1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. 「つながらないスマートフォンなんて・・・等々」、散々ライバル企業を「ネガティブキャンペーン」しておいて、自分は大規模通信障害起こしまくり!auもドコモもみっともない!

「つながらないスマートフォンなんて・・・等々」、散々ライバル企業を「ネガティブキャンペーン」しておいて、自分は大規模通信障害起こしまくり!auもドコモもみっともない!

<ドコモまた通信障害、背景にグループの足かせ  関西で一時通話不能> 日本経済新聞 2012/2/8
 NTTドコモは7日、関西地方で携帯電話の音声通話ができなくなる通信障害が発生したと発表した。通信障害は今期8度目。1月に総務省から行政指導を受け、通信障害対策に乗り出していたが、設備・運用面で根本的な体制の見直しが急務となる。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の契約者獲得競争でもドコモはソフトバンクやKDDIに競り負け、苦戦を強いられている。
 通信障害は7日午後2時1分に発生し、約40分間続いた。工事の際に通話に使うための音声交換機に不具合が起きたのが原因という。予備の設備に切り替えることで復旧した。対象地域は大阪府、京都府、和歌山県、兵庫県、滋賀県、奈良県の全域と広範囲で、数百万人に影響が出たもよう。
■グループ足かせ
 これまでの障害は主にスマホの急増に伴うデータ通信の能力不足が原因だったが、今回と1月27日に東北地方で起きた障害は音声系の設備が原因で、「もぐらたたき」の状況が続いている。
 ドコモはこれまで強固な通信インフラを生かした「通話品質」を売り物にしてきた。ただこの数年の設備投資は7000億円の水準で横ばい。スマホ普及で爆発的に増える通信量に設備や人員が追いつかない状況だ。
 高収益のドコモが人員や設備に十分な資金をかけられない背景には、NTT持ち株会社との関係があるとみられる。NTTグループは固定通信の収益が長期低落傾向にあり、ドコモに収益を依存せざるを得ない状況。
 2011年3月期はドコモだけでNTTグループの連結営業利益の7割を稼ぎ出しており、その重要性は高まるばかりだ。一方で「ドコモの設備投資はNTT持ち株会社の計画に縛られるため、独自で大幅増額できない」(証券アナリスト)というジレンマがある。
■人材融通難しく
 一連の通信障害を受け、ドコモはようやく交換機やサーバーなどの増強に着手した。しかし「基地局の配置など電波を発信する部分ではノウハウがあるが、IP、サーバーの扱いには慣れていない」(総務省)との指摘もあり、人材の確保や運用ノウハウの積み上げが課題になっている。
 NTTグループにはNTTデータやNTTコミュニケーションズなどがインターネット技術者を多く抱えているが「グループ内で技術者を融通しようとしても、どの会社も慢性的に技術者が不足している」(NTTグループ会社幹部)という事情があり、抜本的な問題解決には時間がかかる恐れもある。
************************************************************
<ドコモ通信障害 会見で謝罪繰り返す>     産経新聞 1月26日(木)
 東京都心部などで25日朝、約4時間40分にわたりNTTドコモの携帯電話の音声通話やメールがつながりにくくなった問題で、同社は26日に開いた会見で、新型のパケット交換機3台を導入したばかりにもかかわらず、機器がダウンしたことについて「(スマートフォンの)通信量の増大に対する見積もりが甘かった」などと謝罪した。
 1時間当たりの「信号量」が想定の約1・3倍になり、負荷の原因となった「制御信号」はユーザーが操作しない状態でも絶えず発信されているため、「信号量が把握しがたかった」とした。
 また「制御信号」の増大につながったスマホのアプリについては、パケット通信を使って“無料通話”ができる「VoIP」やチャットなどの「コミュニケーションアプリ」としたが、具体的なアプリ名については「特定に至るものではない」と明らかにせず「(携帯電話の)各キャリア共通の問題であり、情報交換を進めたい」などとした。
 また、通信量の抑制のため、同アプリの機能を制限する可能性については「(スマホの利便性を確保するため)制限するようなことはしたくない」とした。
 再発防止については、全国のパケット交換機の一斉点検を2月中旬までに行い、必要に応じて増設などの対策を行うとした。
************************************************************
<auスマートフォン、全国で通信障害……現在は復旧>   2012年2月9日 RBBTODAY
9日の午後4時頃から、KDDI(au)スマートフォンのデータ通信が繋がりにくくなる障害が起きていた。現在は復旧している模様。
 KDDI公式ページでは、一部のユーザーについて、auデータ通信の一部サービスと法人向けの一部サービスが利用しずらくなっていたと発表。対象地域は全国で、原因は設備故障となっている。詳細な影響エリアなどは確認中とのこと。
 Twitter上では、「ネットがつながらない」「メールが受信できない」といった内容の書き込みが多くみられ、編集部でも試したが、3G回線ではWEBブラウジングが繋がりにくくなっていた。また、ガラケーでは問題なく繋がっていたようで、スマートフォンのみに影響があったとみられる。
************************************************************
<KDDIも通信障害…7万回線強・3時間半>  読売新聞 1月26日(木)
 KDDIは26日、25日深夜から約3時間半にわたって通信設備が故障し、東京都多摩地区で、一部の携帯電話や固定電話から通話やデータ通信ができない障害が発生したと発表した。
 影響を受けたのは、携帯電話を除いて約7万2000回線で、同社で詳しい原因を調べている。
 同社によると影響が出たのは昭島市、立川市、国立市など11市町。携帯電話はiPhone(アイフォーン)など7機種。
************************************************************
ぼへー日本では、謙譲の美徳といった精神文化の影響もあり、企業の広告においても、比較広告のような露骨な方法はあまり良しとしないものです。
しかし、iphoneの大ヒットで調子付くソフトバンクを横目に、よほど悔しかったのでしょうが、ドコモやauは、
・「つながらないスマートフォンなんて……」
・「「つながるスマートフォン つながるau」」
・「つながる!はじめる!NTTドコモ」
・「エリア満足度NO.1、通信品質満足度NO.1」
~等々と、アメリカの大統領選挙のように、相手の弱みを殊更に攻撃する「ネガティブキャンペーン」広告を打ちまくってきました。

 しかしてその実態は、上記の記事のように「自分たちもつながらない!」という体たらくですから・・・
ドコモに至っては、大規模なメール障害を起こし、通信障害だらけです。
「つながりにくい」「遅い」どころか、完全にストップですから、何をかいわんや・・・
これでは、「つながる・・・」といった宣伝を信じて購入した顧客にとっては、サギみたいなものですね。
「(スマートフォンの)通信量の増大に対する見積もりが甘かった・・・」って、そんな状態で大々的に「ウチは、つながるヨ・・・!!」なんてキャンペーンが出来たものです。

 このような日本の企業の姿を見るのは、本当に悲しくなりますね。
一体何時の頃からでしょうか、企業がこんなに恥知らずでみっともなく劣化してしまったのは・・・
企業広報なんかでは、モットモらしく「コンプライアンスが・・・」「顧客の信頼が・・・」などと滔々と語るわりには、実際の企業の行動は・・・
        ↓
・iphoneのような革新的な商品を官僚的な体質の為に、導入できなかった揚句、素直に自分たちの失策を認めることもなく・・
        ↓
・iphoneの急速な普及により「つながりにくい」という相手の弱みを、ここぞとばかりに取り上げ「ネガティブキャンペーン」!
        ↓
・自分たちも「スマホ」が普及し始めると同じ穴のムジナ・・・

 ライバル企業の弱点には厳しく、揚げ足取りばかり・・・しかし、自らには極めて甘い上に、顧客には誇大広告の垂れ流し!
「つながる・・・つながる・・・」とこれだけ宣伝しておいて、通信障害だらけと来ていますから・・・
人の欠点あげつらうなら、よほど自らはシッカリしていないとね!
ドコモやauのユーザーは、規制に甘える独占的トップ企業として業界に君臨し、役人体質の抜けない幹部を糾弾し、厳しくお灸をすえた方が良いでしょうね。(東電とドッコイドッコイですな!)
独占的な企業としてロクに競争もせず、高い料金を取り続けた儲けは、設備増強に使わずどうしたことやら?
アメリカなら気の利いた弁護士が消費者をたきつけ、多額の賠償を求めて訴訟されているようなケースですからね。



ぼへー ドコモに至っては、「つながる」どころか「通信障害の総合商社」状態。お役所体質で全く対策は進んでいない?
規制業種の代表格ですから監督官庁にも「つながる」詐欺商法に、まともな指導を期待したいね。所詮こうゆう企業は、顧客ではなく役所しか見ていないわけですから・・・
     
************************************************************
<総務省が相次ぐ通信事故でNTTドコモを指導--電通法の違反も>  CNET Japan 1月26日
 総務省は1月26日、NTTドコモに対して同社が提供する携帯電話サービスにおいて生じた事故を踏まえ、再発防止策を含む対策などを早急に講じ、その実施結果を報告するよう指導した。
 具体的には、総合通信基盤局長名の本日付けの文書により、以下の観点を踏まえた再発防止策などを早急に実施するとともに、その実施結果、今後の取り組みを3月30日までに報告するようにした。
利用者や通信量の増加に適切に対応するための電気通信設備の配備
電気通信設備の故障等の発生に対応するための適切な予備設備の配備及び監視体制の構築
過負荷試験等を通じた輻輳防止
通信の秘密の保護及び個人情報の保護
利用者に対する適切な対応
 同省では、ドコモが提供する携帯電話サービスにおいて、2011年4月以降4件の重大な事故が発生しており、2011年6月6日の事故を除くとスマートフォンにかかるもので、スマートフォン利用者が急増する中、システムの信頼性を向上させる対策などの必要かつ適切な措置が十分に講じられていなかったことにより発生したものと考えている。
 特に、2011年12月20日に発生した事故では、利用者のメールアドレスやメール本文などが漏えいしており、電気通信事業法(昭和59年法律第86号)第4条第1項に規定する通信の秘密の漏えいがあったものと認められるという。さらに、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)第20条及び電気通信分野における個人情報の保護に関するガイドライン(平成16年総務省告示第695号)第11条第1項に規定する安全管理措置義務に違反するものであるとも認めている。
総務省が公表した事故の概要
2011年6月6日に発生した事故(携帯電話の音声通話、パケット通信が利用しづらい状況となった事案)
・影響時間:13時間9分
・影響サービス:音声通話、パケット通信(電子メール、インターネット接続等)
・影響利用者数:約150万
・原因:利用者の位置情報等を格納するサービス制御装置が故障。装置に故障が起きた際の切り替え手順の不具合により正常な装置についても予備装置に切替を実施。それに伴い多数の端末から一斉に位置情報の再登録の要求が行われたことにより、サービス制御装置の処理能力が大幅に低下。
2011年8月16日に発生した事故(SPモードのパケット通信が利用しづらい状況となった事案)
・影響時間:7時間
・影響サービス:SPモードに係るパケット通信(電子メール、インターネット接続等)
・影響利用者数:約110万
・原因:SPモード用中継スイッチが故障。いったんネットワークから切断された多数の端末から一斉に接続に係る認証要求が行われたことにより、認証サーバの処理能力が大幅に低下。
2011年12月20日に発生した事故(SPモードメールにおいて、一部利用者のメールアドレスが別の利用者のメールアドレスに置き換わる状況等が発生した事案)
・影響時間:5時間38分
・影響サービス:SPモードメール
・影響利用者数:約2万(うち、通信の秘密の漏えいに係る利用者数は2,017、個人情報の漏えいに係る利用者数は6,619)
・原因:伝送路故障に伴い、いったんネットワークから切断された多数の端末から一斉に接続に係る認証要求及びIPアドレス割当要求が行われたことにより利用者情報を管理するサーバの処理能力が大幅に低下し、電話番号とIPアドレスの関連付けに不整合が発生。
2012年1月1日に発生した事故(SPモードメールの送受信がしづらい状況となった事案)
・影響時間:3時間15分
・影響サービス:SPモードメール
・影響利用者数:約260万(うち、不達メッセージを受信できなかった利用者数は、約20万)
・原因:利用者のメールボックス情報等を格納するサーバへの問合せ件数が同時アクセス数の上限値を超過したことにより、同サーバの処理能力が大幅に低下。
2012年1月25日に発生した通信障害(携帯電話サービスが利用しづらい状況となった事案)
・影響時間:4時間42分
・影響サービス:携帯電話(FOMA)に係る音声通話、パケット通信(電子メール、インターネット接続等)
・影響利用者数:最大約252万
・原因:1月25日未明に切り替えたパケット交換機が不安定な状態になった。その後、通信需要が急増したことにより、通信輻輳が拡大したため、通信規制を実施(最大70%)。
************************************************************




blogram投票ボタン

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/889-b968e8c0 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー