1. Top » 
  2. 資格 » 
  3. 間違いだらけの資格選び③ (国際資格は役に立つ?)

間違いだらけの資格選び③ (国際資格は役に立つ?)

前回、具体的な資格をいくつかの職業・分野別に列記しましたが、顕著な傾向として、いわゆる国際資格が増えてきました。
 確かに、国際化が進み、重要性が増してきたことは事実でしょう。
しかしながら、実は本当の理由は、他の所にあるのです。

 資格ビジネスは、バブル崩壊後、どんどん拡大を続けてきました。
まずは、既存の国家資格等の受験指導…etcの従来からあるビジネス。
 それが、頭打ちになってくると、次は新たな民間資格を創設し、自ら胴元になる団体等が林立してきました。
 また、それとは逆に、小泉首相の「構造改革・規制緩和」路線の影響で、大型の国家資格は、増えなくなってきました。
 そして、資格ビジネスにとってオイシク、多くの受験者が期待できるビジネス系の資格数は、膨れ上がりすぎ、飽和感が充満してきました。
このままでは、「資格ビジネス」は、ジリ貧では有りませんか!!

→そこで、いよいよ「国際資格」の登場です。
「国際化の時代だから!、グローバルスタンダード、…etc」そうでなくても、「国際」という言葉に弱く、バブル崩壊で自信をなくした日本人には、たまらない甘い囁きだったのです。
 まずは、トップバッターのMBAブームを皮切りに、資格ビジネス業界を挙げた国際資格のオンパレードが展開されています。(古くからアメリカのインチキ大学博士号はありましたが…。)
(しかしながら、MBAも取得者が増えるに従いメッキが剥がれ、本家アメリカでもその有用性が問い直される傾向に有り、あのブームは今どこへ?といった感がありますね。)

 いわゆる「国際資格」について私見を述べさせていただくと、業務上必要な方、又は海外でその資格の必要な仕事に就こうと考える方以外は、費用対効果を考えると取得の必要ないでしょう。(また、米国の資格は日本ほど入り口規制はしないので、現実に取得する必要が生じた時に取得することが可能ですし。)
 教育機関や資格コンサルタントといった「資格ビジネス」にかかわる側からは、キャリアアップ・高収入など夢のようなキャッチコピーが、語られます(資格取得をしてもらってナンボの商売ですから)が…。
 はたして、国内にいて、業務上必要でもない方が、国際資格を取得して期待しているプロフィットが得られるのか、甚だ疑わしいものです。
お金・時間は大事ですので、よーく考えましょう!
(まあ、お金も時間もある方が、自己啓発として取得することに、当然異論は有りません。)
 また、「国際資格」という呼び方も日本人の「国際」という言葉に弱いのを利用するかのようで…。実際は「米国」の資格であることがほとんどです。それを敢えて「国際資格」などと呼ぶのも…。

スポンサーサイト
  • Genre:

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/6-58972e36 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー