1. Top » 
  2. 金融・経済・証券・税・社保 » 
  3. 騙す方が悪いのか?騙される方が悪いのか?

騙す方が悪いのか?騙される方が悪いのか?

************************************************************
<出資金集め「年金たまご」捜査、10億超か>  /7月22日 読売新聞
 東京都墨田区の健康商品販売会社「ライフ・アップ」(田沢吉美社長)が、「健康食品を購入すれば、毎月高額のボーナスが得られる」との触れ込みで、全国の会員から多額の出資金を募っていたとして、警視庁が出資法違反容疑(預かり金の禁止)で捜査を開始したことがわかった。
 同社はこの約3年間、「年金たまご」と称した集金システムで、高齢者を中心に全国約5万人から少なくとも10億円を集めたとみられ、同庁は資金の流れについて解明を進める。
 同社関係者によると、同社は、健康商品・化粧品販売会社として1989年5月に設立。2006年10月頃から、ブルーベリーやコラーゲンなどの健康食品の購入費として、毎月1万3500円を支払えば、1年目は年13万2000円を、2年目以降は年280万円以上をボーナスとして受け取れるとうたい、会員を募り始めた。
 勧誘の際には、「会員になると、その下に会社が自動的に子会員、孫会員を割り当て、その会員が増えるとボーナスを増額する」と説明。同社は会員を「たまご」と呼び、一連の販売方法を「年金たまご」と名付けていた。
 関係者によると、出資者は、自ら勧誘に動く必要がないうえ、年金のように月々現金収入が得られることから、高齢者の主婦らを中心に会員は年々増え、約5万人に達したという。
 同社のボーナスの支払いが滞り始めたのは昨年6月頃で、今年に入り、国民生活センターなどには「入会時に約束されたボーナスが支払われない」など数百件の相談や苦情が寄せられている。
 同庁で、こうした被害者から事情を聞いたところ、同社が表向きは健康食品の購入を持ちかけながら、実際には出資を募ったとして、不特定多数からの預かり金を禁じた出資法違反の疑いがあると判断した。
************************************************************
<「怒り感じる」、解決訴え=無登録FX事件の出資者-大阪> /7月21日 時事通信
 札幌市の投資関連会社「オール・イン」が無登録の外国為替証拠金取引(FX)で多額の資金を集めたとされる事件で、出資金の返還を求めて提訴している出資者らが21日、大阪市内で記者会見し「怒りを感じる」などと話した。
 同日までに大阪、神戸両地裁に提訴したのは、大阪、兵庫両府県などに住む計32人。大半は元本も返ってきていないという。
 原告の神戸市の会社員男性(54)は「返金されないことで体調を崩した高齢の出資者もおり、怒りを感じる。早く解決してほしい」と訴えた。
 1億円以上の運用益が支払われないままという同市の会社社長(42)は「オール・インからは、実際に資金運用しているのは外国の会社だと説明された」と話した。 
************************************************************
ぼへー しかしながら、ネズミ講・未公開株・・・怪しげな投資ビジネスが現れては被害者が出て、その度に大きく報道され同じような被害への警鐘が鳴らされてきている。
ついこの間も「円天」とかいう架空通貨による被害もあったのに…。
ここまで来ると、一般論としてはだまされる側も相当問題があると言わざるを得ないですね。
個別のケース、例えば「高齢でまともな判断力が無くなっている老人が契約させられる」・・・のような場合は別として・・・。

 上記の「年金たまご」なんていうのも「円天」と全く同じで、説明を真面目に聞けば「そんなこと長くは続かない」ことは、余程のバカでなければ気付くでしょう。
いつか見た「デジャブ」ですよ。
そんなことにも気付かない位、欲の皮で目が眩み、「年金たまご」に加入しておいて「だまされた・・・、賠償が・・・、行政の監督責任が・・・」などとほざいているのは、片腹痛いというものでしょう。
もはや「だまされた」というより、当然の結果が訪れただけにしか見えません。

 無登録のFX業者のケースもまた然り。
FX業者など、まだまだ新参業種で、登録業者であっても確固たる規制もなく、危ない会社が多いこと位は、FXをやる人なら認識しておかないと…。
そんなことも知らないで、FXに関わる時点で既にアウト。
結果は見えています。
その上、他の金融投資事業に比較すれば、はるかに規制もユルイFX業を敢えて「無登録」で行う会社・・・それだけで、危険を感じ取引しないのが普通でしょう。

 インターネットも普及し、あらゆる物事について検索により適時・適切な情報を得る事が、非常に容易になった現代に、なぜこんな稚拙な手口に、多くの人間が引っ掛かるのであろうか?
サッパリ分かりませんね。
1円でも安い物を見つけるために、価格比較サイトが大盛況なのに・・・こんな高額投資は調べないのか?
「天下一家の会」の時代なら、口伝えだけで、だまされることも有ったのでしょうが・・・。
大金を支払う相手ぐらいは、ネット検索ぐらいすればいいものを・・・。
デジタルデバイドとはこのことか・・・。

 最近は、「貯蓄から投資へ・・・」といった宣伝文句で「なんとなく投資に興味はある・・・」といった人が増えてきました。
しかしながら、投資するにあたり、自分で学ばず安易な情報や人の言うがままに判断下す人が多すぎるように思えますね。
 結局そこを金融機関に付けこまれ、「投信はプロが運用するので・・・、専門のFPがプランを・・・」とか言われ、信じてしまい体よくリスク商品の餌食にされているように思えます。
少し学べば、金融機関が勧める商品などロクな事がないことはすぐに分かります。

また、金融雑誌などに登場して適当な予測や商品推奨をする金融評論家やFP、アナリスト・・・といった連中も概ねヒモ付きですから、話半分に聞いておいたほうが良いです。
 投信など買うぐらいならCFDで指数取引でもしておいた方が、はるかにリスクも少なくリターンが高いですから・・・。
大体、投信買うほどのリスク許容度のある資金があるなら、個人に運用手段がなかった時代ならイザ知らず、現在では自分で運用したほうが、いわゆるプロなどよりはるかに良い成績を残せます。
しかし、ヒモ付き評論家は絶対にそんなことは勧めません。
(この意味が分からない方なら、確定金利ものにしておいた方が良いですよ。バカにしているのではなくそれぐらいの知識は持った上で、お金をどう運用するか考えたほうが良いです。)

 近年の金融業界の規制緩和により、護送船団型から競争型に金融行政の舵が大きくきられたお陰で、現在では、個人の顧客向け金融商品の豊富さ、手数料の安さは目を見張るべきものがあります。
バブル期以前には、機関投資家・トレーダーでもこんな環境にはありませんでしたから・・・。
 ごく普通の個人でも「貯蓄から投資へ・・・」ということの本質を理解し、正しい商品を適時・適切なツール・手法を取り入れながら投資を行えば、十分な効果を上げられる環境です。

 バブルの頃は、株式の信用取引ですら、多額の預り資産を証券会社に有する顧客だけが(現在よりはるかに高い手数料を払って)行えるといった有様でしたからね。
それが今では、個人が手軽に信用取引はおろか、為替・指数・先物・・・ありとあらゆる金融商品をレバレッジをかけて格安の手数料で取引できます。
本当に夢のような時代になっているのです。

 少し学べば、「年金たまご」なんてゴミみたいな商品に頼る必要は全くない時代であることが理解できるでしょう・・・。
逆に、「学ぶ気もない」・「学んでもピンとこない」ひとは、迂闊にリスク商品に手を出さない方が良いですよ。
決して、馬鹿にして言っているのではありません。
中途半端は、ダメと言いたいだけです。
本業で稼ぎ、確定金利で預けておく・・・これが一番です。
しかし、投資をするなら最低限の知識・情報を得て行うべきでしょう。

blogram投票ボタン


                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/430-17fe035d この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー