1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 「厚労省局長を逮捕」 高級官僚もこれか・・・「高級官僚よお前もか!」政治屋と一緒でワイロ・不正のオンパレードだね!小澤みたい!

「厚労省局長を逮捕」 高級官僚もこれか・・・「高級官僚よお前もか!」政治屋と一緒でワイロ・不正のオンパレードだね!小澤みたい!

************************************************************
<厚労省局長を逮捕 証明書偽造容疑 郵便不正、政界関与解明へ> 6月15日 産経新聞
 障害者団体向け割引郵便制度の悪用をめぐる虚偽公文書作成事件で、「凛(りん)の会」(解散)の障害者団体証明書を偽造、郵便事業会社(旧日本郵政公社)に提出したとして、大阪地検特捜部は14日、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で、厚生労働省障害保健福祉部企画課長だった雇用均等・児童家庭局長、村木厚子容疑者(53)を逮捕、同部係長、上村勉容疑者(39)=虚偽公文書作成容疑などで逮捕=ら3人を再逮捕した。中央省庁の現職局長の逮捕は異例。
 また、特捜部は15日朝から、厚労省の同局長室や村木容疑者の埼玉県和光市の自宅マンションなどを捜索した。
 違法ダイレクトメール(DM)に端を発した事件は、障害者福祉の根幹を担う厚労省の組織的な関与が問われる事態に発展。証明書発行をめぐり、民主党国会議員が厚労省側に口利きした事実も判明しており、特捜部は今後、政界の関与を含め全容解明を進める。
 ほかに再逮捕されたのは、凛の会発起人、河野克史(68)=同=と同会主要メンバー、倉沢邦夫(73)=郵便法違反容疑で再逮捕=ら2容疑者。捜査関係者によると、村木容疑者は「凛の会のことも証明書のことも知らない。倉沢容疑者に会ったこともない」と全面否認。ほかの3人は容疑を認めているという。
 特捜部の調べでは、村木容疑者らは平成16年6月上旬、凛の会を障害者団体と認める5月28日付の内容虚偽の証明書を作成。河野容疑者らが6月10日ごろ、東京都中央区の日本橋郵便局(当時)に提出した疑いが持たれている。
 凛の会は、企画課長の公印が押された証明書で低料第三種郵便物制度適用の承認を受け、違法DMの発送を開始。同会を引き継いだ「白山会」を含め、郵便事業会社に巨額の損失を与えた。
 上村容疑者は当初、特捜部の調べに「自己保身のため」と偽造の動機を供述していたが、その後、「偽造した証明書を村木容疑者に渡した」と説明。倉沢容疑者も「局長から直接受け取った」と村木容疑者の関与を示唆していた。
 村木容疑者は昭和53年旧労働省に入省し、障害者雇用対策課長、女性政策課長などを歴任。平成13年に厚労省になって以降は、雇用均等政策課長や福祉基盤課長などを経て、20年7月に大臣官房審議官から雇用均等・児童家庭局長に就任した。
 障害者割引郵便制度の悪用事件で、大阪地検特捜部は14日、実体のない自称障害者団体「凛(りん)の会」を制度の適用対象とする偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で、厚生労働省雇用均等・児童家庭局長の村木厚子容疑者(53)=埼玉県和光市=を逮捕した。
 事件は、中央省庁のキャリア幹部が刑事責任を問われる事態に発展した。特捜部は15日、同局長室と村木容疑者の自宅を家宅捜索した。
 村木容疑者は当時、障害保健福祉部企画課長を務め、決裁文書を偽造したとして逮捕された同課係長上村勉容疑者(39)の上司。捜査関係者によると、「全く知らない」などと全面否認しているという。
 特捜部はまた、上村容疑者と凛の会代表倉沢邦夫(73)=郵便法違反罪で起訴=、同会発起人河野克史(68)両容疑者を同容疑で再逮捕した。
 逮捕容疑は2004年6月上旬、凛の会が割引制度の適用条件を満たしていないのに、村木容疑者が上村容疑者に企画課長の公印を押した虚偽の証明書を作成させ、河野容疑者らが郵便事業会社(日本郵便)に提出した疑い。
 捜査関係者によると、上村容疑者はこれまでの調べに証明書の偽造を認め、「村木容疑者に手渡した」と供述。倉沢容疑者も「村木容疑者から証明書を受け取った」と供述したという。
 証明書発行をめぐっては、村木容疑者の上司だった元障害保健福祉部長(退職)が「04年2月ごろ、国会議員から依頼を受けた」と話しているといい、倉沢容疑者はこの議員の元秘書を名乗り同省側に働き掛けたとされる。
************************************************************
ぼへー チンピラみたいな政治屋に恩を売る為に「懇ろにヨロシク」とでも頼まれれば、障害者団体でもない胡散臭い団体に証明書を偽造までしてあげるのか・・・
いよいよ官僚の腐敗もここまで来ているとは・・・涙も出ないね。
いずれにせよ、民主党の政治屋もロクなのがいないね。
小澤といい、まだ野党のうちから清廉さのカケラも無いね。
これでは同じ穴のムジナ、所詮政権交代などしても、所属する政治屋がこれじゃ変りはしないね。

 それにしても・・・もはや日本は、清朝末期みたいな雰囲気になってきましたね。
国家は、財政破綻状態で存亡の危機ともいえる状況であるのに、政治屋・官僚は“西太后”が如く私利私欲しか考えない。
また、清代の中国が国難に一致団結して当たらねばならない所を“太平天国の乱”でいよいよ混迷し、より一層植民地支配という国難への対応に窮した如く・・・
現代日本も政治屋は、つまらないコップの中の嵐のような政権争いをするだけで時を食いつぶし、いよいよ国難への対応がおろそかになっている…。
 今こそ国家的な難局を乗り越える為に、明治維新の頃のように、主張は違えど大志は一つにして、ことにあたる必要があるのに・・・。

 大阪地検特捜部には、頑張って腐敗した政治屋・官僚にしかるべき罪を立証して天誅を下して欲しいものです。
(民主党シンパには「また国策捜査だ!」ということなんでしょうが・・・)
この村木容疑者についても、「女性キャリアの星・・・」「優秀でそんなことしそうに無い人物…」といった報道がされているが、そんな人物ですらこのような腐敗し・荒んだ犯罪を犯すわけですから、逆に官僚の腐敗の根深さを思い知らされますね。
こんな評判の人物でも「障害者でもない団体を障害者団体として認可させる」などという悪事を事も無げに、サラリと実行するのですから・・・もっと程度の悪い官僚たちが、どんな行状かは、推して知るべしですね!

 悪徳政治屋が「懇ろにヨロシク・・・」と頼むと、腐れ官僚が「今回だけですよ・・・」とかいいながら、障害者団体でもない団体を、障害者団体として認可する・・・
こんな三流ドラマみたいな、後進国のようなことが、まかり通っているんだ。
この現代の日本に・・・。

「コンプライアンスが・・・」「公益通報が・・・」なんて議論が空しく、アホらしく聞こえますね。
 こんなことをする議員(それも野党)・官僚自身はもちろんのこと。
こんなことが、自分の横で行われていても見てみぬフリとは!!
周りの官僚たちも、一体どうなってしまっているのだろうか?
このような不正に対し、通報する・暴く・戦う覚悟のある人物はいないのだろうか?
それが、本当の意味での国家への忠誠、公務員の本分ではないのかと思いますが・・・
結局は、官庁内部の人間全体が腐りきっているということでしょう。

 この事件を無駄にしないためにも、公務員の許認可権限の執行について、外部監査を入れて、もっと厳しく管理していかないと、所詮国家に奉仕するといった基本的な姿勢すら無い志の低い連中ですから、私利私欲に任せて恣意的な許認可を実行することは必定です。
そして今後もこれに似たような不正が、いつまでも続いていくのでしょうね!

※口利き政治屋と腐敗官僚の癒着の構図か・・・
  ↓
************************************************************
<政治家と接点多数 背景に官僚の上下関係 郵便不正>  /6月16日 産経新聞
 現職局長逮捕にまで至った郵便不正事件。厚生労働省内からは、政治家との距離感に苦労する官僚の宿命や、厚生労働省の体質が背景にある-という声がある。
 今回の事件で証明書発行に絡む省内の指示は、当時の障害保健福祉部長(57)=退職=が、平成16年2月、同部企画課長だった村木厚子容疑者(53)に伝えたところから始まっている。「国会議員から電話がかかってきた。うまくやってくれ」
 村木容疑者は調整係長を担当者に指名。2カ月後の4月に同係長に着任した上村勉容疑者(39)が前任者から引き継ぎ、証明書を偽造したという経緯があるとされる。
厚労省内では違法行為への批判はあるが、村木、上村容疑者への同情論も強い。厚労省が扱う政策は、幅広く生活に密着しているうえに、予算総額も大きい(一般会計の4分の1が厚労予算)ことから、政治家がさまざまな働きかけをしてくるからだ。
 ある職員は「3日かかる手続きを1日で済ませたり、進展具合をこまめに報告したりと気配りを徹底するだけ。違法行為に手を染めるかどうかは別問題」というものの、政治家の口利きの存在は認める。
 舛添要一厚労相が昨年、職員を前にした訓示で「他省庁と比較しても担当する分野が国民生活全般にあたるため、業界や政治家との関係が深い。そこにあってはならない癒着が生まれる危険性がある」と、戒めを求めたこともある。
 事件当時、村木容疑者は、障害者自立支援法の準備に追われ国会議員とも調整を重ねていたという。「法案は障害者団体から負担増になると反対の声が上がっていた。野党の議員の口利きに過剰に反応し、部下の不正を軽く流してしまったのでは」と推し量かる職員もいる。
 政治家との関係とは別に、官僚の上下関係を事件の背景とみる指摘もある。村木容疑者はキャリア。上村容疑者はノンキャリア。上村容疑者は特捜部の調べに、「凛の会側から何度もせっつかれた」と話す一方、「仕事ができない奴だと思われたくなかった。自己保身のためにやった」とも供述しているという。
 厚労省の課長職はほとんどキャリアで占められ、職員の人事評価は各課長の仕事。同僚らは「案件処理のスピードは評価の大きな要素になっていた。キャリアににらまれたくない一心だったと思う」と話す。
************************************************************

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/413-efafd088 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー