1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. “朝鮮総連”のお陰でわかった“日弁連”の謎!

“朝鮮総連”のお陰でわかった“日弁連”の謎!

今回の“朝鮮総連”がらみの事件で、ひとつ良いことがあったとすれば、“日弁連の謎”が解けたことだ。
 私は、常々、あらゆる重大な社会問題について“日弁連”が表明する見解は、殆どの場合、国民の大多数の世論に反するものであることが、“謎”であった。(たとえば、死刑制度、規制緩和、治安強化のための刑事重罪化、犯罪被害者対策、憲法改正、行きすぎた表現の自由の制限・・・etc)
どうしても“弁護士”というと「社会正義・・・。法の番人・・・。」といった単純なイメージが思い浮ぶ。そして、「なんかこの見解おかしいな?」と思っても「イヤイヤ“弁護士の連合会が出す見解”だから、妙に思えても、きっと凡人には分からないが、正しいのだろう。」なんて無理矢理納得してみたりしてきた。
 しかし、今回の元弁護士連合会会長の識見の無さ・公徳心の無さ・(特定勢力からの利益供与による)特定の勢力に対する猛烈な偏向を見ていると、目から鱗が落ちました。
 弁護士連合会の意見が、一般国民の世論から遊離しているのは専門的知見の発露ではなかったのだ。
 ただ単純に、このままでは、世論に押されて、不利になる勢力(今回でいえば“朝鮮総連”)に有利になるよう、商売柄の口八丁でもっともらしい論理を組み立て主張しているだけなのだ。
 「社会正義の実現・・・」なんて青臭いTVドラマみたいなレベルでは、まったく動いていないのだ“日弁連”は!
 心の奥底では信じていた(信じたかった)ものが、朝鮮総連のお陰で、存在しないことがハッキリ分かりました。
 (まあ、人と人の争い事に、口八丁で金儲けしてる輩なんて信じられると思うのがバカだったね。本当に正義感あふれる弁護士もいるだろうが、そんな人は、日弁連のお偉いさんに離れないだろうしね!)

スポンサーサイト
  • Genre:

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/84-0ce951ce この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー