1. Top » 
  2. 社会・安全 » 
  3. 元教諭の飲酒運転:懲戒免取り消し訴訟 県教委に取り消し命令--地裁判決 /神奈川・・・飲酒運転撲滅への努力を否定し、時計を戻す「司法」・・・いったいいつになったら市民感覚になるのやら?

元教諭の飲酒運転:懲戒免取り消し訴訟 県教委に取り消し命令--地裁判決 /神奈川・・・飲酒運転撲滅への努力を否定し、時計を戻す「司法」・・・いったいいつになったら市民感覚になるのやら?

<元教諭の飲酒運転:懲戒免取り消し訴訟 県教委に取り消し命令--地裁判決 /神奈川>  /毎日新聞 2011年6月24日 地方版
 バイクの飲酒運転で懲戒免職となった元県立高校教諭の男性(60)=座間市=が処分取り消しを求めた訴訟の判決で、横浜地裁は23日、県に処分の取り消しを命じた。深見敏正裁判長は「教員への信頼を裏切ったとはいえ、処分は重すぎる」と指摘した。
 判決によると、男性は08年12月5日深夜、勤務先の忘年会から帰宅するため座間市内でバイクを運転中、呼気1リットル中0・2ミリグラムのアルコールが検出されたとして道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで検挙された。県教委は同19日、懲戒免職処分とした。
 深見裁判長は、運転した場所は交通量も少なく、死傷者など実害を伴っていない▽翌日に校長へ報告し反省している▽それまで処分歴はなく教員生活は一定の評価ができる--などとして、「免職処分は、飲酒運転撲滅の社会的要請などを十分考慮しても重きに失する」と判断した。
 閉廷後、男性は「慈悲深い判決。やったことは良くないが、免職に相当するのかは疑問だった」と話した。
 県教委の懲戒処分の指針は、酒気帯び運転で事故が伴わない場合は「免職または停職」とするが、停職は前日の飲酒が翌日に残っていた場合に限られ、原則免職としている。原告代理人の岡田尚弁護士は「県は指針を見直さなければならない。処分のあり方を検討する契機にしたい」と話した。
 県教委調査免許課の西裕彦課長は「判決文の内容を検討した上で今後の対応を決めたい」とコメントした。
************************************************************
ぼへー 一体いつまで、このようなインテリ裁判官の「加害者人権重視」「市民感覚ゼロ」な判決を聞かなくてはいけないのだろうか・・・
司法改革で裁判員制度なんてものを取り入れてまで、市民感覚・被害者の心情を取り入れようとしていることなど、やはり形式ばかりに過ぎないのだろうか?

 東名高速飲酒運転事故や福岡飲酒運転事故の被害者などによる長年にわたる問題提起で、飲酒運転の加害者に対する「理不尽で不当に甘い」刑事処分が社会的に問題視されるようになりました。
そして、ようやく飲酒運転ドライバーによる交通事故による何の落ち度もない被害者への理解が深まり、世論の風向きも変り、飲酒運転に対する厳罰化・社会的制裁の強化が進んできたのに・・・
飲酒運転による事故も減少し、ようやく実効が上がってきている矢先なのにね。

~閉廷後、男性は「慈悲深い判決。やったことは良くないが、免職に相当するのかは疑問だった」と話した。~
っだって・・・
たまたま、運よく事故を起こさなかっただけなのにね。
それもこんな輩が教師ときたものだ。
この輩が言うとおり、本当に裁判官というのは「加害者」(この場合は「飲酒運転ドライバー」)には、「慈悲深い」ね!
“免職”を取り消すということは・・・こんな教師がまた教壇に戻るのだろうね。
いったいこんな教師にマトモな教育などできるのか?
世も末ですな。

そして、何よりこんな「慈悲深い・・・」判決が出るようでは、今後の社会への影響が非常に危惧されますね。
せっかく、「“飲酒運転”という反社会的・殺人的行為をする輩は、解雇・免職が当然!」というコンセンサスが醸成されてきていたのに・・・
こんな判決が繰り出されると、またぞろ~
「飲酒運転してしまう時もあるよね・・・」
「飲酒ぐらいで免職は、厳しいよね・・・、飲酒運転くらい・・・」
~といった厳罰化以前の司法・警察の雰囲気に逆戻りしてしまいます。

 「今回は、被害者がいなかったから良いのだ・・・」とかいう論理は、本当に血の通わないカチカチのおエライ法律学者的な判断ですね。
 殺人事件の判決で、「今回の犯人は、一人しか殺していないから、死刑は絶対なし・・・」とシラッと言いきれてしまう裁判官と全く同じですね。
一体、裁判官はこの20年位に渡る飲酒運転厳罰化に向けた社会の潮流や市民の処罰感情をどう考えているのやら・・・
私には、今回の判決は、大げさに言えば社会へのおエライ“司法”からの“おバカな国民”への挑戦のように思えますね。
お偉い裁判官様にとってはきっと正義感に燃え・・・「ヤミクモに厳罰を下そうとする、法理論に疎い下賤な者どもに、正しい法の運用というものを教え諭してやろう!!」という、ありがたいお気持ちなのでしょう。
ひいては、今まで繰り広げられてきた“飲酒運転の厳罰化”の流れも、きっと法の厳密で精緻な運用に、うるさい裁判官様にとっては、“反発の気持”ちが湧いてきていたのでしょうね。

 しかし、我々市井の者からすれば、いらぬお世話。
逆に、“学校の教師”などという立場でありながら、平然と飲酒運転を行って・・・
たまたま、運よく人様に危害を与えなかったことを良いことに・・・
「免職なんて、無効ダモンネ、事故も起こしてないのに厳しすぎるモンネ・・・」
と訴えてくる“恥知らずな教師”
そして、その教師の言い分を“慈悲深く”お認めになる裁判官。
いったい何の為にどこを向いているのか?
さっぱり分かりかねますね。

 ぜひ県教委には、上告して上級審で勝訴して欲しいものです。
そして、上級審の裁判官には、「市民感覚」~良識と言ってもよいかもしれません~を見せてもらいたいものです。


ぼへー 飲酒運転厳罰化も実行までは、(押し並べておエライ)反対派が、
「厳罰化などしても無意味なのだ・・・、刑の軽重で人の行動は変わらないのだ・・・、轢き逃げが増えるだけなのだ・・・」
「地道な交通教育が・・・、熟慮が・・・」
「加害者も普通の人で逆効果・・・」
~などと浮世離れした意見を主張していたものです。
しかし、実際厳罰化してみると、以下の通り劇的な効果。
飲酒運転厳罰化による交通事故の飛躍的な減少は、いかに「社会のコンセンサス・社会的制裁・刑の厳罰化」が、「犯罪を減少させるか」を具体的に示した近時における最大の成功例と言えます・・・このままでは、お偉く慈悲ある裁判官様が時計の針を戻してくれそうですね。
  ↓
************************************************************
※H22年 交通安全白書より

(5)飲酒運転による交通事故発生状況
平成21年中の原付以上運転者(第1当事者)の飲酒運転による交通事故件数は5,725件(構成率0.8%)で,前年と比べると494件(7.9%)減少した。交通死亡事故発生件数は292件(構成率6.1%)で,前年と比べると13件(4.3%)減少した(第1-19図)。
h1_zu1_19.gif

過去10年間の推移をみると,飲酒運転に対する罰則等が強化された14年以降の減少が顕著であり,さらには,18年9月以降の飲酒運転根絶に対する社会的機運の高まりや,19年9月の飲酒運転の厳罰化等により,21年中の交通死亡事故発生件数は10年前の約4分の1(平成11年に比べ76.8%減)に減少した(第1-19図)。
また,飲酒運転による交通事故発生件数を月別にみると,18年9月以降の減少が顕著である。(第1-20図)。
h1_zu1_20.gif
************************************************************




blogram投票ボタン

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/784-608c50c0 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー