1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 鹿児島のブログ市長、今度は職員給料268人分をHP公開

鹿児島のブログ市長、今度は職員給料268人分をHP公開

************************************************************
<鹿児島のブログ市長、今度は職員給料268人分をHP公開> (2009年2月25日 読売新聞)
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(49)が、市のホームページに2007年度当時の市長、教育長ら幹部を含む職員計268人の年収、給料、手当の明細を1円単位で公開していることがわかった。
 消防を除く全職員について表組みで掲載。年間の給料に加え、「諸手当」、「期末、勤勉」など3項目の手当が記載され、正確な年収が明らかになっている。いずれも1円単位で給与総額が多い順に番号を振って公開。名前はないが、医師、市長、副市長、教育長は役職を記載している。
 竹原市長は自身のブログで「年収700万円以上の職員が54パーセント、大企業の部長以上の給料を受け取る人間が過半数にもなる組織が阿久根市民の上に君臨している」などと職員批判をしている。読売新聞の取材には「税金の使い道の話だから公開して当然」と話した。
 昨年9月に就任した竹原市長は、市長選でブログを使った選挙運動を展開。副市長、教育長人事で議会が同意しなかった人物を採用するなど物議を醸している。議会は今月6日、市長不信任を可決したが、竹原市長は議会を解散。出直し市議選(3月22日)は市を二分する様相だ。
************************************************************
ぼへー 極度に悪化している財政の中で、公務員についてゼロベースで考えるためにも、この市長さんは良くやったと思いますね。
しかしながら、こんなこと当たり前ではないのか?
なぜ問題視するのかが分かりません。
税金の使い道のうち、大変大きな部分を占める公務員の人件費について、個人を特定できる必要はないが、その職務と給与額位は公開して当然でしょう。

 実際公開してみれば、鹿児島の聞いたこともないような市で、年収700万円以上が過半数…!
ありえない、正直ウチの会社で一生懸命働いているクリエイター達が可哀想に思えてきます。
こんな住民票を発行するとか・建築確認申請を受け付けるとか・・・創造性の無い楽な誰にでもできる仕事で、過半数が700万以上なんて…。
本当に公務員の待遇については、ゼロベースで世界の水準なども考慮してまともな待遇にしないと単なる税金泥棒の集団ですね。
世界でも特殊な専門職でもない限り、年収は300万円台~400万円台が常識的な額です。
700万以上など高度な職務以外考えられない額です。
これは、日本の民間企業で考えても当然そうですから…。
物事には相場観というものが必要でしょう…そもそも過半数が700万円以上って、ウォール街か?
米国の金融機関でもごく普通の店舗従業員では、700万など夢のまた夢です。

*世界の水準はこの程度…日本の公務員は、世界の公務員の1.5~3倍も給与もらう程働いているのだろうか?(ドル換算)
  ↓
sekaikyu.jpg



                              ↑クリックお願いします!ぼへー


ブログ意見集 by Good↑or Bad↓ 公務員が甘いのか民間が酷なのか?

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/349-b3a6fe54 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
??? ??ŤΤ???Τ by Goodor Bad

???ŤΤ???Τ?????ΰ????λ??????????????Τ?????Υ???ä顢????

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー