1. Top » 
  2. 教育 » 
  3. いじめ対応不備5割増 学校で人権侵害、法務省調べ ・・・相変わらず閉鎖的で荒んだ学校現場が浮き彫りになりますね!

いじめ対応不備5割増 学校で人権侵害、法務省調べ ・・・相変わらず閉鎖的で荒んだ学校現場が浮き彫りになりますね!

<いじめ対応不備5割増 学校で人権侵害、法務省調べ>   2011/3/11 日本経済新聞
 法務省は11日、2010年の人権侵害事案に対する取り組みについてまとめた。児童らのいじめに対する学校の対応の不備などが前年より5割増加したほか、教職員による体罰や行き過ぎた指導が2割以上増えるなど、学校現場での状況の悪化が目立った。同省人権擁護局は「相談窓口の存在が広く知られるようになり、潜在的な事案が掘り起こされたのではないか」とみている。
 同省は全国の法務局への相談などを基に人権侵害事件を把握。調査のうえ法律上の助言をしたり被害者と相手方の話し合いを仲介したりする救済手続きを行っている。
 10年中に救済手続きを開始したのは2万1696件で前年比2.3%増。このうち児童や生徒のいじめに対する学校側の対応の不備は2714件で、前年より51.9%増加した。法務省の担当者によると「児童から法務局などに直接相談が寄せられたものの、学校側がいじめの存在自体を把握していなかった例などが目立つ」としている。
 また教職員による人権侵犯事件数は1159件で前年比21.6%増。このうち体罰事案は337件(同25.7%増)だった。学校現場以外でも、実父からの性的虐待など児童に対する暴行・虐待に関する人権侵害が771件で前年比6.3%増加している。
 これらの増加の背景には、児童らからの相談窓口の利用が進んだことがあるとみられる。専用相談電話の「子どもの人権110番」は07年のフリーダイヤル化で利用が急増。昨年の利用件数は前年より約5000件多い2万7710件だった。全国の小中学校に配布され、教師や保護者に相談しにくいことを書き込むと無料で法務局などに届く「子どもの人権SOSミニレター」の利用も広がっている。
************************************************************
ぼへー これは、見過ごしがちな記事ですが、詳察すると、現在の学校現場の荒涼たる状況を浮き彫りにする内容です。
「・・・法務省は11日、2010年の人権侵害事案に対する取り組みについてまとめた。児童らのいじめに対する学校の対応の不備などが前年より5割増加したほか、教職員による体罰や行き過ぎた指導が2割以上増えるなど、学校現場での状況の悪化が目立った。同省人権擁護局は「相談窓口の存在が広く知られるようになり、潜在的な事案が掘り起こされたのではないか」とみている。・・・」
 どれだけ、学校現場が、閉鎖社会で体罰・イジメなどを隠ぺいしているかが分かります。
法務省は得意げに「相談窓口の存在が広く知られるようになり、潜在的な事案が掘り起こされたのではないか」などと呑気に語っているが・・・
こんな相談窓口のことなど、まだまだ広く知れ渡っているとは思えない。
それなのに、イジメや体罰について、この程度の相談窓口を設けただけで、

・児童らのいじめに対する学校の対応の不備などが前年より5割増加!
・教職員による体罰や行き過ぎた指導が2割以上増える!

 一体どれだけの児童・生徒たちが、相談相手もなく悩んできたことか・・・想像するだけでも心が痛みます。
今の教育現場の荒み方はヒドイものですね。

(学校の現状)
・教師の体罰・行き過ぎた指導・イジメで悩む「児童・生徒」
   ↓
・本来、教師・学校が親身になって相談に乗るべき所
   ↓
・相談はおろか、隠ぺいすることに躍起 
   ↓
・法務省が相談窓口を周知するようにしたところ、ドンドン明るみに・・・
 (とは言っても氷山の一角に過ぎないだろうが)

 学校がこんな状況では、安心して子供を任せられないでしょう。
よく「親は、教師を信頼して任せるべきだ・・・」といった前時代的・牧歌的な教育観を吐く人もいるが・・・
「教師自身による体罰・暴力」「生徒のイジメは隠ぺい」なんていう状況で、信頼して任せることなどできるわけが有りません。
信頼の出来なさ加減を端的に示すのが、学校におけるイジメによる自殺問題などに対する対応のマニュアル化・ワンパターン化です。

(イジメ問題対応のパターン)
(1)否認
  問題発覚後、まず学校は、そもそも「そんな問題はない」と、何とか事実そのものを隠蔽しようとします。
  そして、証拠を突きつけられ、言い逃れできなくなるまで、学校は認めようとはしません。
(2)正当化
  証拠が見つかり、言い逃れられなくなると、そのような事実はあったが、「対応に問題はなかった」「自殺の理由は、イジメだけではない」・・・といった主張を始めます。
(3)謝罪
  学校に任せても全くラチがあかない、イジメられた子の親が、「イジメはあった」と法的手段を取ったり、マスコミに取り上げられたりして、世間に知られることによって、ようやく学校は、認め・謝罪せざるを得なくなる。

 最近の教育関係者は、「モンスターペアレンツ」といった言葉を持ち出し、親からのクレームをまるで、親の側がいかれたクレーマーであるかのように印象付けようとします。
 しかしながら、その影で報道によれば「先生は、必死で、訴訟保険に加入している。(それも3割も…)」らしいですから。
 仮に、教育関係者の言うように、親のクレームが、的外れで、キチガイじみたものであるなら、裁判になったって、学校や先生が、負けるわけありません。
逆に、名誉毀損などで、提訴して賠償がもらえるというものです。
それなのに、必死になって「訴訟保険に加入している」ということは、教師自身、訴えられると負ける可能性が高いことを認識しているということでしょう。
(・・・ということは、親は、「クレーマー」ではなく、裁判で勝つような、正当な主張をしているということです。)
 生徒の親を「モンスターペアレンツ」と称し、いかにも親がキチガイクレーマーなのだと喧伝しながら・・・
その実、裁判で負け、賠償させられることを恐れ、戦々恐々として先を争って、訴訟保険に加入しているのが、現在の教師達の実態です。

確かに、キチガイクレーマーみたいな親も一部には、存在するでしょう。
しかし、大半は、今まであまりにも遠慮していた親たちが、いよいよ「正当な主張をし始めた」というのが実態でしょう。
 いろいろなイジメ問題のケースなど見ても、親が大きな声を上げて、ようやく解決の糸口が見つかるケースばかりではないですか?
それを、最近は、苦情を言う親がキチガイかのように、仕立て上げ、自分たちのことを棚に上げようとしてきますから。
さすがに先生というのは、狡賢い。
しかし、生徒の親御さんは、そんなことで遠慮してはいけません。
クレーマーと言われようとなんだろうと、正当な主張はしていかないと子供の幸せに関わります。
相手(教師)は、隠ぺいし事無きを得ることだけが、目的ですよ。

blogram投票ボタン


                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/735-5e7aa510 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー