1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 「秘書のセイ・・・、記憶にない・・・」~こんな見飽きた茶番劇をいつまで見続けなければいけないのか?この国の土建収賄政治は未来永劫変わらんのか?

「秘書のセイ・・・、記憶にない・・・」~こんな見飽きた茶番劇をいつまで見続けなければいけないのか?この国の土建収賄政治は未来永劫変わらんのか?

<「秘書に一切任せていた」=被告人質問で小沢元代表―陸山会事件公判・東京地裁>   時事通信 1月10日
 資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐり、政治資金規正法違反(収支報告書の虚偽記載)罪に問われた民主党元代表小沢一郎被告(69)の第12回公判が10日、東京地裁(大善文男裁判長)であり、被告人質問が行われた。小沢被告は「土地購入を了解し、手持ちの資金を出した段階で私の関与は済み、その他の実務的なことは一切(秘書に)任せていたので分かりません」と述べ、収支報告書の記載への関与を改めて否定した。
 土地購入費の4億円については、「(陸山会との)貸し借りの認識はなかった。(原資は)両親からの相続や印税などの現金」と述べた。
 弁護側の質問に小沢被告は、政治団体の事務などを秘書に任せていたと説明。「重要なことは報告させていたか」と問われ、「任せた仕事について、いちいち検証し、干渉していたのでは任せる意味がない」と話した。
 陸山会の会計責任者だった大久保隆規元公設第1秘書(50)が、実際には収支報告書の作成などに関わっていなかったと公判で証言したことについては、「事実だと思う。問題ではない」とした。
 小沢被告は土地取引の経緯を、「秘書の数も多くなり、寮が必要ということで購入の話が進んだ。いい土地が見つかったという話を聞き、購入することで合意したと思う」と説明。土地を購入すると政治活動に支障を来すと秘書に言われ、「それじゃあ自分の手元にある金を用立てよう、となった」と述べた。
 購入金額については「土地を購入して寮を建てる建築費まで入れて、粗々4億円と聞いたように思う」と説明した。 
************************************************************
ぼへー「秘書のセイ・・・」と言って、自分の政治資金についての虚偽の報告の罪を押し付け、秘書をすげ替え、政治屋本人は、ノウノウと今まで通り「土建収賄」で私腹を肥やし続ける。
・・・土建収賄政治屋稼業のあり様は、暴力団ソックリですね。

 こんな見飽きた茶番劇をいったい日本人は、何回見なければいけないのだろうか?
枝葉末節は違えど、毎回毎回、、土建収賄政治屋が主人公。
「秘書のセイ・・・」とあたかも「水戸黄門」の印籠のように、決めゼリフを繰り出し、結局悪人が栄えて大団円という物語ですから・・・
「勧善懲悪」ならぬ「勧悪懲善」の物語を長年に渡り、繰り返し・繰り返し見せられては・・・日本の国が良くなるわけありません。
もうご本家の「水戸黄門」ですらシリーズ終了したのですから、「土建収賄政治」も終了してもらいたいものです。

<小沢の政治資金裁判の本質とは?>
 今回の小沢の政治資金問題も、マスコミや評論家は、現行の政治資金規正法で「小沢が無罪かどうか?」「検察の横暴が?」なんてどうでも良い視点の話を繰り広げているが・・・そんなことはどうでも良い話です。
そもそも、「億単位」で政治資金収支報告書にウソを書いても、「秘書のセイ・・・」にしてしまえば、土建収賄政治屋自身は、何ら罪に問われないという、日本の「政治とカネ」の無様な有様そのものがさらけ出されることが重要なのです。

 もはや「土建収賄などで私腹を肥やす」という事は、日本の政治屋の伝統技能となってしまいました!
そして、嘆かわしいのは・・・何十年とそのような状況が続こうとも、土建収賄により私腹を肥やすという利権にしがみつき、全く改革しようともしない政治屋の自浄能力の無さ加減!
そして、今回、久しぶりの大物土建収賄政治屋「小沢」が登場し、「無罪」となることで、改めて日本政治の恥部が、大きく白日の下にさらけ出されることでしょう。
今回小沢が無罪になることで、所詮は、「政治資金規正法」なんぞ世論対策向けの空証文に過ぎず、コンプライアンス・情報開示といった現代味の全くない、時代劇に出てくる「越後屋、お前もワルよのう・・・」と言う「悪代官」そのままの政治屋の実態が明らかになります。

<政治資金規正法というマヤカシ>
 そもそも土建収賄政治により私腹を肥やすという点で利害が一致し、大同団結している日本の政界で、政治屋自身が自分達を取り締るような法を制定するわけがなかったのですから・・・今回の小沢の政治資金裁判では、どちらかというと「小沢が無罪になること」に意味があります。
検察審査会が国民目線で考えて、正義を実践しようとする努力には、頭が下がりますが・・・
 所詮、土建収賄政治屋が、自らの政治資金について、
・「億単位であろうが!」
「出所もあやふやであろうが!」
「秘書のセイにしとけば!」
・・・「見事、無罪放免!」という法律になっていますからね。
 
 まるで後進国・独裁国のように腐敗し、公金で私腹を肥やすことしか考えていない日本の政治屋の意地汚い姿を国民に見せつけられます。
(当の小沢自身は、「天下国家のことだけ考えている・・・」とか言っているが、どの口が言うのやら!私腹肥やすことしか考えない天下国家の正反対にいる御仁が・・・。)
そして、現在の日本の政治屋に「土建収賄」という後進国的既得権を手放す気もなく、政権交代という大きな好機を経てもなお、自ら正す気概も意思もないことが、この大物土建収賄政治屋の無罪により決定的に示されることとなります。

 現在、政治屋以外の世界では、コンプライアンス・情報開示が進み、不正や腐敗といったものに厳しくなっている一般国民にとって、ますます「政治屋を下賤なものと見做す」意識を加速できるでしょう。
まさに「信無くば立たず」であり、もはや政権交代してもこれでは、既存の政治屋など信ずる人など皆無になりますね。

 所詮、現在の政治資金規正法など・・・
かつて、例の如く土建収賄政治が明るみに出て、「政治とカネ」が問題となった時期に、「政治資金を取り締まる法を作りましたよ~!」と、国民世論を鎮めるために、作った世論対策用の「ザル法」に過ぎません。
今までも、政治資金収支報告書などウソだらけで、政治屋の「カネ」の問題を正すことに、全く何の効果もありませんでした。

<小沢無罪が国民に問いかけるもの>
今回、小沢が無罪になれば、「出所も怪しげなカネを、億単位でウソ書いても政治屋本人は無罪・・・!」
結局日本という国の政治屋は、土建収賄して公金で私腹を肥やそうが何をしようが、下賤な政治屋自身が作る「自分たち政治屋だけは何をしても捕まらない法律」に守られる。
そして、「法は、犯していない!何が悪い!」と開き直るだけ・・・自ら立法するだけに、ホリエモンの百倍タチが悪い連中です。

 この無間地獄かのように続く、醜悪な政治屋のありさまを、先達は草葉の陰からどのように見ていることやら・・・
本当に、「政治屋の腐敗ぶり」だけは、北朝鮮や中国を笑えません。
否!北朝鮮や中国のように一党独裁であれば、腐敗するのも当然で・・・
日本の場合、一党独裁でもないのに、この醜悪な政治状況というのは、ある意味、中国・北朝鮮など相手にならないほどの政治屋の腐敗ぶりと言えるでしょう!
政権交代しようが、党派やイデオロギーも超え、「土建収賄政治」を軸に収斂し、自らの私腹を肥やすことだけに奔走する日本の政治屋達!
国家の財政も破綻状態の上、大震災も起こる国難の中・・・何とも浅ましく、意地汚い連中であることか・・・

 坂本龍馬ではないが・・・「日本を洗濯致したく候…」という時期ですね。
今いる政治屋なんぞ、どれだけいても何の役にも立ちません。
小沢無罪の暁には・・・小沢に代表される土建政治屋の延長線上に、日本の未来などないことにそろそろ国民も気付くべきですね。




blogram投票ボタン

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/871-6f488647 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー