1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. <小沢氏激怒、菅・鳩山会談の詳細知らされず>・・・小沢剛腕神話ついに完全消滅!所詮土建利権に群がる烏合の衆など、こんなものよ!

<小沢氏激怒、菅・鳩山会談の詳細知らされず>・・・小沢剛腕神話ついに完全消滅!所詮土建利権に群がる烏合の衆など、こんなものよ!

<小沢氏激怒、菅・鳩山会談の詳細知らされず>  読売新聞 6月2日
 2日の内閣不信任決議案の採決直前に、菅首相が退陣を示唆したことで、民主党の小沢一郎元代表が描いた不信任案可決のシナリオは大きく狂った。
 党執行部は小沢元代表の追加処分を検討している。さらに元代表は「政治とカネ」をめぐる裁判も抱えており、「反小沢」側からは、今回の大差の否決によって、元代表の求心力低下は決定的になったとの指摘も出ている。
 小沢グループは70人以上が造反の意向を固めていたが、結局、造反を明言してきた側近の松木謙公前農林水産政務官が賛成票を投じた以外は、小沢元代表ら計15人が欠席・棄権するにとどまった。
 2日朝、東京都内のホテルの一室。造反を決意した民主党衆院議員50人以上が続々と集結し、前日夜の会合に70人を集めたことで、「もう不信任案可決は決まったも同然」との高揚感が漂った。内山晃衆院議員は記者団に「140票は取りたい。そうすれば、自民、公明両党の数より我々の方が増える」とまで公言した。
 だが、首相と鳩山前首相が2日午前に会談し、首相が同日昼の民主党代議士会で退陣を示唆すると、雰囲気は一変した。
 両氏の会談の詳細を知らされていなかった元代表は激怒した。造反を決意していた議員ははしごを外された格好となり、「具体的な辞任時期を示していない。これは造反組に対する分断作戦だ」「訳が分からない。“世紀の談合”だ」と怒りをあらわにした。
 元代表は急きょ、国会内の自室に側近らを集め、「退陣の言及にまで追い込んだのは一つの成果だ」と述べた。グループの対応については「自分は欠席するが、後は個々に任せる」と語り、自主投票の方針を打ち出した。
************************************************************
ぼへー 「小沢はスゴイ・・・、剛腕が・・・、最後の“政治家”・・・」などという小沢神話を垂れ流す連中も、いよいよ今回の内閣不信任案での体たらくを見れば、この老いて政治の勘も全く冴えなくなった土建収賄政治屋に、そんな力がないことが、お分かりいただけたでしょう。
あまりにも小物政治屋しかいなくなってしまった現在。
“剛腕”政治屋なんてものが「いて欲しい」という願望と田中派の幹事長として(虎の衣を借りて)権力を振るっていた頃の印象がハロー効果となり・・・いわゆる「小沢神話」を形づくってきていただけの話です。
現在の小沢は、菅や鳩山に翻弄される小舟のような存在に過ぎません。

 しかしながら、ボンボン育ちの鳩山に、まんまと直前で裏切られましたね。
菅首相と直接交渉された上に・・・ボンボンは、捨て身の菅にいいように手玉に取られ、結果、大差で菅政権は信任されてしまいました。
いずれにせよ、こんなボンボンの鳩山などと手を組まなければ、事も起こせない小沢の不徳と言えるでしょう。
そして、極めつけは・・・
直前まで「小沢先生について行きます・・・」「菅政権を倒すためには民主党を離党しても・・・」等々、威勢のいいことを言っていた連中の変わり身の早さよ!
「一生ついて行きます!」位の勢いだったのに・・・
そして、親分自身「自分は欠席するが、後は個々に任せる」と言っているのに!
「菅政権を信任しなさい」なんて一言も言ってもいないのに、~「結局、造反を明言してきた側近の松木謙公前農林水産政務官が賛成票を投じた以外は、小沢元代表ら計15人が欠席・棄権するにとどまった。」~ときたもんだ。
まあ、所詮土建収賄政治屋の利権のおこぼれに与ろうと集まってくるような連中の結束など、この程度のものです。
「親分の為に棄権」する義侠心すら持ち合わせない・・・自主投票と言われた途端、此れ幸いとばかりに「菅首相を信任」の側に寝返ってしまうとは・・・なんという変わり身の早さよ。
まさに烏合の衆ですね。
なんの展望なく、重臣に裏切られ、足軽達もまとめられない小沢に「剛腕」の片鱗も残っていませんね。
もはや小沢さんも政治資金規正法違反の裁判も始まりますから、“復権”など夢のまた夢といった感がありますが、これからは裁判に集中できるので、逆によかったかもしれませんね

 それにしても、今回の件では、菅首相の想像以上の粘り腰・したたかさが際立ちましたね。
菅首相は、今回土俵際でうっちゃり、「解散」・「総選挙」といった政治混乱は、幸いにして回避できたわけですから・・・まあ、この政治手腕・機転を自らの保身ではなく、復興に使ってもらいたいものです。

いずれにしても、今回のゴタゴタも全く意味がなかったわけではありません。
事と次第によっては、小沢という最後の大物土建収賄政治屋が復権を果たす可能性がありましたが、今回の一件でそんな事態は、ますます遠のきました。
もう事実上なくなったといっても良いでしょう。
このことは、日本にとっては、非常に有意義なことでしたね。
万一、大物土建収賄政治屋なんぞが復権してしまうと・・・
「復興」という名のもとに巨額の国債を大増発し、膨大な公共事業によって、大物土建収賄政治屋の私腹がどんなに肥えてしまうことか・・・
そして、その公共事業からピンハネした資金が、土建収賄政治屋の権力を高め、ますます「土建収賄政治に拍車がかかる」という、想像するだに恐ろしい悪循環を招くことになり兼ねませんでしたから!
それが防げただけでも、今回の一件は大きな意味がありましたね。




※こんなこと言ってたのにね、剛腕・・・
   ↓
************************************************************
<「負けたら新党をつくる」と小沢氏>   2011.6.1 22:22 産経ニュース
 民主党関係者によると、小沢一郎元代表は1日、賛成意向の内閣不信任決議案が否決に終わり党を除名された場合の対応について、周辺議員に「負けたら新党をつくる」と明言した。
************************************************************


※ホントの剛腕は、コッチ(菅)か・・・
   ↓
************************************************************
<究極の延命策 “死んだふり続投”>    産経ニュース 2011.6.3 01:07
 究極の延命策だった。
 2日正午すぎ、衆院講堂で開かれた民主党代議士会。くしくも1年前の同じ日、鳩山由紀夫前首相が辞任表明した同じ舞台で、菅直人首相は顔を紅潮させながらマイクを握った。
 「この大震災の取り組みに一定のめどがついた段階で、私がやるべき一定の役割が果たせた段階で若い世代にいろいろな責任を引き継いでいきたい…」
 シンと静まりかえる会場。「私にはまだ松山のお遍路を続けるという約束も残っている」。平成16年に民主党代表を辞任後に頭を丸めて始めた四国八十八カ所の霊場巡りの再開まで持ち出したことは「重大決意」を強く印象付けた。
 2日朝まで内閣不信任案が可決される公算が大きかった。戦後5回目の不名誉が目前に迫り、ついに首相が「自発的な退陣」に言及したかに見えたが、その裏にはいくつかの巧妙なトリックが隠されていた。
× × ×
 代議士会直前の首相官邸執務室。鳩山氏は腹心の平野博文元官房長官が作成した3項目の確認事項を記した1枚の紙を差し出した。
 鳩山氏「復興基本法が成立し、第2次補正予算案のめどがついたら退陣していただけますか?」
 首相「分かりました。合意します…」
 鳩山氏「それならここに署名してください」
 首相「同じ党内の身内なんだから信用してくださいよ。私は首相の地位に恋々としません!」
 陪席した平野氏と岡田克也幹事長は2人のやりとりを黙って見届けた。
 首相は鳩山氏の求めに応じ代議士会で退陣を表明した。民主党を一緒に育て上げ政権交代を果たした2人は、この1年間で溝を深めたが、土壇場で再び心を一つにした-。
 そんな美談ではないことはすぐに明らかになる。
 首相の「退陣」発言直後、鳩山氏がマイクを握った。「首相と鳩山の間で合意させていただいた」。鳩山氏は十数分前の会談で提示した退陣の2つの「めど」を公にし、首相が“早期退陣”を了承したことを強調した。
 ところが、代議士会直後、岡田氏は記者団に「合意の文書には出てくるが、それが(退陣の)条件になっているわけではない」と鳩山発言を全否定。これを伝え聞いた鳩山氏は「それは嘘です。人間、嘘ついてはいけません」と色をなして反論したが、夜の首相の記者会見で、鳩山氏が騙されたことが明白となった。
 昭和61年、中曽根康弘首相(当時)は衆院解散を否定し続けた末、衆参同日選挙に突如踏み切り、自民党大勝へと導いた。後に「死んだふり解散」と呼ばれる。今回の菅首相は「辞める」とみせかけて不信任案否決にこぎ着ける「死んだふり続投」だったのだ。
 さらに首相は「退陣表明」の中で、ある布石を打つことも忘れなかった。
 「若い世代のみなさんに責任を引き継ぎたい」
 自らが退陣したら、後継は「若い世代」に「禅譲」することを意味する。裏を返せば、長きにわたり党内抗争を繰り広げてきた小沢一郎元代表や鳩山氏に権力を譲り渡すつもりはないという意思表示だった。
 このトリックも鳩山氏は見抜けなかった。鳩山氏周辺は「首相との会談では『若い世代に引き継ぐ』なんて話は出なかった。あれは首相が後から付け加えたんだ」と悔しがったが、後の祭りだった。
「偽りの退陣表明」-。その効果は絶大だった。70人以上が造反の意思を確認し合っていた小沢グループは大混乱に陥った。
 「今日、不信任案を採決するのはやめて出直してくれないか…」
 ある小沢系議員は衆院本会議直前、自民党議員に泣きついた。曲がりなりにも首相が退陣表明した以上、内閣不信任案に同調する大義はない。かといって否決すれば、当面は首相を信任することになる。小沢氏は側近に「今までなかったこと(辞意表明)を引き出したんだから、採決は自主判断でいいだろう」と言い残すと衆院議員会館事務所に引きこもってしまった。
 それでも「反菅」路線で突っ走ってきた一部小沢系議員は潔しとしなかった。
 内閣不信任案の賛成・反対討論のさなか。衆院本会議場に入ろうとした松木謙公元農水政務官は同僚議員に取り囲まれた。「賛成票を投じるくらいなら欠席しろ」という意味だった。
 何とか議場に入ったが、渡部恒三元衆院副議長から「親分が裏切ったものを義理立てする必要はないぞ」と切々と説かれた。
 それでも松木氏は採決の際、右ポケットに隠し持った賛成の「白票」をとっさに投じた。議場を出て記者団にもみくちゃにされながら松木氏はこう言った。
 「信任できないから賛成した。自分で決めるんだよ、最後は!」
 首相は狡猾(こうかつ)な延命策で九死に一生を得たが、引き換えに民主党に埋め難い亀裂とわだかまりを残した。
2日の内閣不信任決議案は141票という大差で否決されたが、2日朝までは可決の公算が大きかった。衆院解散・総選挙という事態が現実味を帯びる中、水面下でギリギリの戦いが繰り広げられていた。
 「あんたの負けだ…」
 1日深夜、国民新党の亀井静香代表は携帯電話で、菅直人首相にこう通告した。不信任案に賛成の意向を示していた民主党の小沢一郎元代表が開いた“決起集会”に70人以上の議員が集結したとの情報が飛び込んできたからだ。
 亀井氏は期限付きの退陣を首相に迫った。そうでなければ不信任案は可決され、衆院解散という事態も起こりうる。それでも首相は「不信任は否決できる」と聞く耳を持たなかった。
 6年前の「郵政解散」の悪夢が脳裏によみがえったのか。亀井氏は枝野幸男官房長官の電話を鳴らした。
 「自爆するつもりか。首相の首根っこをつかまえてでもやれ!」
 枝野氏は「言おうと思います」と頼りない返事を繰り返すだけだった。
 「政局は第2ステージに入りましたね…」
 同じころ仙谷由人官房副長官からはこんな電話がかかってきた。かつて「菅・小沢抜きの大連立」を模索した仙谷氏は「自分の時代が来た」と思ったのか-。
 亀井氏は2日午前、首相官邸を訪れ、首相との直談判に最後の望みをかけた。
 亀井氏「平成23年度第2次補正予算案を含めて当面の原発事故・震災復興の対応を終えたら退陣する腹を固めていただきたい」
 首相「分かりました。どういう言い回しにするかは自分で考えます」
 亀井氏が首相から退陣の確約を得たのは民主党代議士会の1時間半前だった。
 政府・与党幹部の焦りを尻目に「夢」を見た政治家たちもいた。
 「民主党だけで120人以上の賛成を集めないといけない!」
 5月30日、鳩山由紀夫前首相は、弟の鳩山邦夫元総務相に電話で力を込めた。鳩山邦夫氏はそれまで「不信任案なんて絶対に通らない」とみていたが、兄の言葉に「ひょっとしたら」と期待を持ち始めた。
 翌31日午前、鳩山邦夫氏は新党改革の舛添要一代表と都内で会った。
 「小沢系がこのまま造反すれば、新党を作ることになるだろうが『小沢新党』への世論のアレルギーは強いはず。新党から首相は出せないんだから自民党なども集めて舛添首相が実現する可能性があるぞ!」
 造反議員の一部が新党改革に流れるかもしれない。舛添氏は「新党改革を発展させることもできるかも」と期待をふくらませた。
 だが、2人の「夢」は鳩山由紀夫氏の豹変(ひょうへん)によりあっさりついえた。鳩山由紀夫氏は2日の衆院本会議場で弟にこう話しかけた。
 「平成23年度2次補正予算案のめどがついたら首相はやめるべきだ。でも居座り続けるだろうね…」
× × ×
 戦いに敗れた小沢氏は2日夜、東京・六本木のカラオケ店で側近議員約40人と“残念会”を開いた。
 「みんなが結束したから首相の退陣表明につながったんだ!」
 小沢氏は努めて明るく振る舞った。若手議員が「やっぱり不信任をやりたかった」と悔しがると「次、がんばろう」となだめた。
 強がってはみても隠せない失望感。カラオケのマイクを握る議員は一人もいなかった。
************************************************************




blogram投票ボタン

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/773-20e7dfec この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー