1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 「豪腕」も今は昔・・・「消費税反対」という大衆迎合に望みをかける生粋の土建収賄政治屋、「老害」の極みですな!

「豪腕」も今は昔・・・「消費税反対」という大衆迎合に望みをかける生粋の土建収賄政治屋、「老害」の極みですな!

<消費増税反対で署名集めへ=民主・小沢系が主導>  (2011/12/02 時事ドットコム)
 民主党の小沢一郎元代表を支持する同党議員が中心となり、野田佳彦首相が年内の政府・与党方針決定を目指す消費増税に反対する署名活動を始めることが2日、分かった。増税反対派が具体的行動に出ることで、消費税をめぐる党内対立が激化しそうだ。
 反対派は消費増税について、2009年の衆院選マニフェスト(政権公約)に反するとして「政権交代の原点に返るべきだ」と訴え、阻止する構え。週明けにも署名集めに着手し、小沢グループ以外の党所属議員にも幅広く賛同を募る。
************************************************************
ぼへー 昔は「豪腕・・・」なんて随所で持ち上げられていたので、コッチも本気にしてしまった時代が有りましたね。
今では、すっかり化けの皮がはがれ、田中角栄さんから良い面を取り除き、悪い面だけ集めた政治屋を作るとこうなるという存在に過ぎなくなってしまいましたね。
何の政治的信念・展望・ビジョンも無く、その時々の時流に応じて変節し、大衆迎合を繰り返すこの老土建収賄政治屋の姿は、滑稽を超えて哀れを誘い正視に耐えなくなりつつありますね。
取り巻きの連中も面従腹背の観がありありなところも哀れを誘います。
これ以上晩節を汚さず、おのれの裁判に専念していた方がよいと思いますが・・・
「消費税反対・・・国民の生活が・・・」
~とか言い出していますが、こんな何の展望も無い土建収賄政治屋の本音がそんなところに無いことは、もはや誰の目にも明らかです。
「消費税反対」ということで、大衆迎合するとともに、ようやく消費税を上げようというまともな政策をとろうとしている執行部に反対する連中の支持を集め、何とか復権を目指そうということでしょうが・・・
 そもそもこんなにカネに汚く、公金で私腹を肥やすことだけが政治屋としての命題である人間が、政治資金に関わる裁判で一審が有罪にもかかわらずノウノウと政治屋を続けられていること自体が、いかに日本の社会にとってモラルを破壊し害毒を流していることか。

 そもそも政治資金について起訴までされ、一審が有罪の政治屋など、常識的に考えて「辞職」が、当然であるのに・・・
民主党は、野党時代にはどれだけ与党に対して「政治とカネが・・・」「議員辞職が・・・」といってきたことか!
与党になった途端、そんなことは忘れ果て・・・
一審有罪の議員すら事実上処分なしですから。
民主党は、今度野党になっても、「政治とカネ」については、何も言ってはいけないでしょうね。
こんな政党もはや「政治とカネ」については、何も言う資格はないでしょう・・・というか、政治腐敗を自ら認めた政党と言えます。
いまだに小沢のような土建収賄政治屋と手も切れず、大きな影響力下にあるこんな政党で、この国が良くなるわけもないわ。

<いまだに小沢支持するバカ>
 いまだに「剛腕が・・・」「乱世の小沢・・・」とか言ってるアンポンタンがいますが、そんなこと言っている連中は、小沢の息がかかっているか、小沢の本性も見抜けない真正のアホですから・・・
こんな連中の意見は、聞く価値もないです。
 所詮小沢という政治屋の本質は、故田中角栄氏が築いた「土建収賄型政治屋」の長所を取り払いスケールダウンした劣化版に過ぎません。
「土建収賄型政治屋」などという輩が世の中と整合性を持って存在できたのは、田中角栄氏の時代であったからです。
まだ日本も公共インフラの整備が行き届かず、経済は右肩上がり、税収も増加が見込める・・・
そんな時代だったからこそ、土建収賄政治屋も公金を貪る連中とはいえ、必要悪として存在できました。
 そんな時代性のなかで育まれた「土建収賄政治屋」を・・・
・「経済成長も止まり」
・「公共インフラも十分行き渡り」
・「国家財政は長年の建設国債・赤字国債で破綻」
~こんな状態の日本でいまだに続けようとする小沢。
 「剛腕」などと持て囃しているが、その権力の源泉の元をたどれば、結局は「公共事業などを牛耳り、公金からピンハネしたり、利権がらみで収賄してきたカネ」ですから・・・(まるで後進国の政治屋!)

<復興財源のピンハネ狙う土建収賄政治屋!>
 こんな土建収賄政治屋を万が一にも、現在表舞台に登場させたところで、震災復興財源で小沢自身と取り巻き連中が懐を肥やすだけで、復興はおろか・・・日本の破綻・没落を早めるだけであることは、少し知性のある方なら自明の理です。
いまだに小沢にすり寄る連中など、小沢派の票が欲しくて、その上土建収賄利権のおこぼれにあずかろうとしているダニみたいな連中に過ぎません。
これは、いまだに「小沢先生について行く・・・」なんて言っている政治屋の顔ぶれを見れば、一目瞭然です。
脂ぎって、魚の腐ったように目が淀んだ連中ばかりですから・・・
 おこぼれに与れるわけでもないのに、小沢を支持しているおバカさんって、ホントにいわゆる“小沢派”(おこぼれに与る連中)の人相を見たことあるのかしら?
見てても支持しているとしたら、よくよく人を見る目ないから・・・「オレオレ詐欺」に騙されないように気を付けてね!!

 純真な民主党支持者よ!
そろそろ自らの支持する政党の政策を見つめ直したほうが良いですよ。
自民党を批判し、「クリーンな政治・・・」とか言っていたのに・・・実際には国民をダマくらかして、
・今や本家の自民党にすらいない様な、本格的な土建収賄政治屋が、ノウノウと存在しているモラルハザード政治。
・いまだに「消費税反対」なんていう大衆迎合で、問題先送りし、「建設国債」発行しまくり、公金をピンハネし私腹を肥やし、最終的に子や孫の将来世代の負担を増加させ続けようとする政治
~こんな政治をいつまで続けることやら?
「民信無くば立たず」・・・老土建収賄政治屋には、是非この言葉を噛み締めて欲しいものです。

ぼへー 一審有罪の土建収賄政治屋に何も言わない民主党政権。世も末ですね。野党時代は、「政治とカネ、政治とカネ・・・」と騒いでいたのにね・・・
   ↓
************************************************************
<小沢氏喚問に否定的 野田首相「法廷を注視」>   2011/12/05 MSN産経ニュース
 野田佳彦首相は5日、衆院予算委員会の「政治とカネ」問題集中審議で、政治資金規正法違反事件で公判中の小沢一郎民主党元代表の証人喚問について、「法廷の場で説明すべきもので、その動きを注視したい」と否定的な考えを重ねて示した。
 自民党の稲田朋美氏はマルチ商法業者から献金を受けた山岡賢次消費者行政担当相の辞任を要求。首相は「政治家としての経験、蓄積を踏まえて適任と判断した」と述べた。
************************************************************

ぼへー 本当にカネに汚い土建収賄政治屋、その上政治資金収支報告書にはウソしか書かない。
こんな報告書で秘書しか責任を問われないザル法を早く何とかするのが政権政党の責任ですな。
   ↓
************************************************************
<小沢氏側、2300万円記載に虚偽 収支報告書 外貨預金の損失分> 産経新聞 12月1日
 民主党の小沢一郎元代表の関係政治団体「誠山会」(解散)が保有資産の一部を外貨預金していた問題で、同会が平成21、22年に「換算差額」として損失を計上し、都内の銀行支店に支払ったとされる約2千万円について、実際は支払われていなかったことが30日、関係者への取材で分かった。小沢氏の資金管理団体「陸山会」でも昨年、損失計上されていたことが新たに判明。虚偽記載を禁じた政治資金規正法に抵触し、計約2318万円が裏金化していた疑いがある。
 これまでの産経新聞の取材で、誠山会は100万米ドル(21年12月28日時点で約9200万円)余りを外貨預金していたことが判明している。
 総務省が30日公開した陸山会の政治資金収支報告書によると、同会は昨年12月31日、その他の経費として、株価や為替の変動によって出た利益や損失を意味する「換算差額」約338万円を計上。「支出を受けた者の名称」として、都内の銀行支店の名前を記載した。また、誠山会が計上した21、22年分の損失計約1980万円についても、同支店に支出したと収支報告書に明記されている。
 ところが関係者によると、両団体から同支店に対し支払いが行われた事実はなく、支出に関する収支報告書の記載に虚偽があったことになる。
 関係者の話を総合すると、小沢氏側は誠山会が解散する直前の昨年10月中旬、同会にあった100万ドル余りを、小沢氏が代表の民主党岩手県第4区総支部を経由し、陸山会に移動した。収支報告書には同時期に約9588万円が同ルートを通じて移動したことが記載されており、この大半が外貨だったとみられる。
 関係者はこの100万ドル余りについて「移動のために引き出した以外は、ほぼ手つかずで残っている。円に換金もしていない」と証言。為替の変動による損失は一般に外貨を円に換金した際に生じるため、損失を支出として計上する理由はなかったという。小沢氏側は損失確定前の「含み損」を支出計上した可能性があり、両団体から換算差額名目で引き出された約2318万円が支出先不明のまま、裏金化した恐れがある。
 規正法は収支報告書への虚偽の記載を禁じ、違反すれば、禁錮5年以下または100万円以下の罰金が科される。元最高検検事の奥村丈二中央大法科大学院教授(刑事法)は「支出が行われていないのを知りながら、記載したとすれば虚偽記載にあたる可能性がある。報告書には外貨預金との説明もなく、不合理な記載があること自体が国民の信頼を裏切る行為だ」としている。
 小沢氏の事務所からは30日までに、取材への回答はなかった。
************************************************************

blogram投票ボタン


                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/852-2f200ac9 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー