1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 【小沢氏「強制起訴」】 ・・・検察審査会が当然の議決を出してくれた事が本当にうれしいですね。

【小沢氏「強制起訴」】 ・・・検察審査会が当然の議決を出してくれた事が本当にうれしいですね。

<【小沢氏「強制起訴」】検察審査会11人中8人以上が起訴と判断>   2010.10.5
 検察審査会は、検察官が不起訴処分とした事件に対して、事件の告訴・告発者らの申し立てを受けて、捜査資料を使って「国民目線」で審査する。審査員は有権者から、抽選で選ばれた11人で構成。任期は半年間で、3カ月で半数ずつ交代することになっている。
 小沢一郎氏のケースでは4月に東京第5検察審査会が、11人のうち8人以上の賛意が必要な「起訴相当」と議決。これを受け特捜部が再捜査した上で、再び不起訴処分としたことから、再審査していた。
 今回のように、再審査の結論として「起訴すべきだ」(起訴議決)とするには、「起訴相当」議決と同様に11人中8人以上の賛意が必要。審査過程では検察官の意見を聞くことも義務づけられている。審査は非公開でされる。
 今回の議決を出した11人の委員は、4月の「起訴相当」議決を出した全メンバーが任期満了を迎えたため、総入れ替えとなっている。さらに、審査時に法律上の助言などをする「審査補助員」の弁護士も別の人に代わっていた。
 従来、検察審査会の議決に法的拘束力はなく、起訴するかどうかの権限は検察が事実上独占していたが、改正検察審査会法が昨年5月、裁判員法とともに施行され、強制起訴の権限が与えられた。
************************************************************
ぼへー 評論家やらジャーナリストやらは、今回の強制起訴について、
「素人判断が・・・」
「起訴しても無罪・・・」
ゴチャゴチャ言っているが・・・
 検察審査会という制度を作った本来の意味から考えても、小沢を強制起訴に至った事は、当然の結果とはいえ本当に嬉しいことです。
「無理が通れば道理が引っ込む」的な事柄しか起こらない昨今のご時世ですから・・・
久しぶりに、道理が通って痛快ですね!
今回小沢が強制起訴されないようでは、検察審査会なんて制度自体が存在意義を失くし、「仏作って魂入れず」になってしまいますから!

 おエライ法曹関係者の一般国民の感覚とズレまくった感覚に基づく、特権意識的・前例主義的・判例主義的・官僚主義的な硬直化した法・裁判のあり方を変えて行こうというのが、今の司法制度改革の流れでしょう。
「100%有罪にできると確信できないから、起訴やめとこう・・・」という検察の判断は、旧態依然とした前例主義にとらわれた、長年に渡る裁判のやり方の踏襲ですから、仕方ないのでしょう。
しかし、こんな判断は、現在の一般国民の感覚とは大きくズレていました。

検察審査会のお陰で、小沢を強制起訴できます。
そして、裁判でこの事件を扱うことで、報道等を通して、「事件の内容」「この土建収賄政治屋の行動」等もより詳らかに国民に知らしめられるでしょう。
本当は、裁判でも旧弊を破り、小沢を有罪にすることができることが、これからの裁判のあるべき姿と思いますが・・・前例主義にコリ固まった日本の法曹では難しいのかもしれません。

 ただ、仮に今回の裁判が小沢の無罪で終わったとしても、全く無駄ではありません。
逆に、国民の目の前で、事件の推移が明らかになり、この土建政治屋の政治屋としての所業が暴かれます。
そして、いかに現在の政治資金規正法という法律が、名ばかりのザル法であるかが、証明されます。
 億単位で政治資金報告書に記載もれをしようが、不実の記載をしようが・・・すべて「担当した秘書のせい!」で政治屋は何の罪にも問えないことが明らかになれば、今後は、政治資金規正法の改正に国民の目が向いていくことになるでしょう。
これからも検察審査会を通じて、戦後何十年もオエライ法曹プロが前例に則り、精緻ではあるかもしれないが、一般国民の感情(人の心)と乖離したカチカチに凝り固まった柔軟性のない役人仕事になってしまった“法曹”に風穴をあけていって欲しいものですね。 
そのような刺激がないと、現在の硬直化した法曹は、本来の意義・国民感情と乖離し、チマチマした法的整合性ばかりに囚われ、ダイナミズムも失ったお役人のお役所仕事になっていますから・・・

「100%有罪でなければ起訴しない」というガチガチにコリ固まった検察の姿勢が・・・
「100%有罪になるような証拠を残さなきゃ、起訴されないモンね」
「法なんか破っても、証拠がなきゃ起訴されんもんね!」
「法の網の目かいくぐってやるぜ!」
・・・といった考えの悪党の跋扈を許してしまっている面は否めないでしょう。
そして、このような社会の現状が、「理念の世界で言葉遊びしている法曹」と「現実の社会で喘ぐ、一般国民」の正義感や処罰感情に著しい乖離を生んでいる原因です。
 似たようなケースとして、「犯罪被害者の人権、裁判における取り扱い」の問題でも、いわゆる検察・法曹のプロの意識と国民感情には、甚だしいズレが生じており、ようやく近年少しずつ是正されてきている所であることも挙げられるでしょう。

今回の強制起訴を検察の姿勢を、もっと国民感情に近づけていく契機として欲しいものです。
法曹の役割は、究極的には社会正義の実現にありますから。
決して過去の前例どうり、過去の判例に矛盾しないことだけに傾注して裁判を積み重ねていくことが仕事ではないはずです。
時代とともに社会も変ります、法の執行も社会の変化に応じ、必要な変化gはさせていくことも一面では重要であると思います。


※「また、お涙頂戴の三文芝居か、ジジイの涙は見飽きたね」、どうもこの人は認識ずれてるんだよね。
 「権力闘争」って??
 地元にダム作りまくりの土建収賄政治屋が、政治資金報告書に、有得ないほどの金額のウソを書きまくる・・・
 そして、明るみに出るや「俺はシラネ~」「秘書が勝手にやったことダシ~」ですから・・・
 これじゃ国民が怒り、支持などしないに決まっているではないか!
 そんなことも分からんようじゃ、もうろくしすぎ!ヤキが回ったか・・・小沢よ!
    ↓
************************************************************
<小沢氏、「これは権力闘争だぞ」と涙>     /読売新聞 10月5日(火)
 民主党の小沢一郎元代表は4日午後、東京第5検察審査会の議決が公表された後、東京都内の個人事務所で自らに近い議員と会談した。
 その際、小沢氏は「これは権力闘争だぞ」と述べ、涙を流しながら自らの正当性を訴えたという。
************************************************************


※土建収賄政治屋に牛耳られた政党=民主党、「国民のことなど知ったことではない」というのが本音です。
 完全に国民の感覚からズレているね。起訴が決まった小沢を批判した議員が役職辞任って、本末転倒でしょ。
 野党時代は、もっとどうでもいいことでも「辞任、辞任。けじめが・・・政治責任が・・・」って与党を攻めてたのにね!
 こんな政権が国民のために政治をするわけが無い。
 税金で政治屋自身の懐を肥やそうとする輩だらけ・・・
    ↓
************************************************************
<小沢氏「進退」民主の動き鈍く 世論や国会の風読めず>  2010/10/5 22:00日本経済新聞 電子版
 民主党執行部は検察審査会の2度目の議決により強制起訴が決まった小沢一郎氏の進退を静観している。世論の受け止めなどが読み切れず、離党勧告などの動きは鈍い。小沢氏に離党を求めた牧野聖修国会対策委員長代理が5日、「混乱の責任」を取って辞任するなど、党内に動揺も出始めている。小沢氏は同日も沈黙を続けた。
 「身の処し方は本人が考えることだ」。前原誠司外相は記者会見で、小沢氏の進退問題についてこう述べた…
************************************************************

※小沢の最も忠実な番犬「海江田」出動!
「積極財政が・・・」「景気対策が・・・」「国民の暮らしが・・・」の美名の下、税金で政治屋の懐肥やそうとと躍起!
「小沢土建収賄型政治≒民主党政治」の忠実な継承者ですな。
    ↓
************************************************************
<海江田経財相:際立つ積極財政論 「反小沢」閣僚と対立も> /毎日時p
 菅直人首相から「経済の司令塔」に指名された海江田万里経済財政担当相が、独自色の強い政策を提言している。景気の現状で従来の政府判断より厳しい認識を示しつつ、新規国債発行の増額や国の資産の積極活用など政府内で異論のある政策について持論を展開。海江田氏は9月の民主党代表選で菅首相の対抗馬だった小沢一郎元代表を支持した経緯があり、今後、菅首相を支持した閣僚と意見対立が激化する局面も予想される。
 「財政規律一点張りでない方向で、景気回復を実現したい。使う目的によって建設国債(の追加発行)も許されている」
 9月24日の閣議後会見で海江田氏は、景気の現状を「踊り場」と表現したうえで、財政出動に前向きな立場を明らかにした。財政規律に配慮する菅首相や、仙谷由人官房長官、野田佳彦財務相は国債の増発に慎重姿勢を示しており、閣内で海江田氏の積極姿勢が目立っている。
 改造内閣で「挙党態勢」の構築を模索した菅首相は、「政策通」の海江田氏を起用。その後、同氏は財源捻出(ねんしゅつ)策として無利子国債の発行や国有資産の証券化などを次々に提言した。こうした政策は、小沢元代表が代表選で打ち出したもので、政府内では「小沢支持派の議員に配慮した発言」(経済官庁幹部)と警戒感が出ている。
 当面の焦点は10年度補正予算の編成で、海江田氏は政府内で具体策のとりまとめを担当する。ただ、「経済運営の基本方針」策定や与野党の調整にあたる玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)との役割分担はあいまいなままだ。
 今月1日には海江田氏と玄葉氏、野田財務相の3閣僚が協議したが、「海江田氏の積極財政論を封じるための会談」(財務省中堅)との見方も浮上。終了後、海江田氏は記者団に対し、国債増発による補正予算の拡充について「今、国債をどうこう言える立場ではない」と慎重な発言に終始した。「経済の司令塔」として存在感を発揮できるか、補正を巡る論議が試金石となりそうだ。
************************************************************

blogram投票ボタン


                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/658-3e4d884b この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー