1. Top » 
  2. 教育 » 
  3. 子供救援名目募金 日教組、連合に1億円 → 先生たちよ、政治信条とか思想の問題じゃなく人間として恥ずかしくないのか?

子供救援名目募金 日教組、連合に1億円 → 先生たちよ、政治信条とか思想の問題じゃなく人間として恥ずかしくないのか?

<子供救援名目募金 日教組、連合に1億円 政治行為? 首相「調査必要」>  2010年3月19日 産経新聞
 日本教職員組合(日教組)が交通遺児らの支援を行う「あしなが育英会」などに寄付するとして、「子ども救援カンパ」名目で集めた寄付金の6割近くを占める1億円を、日教組が加盟する日本労働組合総連合会(連合)に寄付していたことが18日、明らかになった。このうち3750万円が逆に連合から日教組側に「助成金」として交付され、朝鮮学校へ通う子どもの就労支援に使われたとの報告例もあった。
 自民党の義家弘介氏が18日の参院予算委員会で指摘した。鳩山由紀夫首相は「政治的活動に対し資金カンパをすることは禁じられている。政治的なカンパでないと信じたいが、文部科学省を通じて調査する必要がある」と述べ、地方公務員法で制限された政治的行為に当たるかどうか調査する考えを示した。
 日教組は昨年3月の中央委員会で、就学が困難な子供のいる家庭を支援する目的でカンパの実施を決定。使途として主にあしなが育英会への寄付を挙げ、そのほか「保護者の厳しい就労状況で就学できない子供」らを支援する「NPO団体など」への寄付を連合を通じて行うことを掲げた。
 日教組に所属する教員らが全国で街頭募金などを行った。15日の日教組臨時大会に提出された最終報告によると、カンパは総額1億7624万円で、あしなが育英会には7195万円が寄付された。
 ところが、連合には育英会を大きく上回る1億円が送られていた。日教組の雑誌「月刊JTU」昨年10月号は、子ども救援カンパの「一部」を連合に寄付したと記載していた。
 連合はカンパを元手に日教組傘下の地方19教職員組合の申請に基づき、30事業に計3750万円を助成した。最終報告によると、7事業は地方の教職員組合への直接支給で、徳島県教組は「朝鮮学校へ通う子どもの就労支援」として150万円を受け取った。
 義家氏は「街頭に立ったりした教師は、育英会の活動にプラスになるとの思いだったことが聞き取り調査でも明らかだ」と述べ、募金の使途に疑問を呈した。
************************************************************
ぼへー 日本の公立学校がドンドンダメになっていく理由がよく分かりますね。
~「あしなが育英会」などに寄付するとして、「子ども救援カンパ」名目で集めた寄付金の6割近くを占める1億円を、日教組が加盟する日本労働組合総連合会(連合)に寄付していたことが18日、明らかになった。~
こんなことを学校の先生が、ヌケヌケとおこなうとは…
 教師だからとか言う以前の問題です。
よくある偽募金団体と同じではないですか?
オレオレ詐欺をやっている輩と心根は、まったく同じですね。

それどころか「学校の先生」という看板で、募金者を信じさせることができる分、その辺の街中で怪しげな募金活動している団体よりタチが悪い。
まさか、学校の先生が、目的を偽って募金活動をおこなうとは、普通の人は思いませんから…
こんな詐欺的犯罪行為をおこなって、善良な募金者を騙して、「先生」は心が痛まないのだろうか?
先生に連合活動費を騙されて募金させられた父兄はどんな気持ちなんでしょうか…

「可哀想な交通遺児の為に募金を…」とお願いしながら…、心の中では「これで労組活動費が集まるぜ、シメシメ!」と舌をペロッと出していたのでしょうね。
もう、“教師”というより“人間”としてダメです。
どんな政策を展開しようが、どんな仕組みを取り入れようが、実際現場の教師たちが、こんな人間では、日本の教育など良くなるワケが無い。
教育など所詮は「ヒト」です。
教師自身が、「ためらいも無く法を犯す…」「目的のためには手段を選ばない…」「うそをついてヒトから募金を巻き上げる…」こんな状態で、良い教育ができることを期待する方が無理というもの!
こんな教師が、生徒を正しく導くことなどできるわけがありません。
子供というのは、その大人が信頼に足るかどうか、本能的に嗅ぎ分けます。
こんな人間として底の浅い教師は、アッという間に見透かされ、尊敬の対象はおろかバカにする対象となるだけです。

 日教組は、以前から一貫して日本の教育が良くならないのは…
・「40人学級が実現されない…」
・「学習内容が多い…指導要領減らせば余裕が出来て良い教育が…、オチコボレ無くなり…」
・「教師も週休二日になれば余裕が出来て…」
~といった外部環境・労働条件的な課題に問題をすり替えて主張しては、要求を達成してきました。

しかしながら、結果はどうでしょう?
40人学級になろうが、週休二日で教師が楽になろうが、ゆとり教育で教育内容が減ろうが、一貫して全く日本の教育は良くなりませんでした。
・学力は低下し、イジメは減らず、現場はイジメ隠し、性犯罪教師は増加の一途、採用試験は情実ワイロのインチキ…etc
   ↓
どうしてでしょうか?
答えは明らか!
何をどう変えようが…
公立学校の教師の質自体が悪すぎる。
「ヒト」として親や生徒が尊敬できないような人間しかいないのに、マトモな教育などできるワケがない。
その上、教育現場は、いまだ労働組合などという存在価値の無い組織に多数が参加するような、1960年代みたいな組織風土と来ています。

 あらためて、今回のエセ募金事件で、ますます日本の公立教師のダメさを思い知らされましたね。
やはり、厳しい時代とは言え、この有様では…
自分の子供については、リスクを考えれば、私立に行かせないと大変なことになりますね!

日本の公立学校の教育現場はマトモではないですから…
国旗や国歌という法定されたものすら阻害する偏った思想…。
左翼思想という、もはや現在では、何の役にも立たない亡霊のような思想が跋扈しています。
いまどき、赤旗振って、「プロレタリアが…」「階級闘争が…」って、笑いしかでません。(中国やキューバですら、そんな思想は遠い過去の話)
そんな思想で何とかなると考えた時代は、100年前に終っていますから…
マルクス・レーニンの亡霊を、まだ本気で信じているようでは、オウムを本気で信じている連中と変わりません。
ほとんどカルトに近いです。
そんな偏った思想が蔓延る教育現場で、子供たちが健全に育つわけありません。
マルクス・レーニンの亡霊から我が子を守るには、自分の子はやはり私立に行かせるしかないのでしょうね…

blogram投票ボタン


                              ↑クリックお願いします!ぼへー






スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/560-da9659a9 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー