべきところまで来ていても生ける屍のように生かされていたり…。
管だらけになった植物状態、他人の臓器を(買って)移植してでも生き長らえる…。
本当に人間の幸せのためになっているのか疑念が生じる状況です。
 医学が人間の幸せという目的に、再びリンクするためにもう一度次元を変えて見直す時が来ています。(上記のホメオパシー然り、東洋医学等も含めて…)

 日本では、あまり知られていませんが、欧米では“ホメオパシー”という代替医療が有名です。
現在の日本では、どうも心身の治療に関して、2極化しすぎているように思います。
一つは、西洋医学によるいわゆる科学的な治療。
そして、もう一つは、それ以外の治療法。
西洋医学以外にも、科学的に証明できないだけで、実践的・臨床的には効果の高いものがあるのです。
しかしながら、そのような信頼性の高いものも、いかがわしく効果があるか分からないような民間療法やスピリチュアルも、一緒くたにして考えてしまうので、悪貨に駆逐され、西洋医学以外は、どうしても怪しいものとされてしまいがちです。
 西洋医学の限界も明らかになっている現在、西洋医学以外について、私たちも、もっとその有効性・信頼性で序列をつけて冷静に考えることが、自分の心身の健康の保持には必要な時代だと思います。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/308-fe9ae2bf この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー