1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 憲法改正反対派は平和を愛しているのか??

憲法改正反対派は平和を愛しているのか??

 国民投票法案が成立し、日本でも憲法を改正することについて、ようやく一歩前進した。
 憲法改正問題が話題になる度に疑問に思うのが、いわゆる「護憲派=平和を愛している」、「憲法改正派=軍国主義者」という区分けである。
 護憲派の言い分では、現行憲法は、9条中心に平和主義で素晴しいから守るということになっている。しかし本当だろうか、実際、現行憲法の下で、自衛隊という軍隊が存在している。そして、その軍隊は、制約があるとはいえイラク戦争にも出兵している。(平和維持活動という名目ではあるが…)
 学者の小難しく・下らない憲法解釈論でなく、普通の国民が憲法を読むと「自衛隊」は違憲に思える。それが、憲法の解釈で違憲にならないということは、現行憲法は、現実的には平和主義でないことの証明でしょう。解釈で、自衛隊を合憲足らしめる現行憲法を、平和主義者こそ、自衛隊を違憲足らしめる改憲を訴えるべきなのです。
 平和主義というのは、「戦力を保持しない…と憲法に書いてある」なんてことを、必死に守ることではないでしょう。
 平和主義者の人には残念でしょうが、現行憲法は、理念としての平和主義は良いかもしれませんが、すでに現実としては、解釈の修正を続けた結果、自衛隊も違憲にできない、平和主義という観点からは、完璧でない憲法であることは明白なのです。
 日本は、平和憲法を持っているから「平和主義」なんていうのは、日本人の勝手な論理であって、軍隊を持っている以上、他国から見れば平和主義でも何でもありません。
 たとえば、もし中国が「戦力を保持しない…」と書いた憲法を持ち、しかし「人民解放軍は自衛のためで軍隊ではないよ」といっていたらあなたは、中国を「なんて平和主義な国」と感動しますか?
 平和主義者で、現行憲法のめざす平和主義を信奉する人たちこそ、実際には解釈次第で軍隊を保持できてしまう「現行憲法」を絶対に軍隊保持などの解釈ができない「新平和憲法」に改憲すべきでしょう。そうしないと口では平和主義といいながら、軍隊持っている自己満足・ウソツキ状態は変わらないじゃないですか?こんな薄っぺらな平和主義笑ってしまう。
 これじゃ「私は、平和主義者で非暴力なんです」と言い微笑みながら、実は、ポケットにはナイフや拳銃を“自衛のため”に持っている一番鼻持ちならない野郎だね!



スポンサーサイト
  • Genre:

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/68-c55d8043 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー