1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 日本の左翼は、恥知らずでお気楽な連中ばかりで・・・!

日本の左翼は、恥知らずでお気楽な連中ばかりで・・・!

************************************************************
<ピースボート護衛受ける ソマリア沖> /産経ニュース 2009.5.14
 海賊対策のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛したことが13日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張とのギャップは議論を呼びそうだ。
 海自の護衛艦2隻は11日から13日にかけ、ソマリア沖・アデン湾を航行する日本関係船舶7隻を護衛。うち1隻がピースボートの船旅の旅客船だった。ピースボートは社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。船旅は寄港地のNGO(非政府組織)や学生らと交流を図ることなどを目的としている。
 66回目となる今回の船旅は約3カ月半に及ぶ地球一周で、北欧5カ国とフィヨルドを巡るのが目玉。約600人が参加し、4月23日に横浜港を出発後、中国とシンガポールに寄港。ピースボートのホームページには船旅の最新リポートとして、デッキで催されたフルーツパーティーの様子が掲載されている。
 ピースボート事務局によると、船旅の企画・実施を行う旅行会社が護衛任務を調整する国土交通省海賊対策連絡調整室と安全対策を協議し、海自が護衛する船団に入ることが決まったという。
 ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている。事務局の担当者は「海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念だが、主張とは別に参加者の安全が第一。(旅行会社が)護衛を依頼した判断を尊重する」と話している。
************************************************************
ぼへー 所詮日本の左翼などこの程度・・・
普段は平和ボケした頭で一生懸命考えて、「非武装中立が・・・」「9条が・・・」「平和憲法が・・・」と理想論・ユートピア的な主張をまくし立てているが、実際自分たちのクダラナイお船「ピースボート」が海賊に襲われそうとなると、海上自衛隊に護衛してもらう。

 所詮日本の左翼なんてこの程度のマガイモノよ。
こんな輩の言うことなどマトモに取り合うだけムダというものです。
普段は、自衛隊など「憲法違反が・・・」「海外派遣などもってのほか・・・」「戦争放棄だから攻撃されても一切抵抗しないのだ…」とか言っているのだから・・・自分たちがソマリア沖に行くときこそ、気概を示せ!
普段コケにしている自衛隊に守ってもらうな!
海賊が来たら、やられるだけやられて、抵抗するな!
それが出来てこそ、言行一致というもので、思想はどうあれ、人としては尊敬に値する。

 ところが、普段口では、カッコイイこと言うが、イザ今こそ実行すべきときにるとまったく現行不一致・・・
左翼思想がどうとか言う以前に、人間としてダメ!話になりません!
チェゲバラの爪の垢でも煎じてお腹一杯飲みなさい!

 下記の記事も同じような日本の左翼のダメ人間の好例!
「革命だ…」「世界闘争だ…世界を変える・・・」とか、妄想じみたこと言ってテロを繰り返し、散々人を傷つけ、殺し、迷惑かけた挙句・・・
年取ったら、郷愁に誘われ故国へ恥ずかしげもなく帰ってきて、先進医療を受け、打倒する筈だった祖国のお世話になっている。

この左巻きには、「恥」とか「矜持」というものはないのかね…。
所詮、お気楽な団塊世代の「革命ごっこ」に過ぎません。
祖国を捨てる覚悟とか、思想に殉じる覚悟のようなものは全くなく、「最後は祖国に帰ればいいや」「祖国が何とかしてくれる」といった親のすねかじりの反抗期の子供と大して変わらない精神構造です。
そのくせ、いまだに目立ちたがり屋の性分は健在で、恥ずかしげもなく新聞なんぞで、聞く価値もない自説を滔々と語るあたり、真性のアホという事が良く分かります。

こんな輩に「総括せよ!」とか言われて、亡き者にされた同士は恨んで出て来たい事でしょうね。
吉本隆明の著作でも持って、ベッカー高原に帰って革命戦士として自らを総括しなさいな、重信よ!
自分だけ昔話をしながら、安穏とした老後過ごしてるんじゃないよ、ホント!
************************************************************
<日本赤軍元最高幹部 重信房子被告 「世界変えるといい気に」>  6月28日 産経新聞
 日本赤軍のリーダーだった重信房子被告(63)が産経新聞の取材に「世界を変えるといい気になっていた」などと述べた。新聞メディアのインタビューに答えたのは異例。昭和49年にオランダ・ハーグの仏大使館が占拠されたハーグ事件など3事件で殺人未遂罪などに問われ、東京高裁で懲役20年の判決を受けた重信被告。東京拘置所に身を置き、がんの手術も受けたという。テロリストの女王と呼ばれた被告が語る全共闘、武装闘争、人生観-。
 ■行動に自責の念
 「現実を変革する運動は楽しく、創造性があった。現状を変えたいという思いで、家出少女もキャンパスに集い、いろんな人が話し合える環境があった」
 6月中旬に面会した重信被告は終始にこやかで、昭和40年代半ばに盛り上がった全共闘運動をそう振り返った。運動が数年で勢いを失ったことには、「世界を変えるといい気になっていた。多くの人に迷惑をかけていることに気づいていなかった。大義のためなら何をしても良いという感覚に陥っていた」。
 重信被告は40年に明治大学二部に入学し、学生運動に参加。44年に結成された赤軍派に加わる。「日本だけでは革命を起こせない」と海外に活路を求め、重信被告はレバノンへと出国、日本赤軍を創設した。空港内の銃乱射事件やハイジャックなどを引き起こした。
 過激な行動には自責の念にかられているようだ。
 「運動が行き詰まったとき、武装闘争に走った。世界で学生運動が盛り上がっていたが、故郷に戻り、運動を続けたところもあった。私たちも故郷に戻って運動を続けていれば、変わった結果になったかもしれない」
 ■思想は変わらず
 国内に残った赤軍派は最高幹部が相次いで逮捕された。国内残党組の一部は別グループと合流し、連合赤軍を結成。昭和47年にあさま山荘で籠城(ろうじょう)戦を繰り広げ、同志殺しも発覚。多くの人が学生運動から離れる要因になった。
 「運動を離れた人を恨む気持ちはありません。彼らが運動をやめたのは『世の中を変えられない』と思うようになったから。そういう人を受け入れられる基盤を作れなかった」
 日本赤軍のメンバーも世界各地で逮捕され、極秘帰国していた重信被告も平成12年、大阪府内で逮捕された。「支援団体が発行する冊子に原稿を書くなど忙しいが、世の中を変えたいという思いは変わりません」
 革命を目指す思想に変化はないが、還暦を過ぎた。「体調は悪い。戦場では何度も捨てては拾った命。銃弾に当たってよいと思っても当たらないこともあるし、逆のこともある。人にはそれぞれ定められた命があると思っている」
************************************************************

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/414-4798f506 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー