1. Top » 
  2. 社会・安全 » 
  3. 桜の開花も近いですが・・・放射能汚染された土壌での「お花見禁止」を表明する“心ある”政治屋・首長・マスコミは現れないのか?

桜の開花も近いですが・・・放射能汚染された土壌での「お花見禁止」を表明する“心ある”政治屋・首長・マスコミは現れないのか?

<拡散予測、米軍に提供 事故直後に文科省>     2012/01/16 【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故直後の昨年3月14日、放射性物質の拡散状況を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による試算結果を、文部科学省が外務省を通じて米軍に提供していたことが16日、分かった。
 SPEEDIを運用する原子力安全委員会が拡散の試算結果を公表したのは3月23日。公表の遅れによって住民避難に生かせず、無用な被ばくを招いたと批判されているが、事故後の早い段階で米軍や米政府には試算内容が伝わっていた。
************************************************************
<文科相ら「公表できない」 SPEEDIの拡散予測>
 東京電力福島第1原発事故5日目の昨年3月15日、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による放射性物質の拡散予測について、当時の高木義明文部科学相ら政務三役や文科省幹部が協議し「一般にはとても公表できない内容と判断」と記した内部文書が作成されていたことが2日、同省関係者への取材で分かった。
 文科省は「事務方が作ったメモだが不正確。公表の具体的な判断はしなかった」と内容を一部否定している。
 事故直後のSPEEDIの試算公表をめぐる文科省の議事録などは公表されていなかった。予測は原子炉内の全ての放射性物質の放出を想定し、文書には「関東、東北地方に放射性雲が流れるとの結果が出た」と広範囲な流出も記載、文科省が最悪の事態を想定し計算を繰り返していたことが明らかになった。
 文書は昨年3月19日付。政務三役らが出席した15日の会議で、試算結果を三役が見て「一般には公表できない内容であると判断」と明記され、より標準的な内容のデータを用意することになったとしている。
 当時副大臣だった鈴木寛参院議員は共同通信の取材に「全量放出との前提は現実にはありえず、パニックを呼ぶ恐れもあった」と説明した。
 文書は、翌16日の三役会議の様子も記載。文科省はデータの提供に徹し評価はせず、今後は原子力安全委員会が公表すると鈴木副大臣が提案、合意された、としている。
 政府の事故調査・検証委員会の中間報告に、こうした経緯の概略は記されたが、詳細は分かっていなかった。
 民間の有識者でつくる「福島原発事故独立検証委員会」(民間事故調)は報告書で、SPEEDIの公表をめぐる文科省の対応を批判、データ公表が遅れた一因となったと指摘した。
************************************************************
戦後もっとも大きな事件の映像    / 武田邦彦教授ブログ
genpatsuphoto.jpg
************************************************************
ぼへー 東日本大震災から一年経ち、桜の季節を迎えようとしています。
今回の大震災、それに伴う原発事故で本当に愕然としたのは、この国の政治屋には、「国民の生命・安全を守ろう。」という気概も真摯さも全くないことが明らかになったことでしたね。

<人命軽視してまでの責任逃れ・情報隠しに悄然とした大震災>
 一年前の震災直後を思い返してみると・・・
日本政府は「安全、安全」と言っているのに~
「米軍は、原発から80㎞避難命令・・・」
「フランスは国外退去命令・・・、チャーター機が・・・」
~といった外国政府の動向が、明らかとなり、外国人はドンドン帰国していきました。
 その時点では、不肖ながら、日本政府の「安全、安全・・・」という発表が、まさかデマカセとは思っていませんでしたから、能天気なことに~
「枝野さんも寝ないで頑張っているのにね・・・」
「関東は、安全なのにね・・・」
「所詮外国人なんぞ、イザというときはデマに煽られて、アタフタ帰国してしまう・・・、アテにならん奴らよ・・・」
~なんて思ったものでした。

<信頼される政府の対応とは>
 しかし、後になって、徐々に真相が明らかになるにつれて、デマに煽られていたのは、自分達の方であったことが分かると、本当に悄然としましたね。
(近年は、情報公開・コンプライアンスなどという流れもあったので・・・日本の政府がここまで人倫に反し、国民の生命安全にかかわる隠ぺい・情報操作をするとは、甘チャンながら思いませんでしたね。)
慌てて国外へ出て行った外国人の方が、科学的で正しい選択であったとは・・・当時の自分の浅薄さは、恥ずかしい限りです!
それにつけても、日本のような本国から遠く離れた国で起きた原発事故のような状況においても、自国民の生命安全を守るために、出来る限りの情報収集を行い、事故直後の放射能雲の影響で高線量となった大気による内部被爆から自国民を救った「米国」や「フランス」政府には頭が下がりますね。
本国からの退避命令により、被爆から救われた国民は、きっとその後も自国の政府に信頼を持てるでしょうね。

<何とも恥ずかしくなる日本の政府>
 翻って、当事者たる我が日本の政府はと言えば・・・
多数の国民が居住する関東地方に、放射能雲の影響で高線量となった大気による内部被爆が、刻一刻と及ぼうとしている最中も・・・
首相は癇癪を起こすだけ!
SPEEDIといった、本来国民の被爆を救うはずであった情報も握り潰し、退避命令も出さなかった。
例え、退避命令が出ていたとしても、大半の国民は仕事の都合等で、避難は出来なかったかもしれません。
 それでも、事故直後、数週間程度の本当に線量の高い大気による被爆を避けうる情報を、政府が真摯に提供してくれていれば・・・国民の信頼感は、相当違ったものになっていたでしょう!
政治屋たちの責任逃れによる情報の隠ぺいによって、結局、多くの国民が被爆してしまいました。
近年は、機会あるごとに~
「コンプライアンスだ・・・」
「情報開示が・・・」
~などと話題にされるが、国民の生命・安全に直接関係する「放射能汚染」について、隠ぺいしているようでは、本末転倒。
これを開示せず、何を開示するのか?
結局、日本の「情報公開」など、言われるからイヤイヤ取り組んでいるだけで、いかに真摯な気持ちで取り組んでいないかが分かりますね。

<とどまらない被爆・・・汚染された土壌で「お花見」をして国民が被爆しようが、政府の知ったことではないという事!>
 何はともあれ、ようやく一年、桜の開花も近づきました。
いまだに政府は、国民の生命安全に関わる放射能による土壌汚染については、大規模で体系だった調査もせず、原発事故はあたかも終息し、もう安全であるかのように誤魔化しています。

 このままでは、関東をはじめ、特に東日本の放射能に汚染された各地でも、例年の如くブルーシートをひいて、多くの人が花見に興じてしまうのではないでしょうか。
特に、小さな子供が、喜んで「お花見」している姿・・・できれば見たくありませんね。
悲しすぎますから・・・

 いまだ日本政府は、花見について、何らコメントしませんね・・・
責任云々でなく、本当に「国民の生命・安全」の観点から、少なくとも「地べたに座って飲食する花見の禁止」を発表する政治屋・首長はいないものなのか?
このまま放射能に汚染された土壌に座って、飲食して内部被爆を重ねる子供たちを見ても、本当に何も思わないのか?
せめて、心あるマスコミは、動かないのか?
「絆が・・・」「食べて応援・・・」
~とか、愚にもつかないことばかり垂れ流していないで、「Stop、お花見キャンペーン」でもやらないのか?
(所詮、放送免許や記者クラブなどでの不利益を恐れて、政府のご機嫌損ねるようなことはできないか・・・)

<国民もしっかりしないと!戦前を笑えないよ!>
 いくら日本政府が(大本営的に)放射能による土壌汚染について触れないようにしているとはいえ・・・
桜が咲いたからと言って、喜んでブルーシートを広げて、子供も一緒に、お弁当食べて、酒飲んでいるようでは、国民(特に、東日本)にも問題あるとしか思えません。

 第二次大戦について、「米国に勝てると思ったのかしら?当時の国民はバカだな~!」なんて言ったりしますが・・・
放射能で土壌汚染した土地で、地べたに座って花見している国民も、レベル的には、大して変わりません。
マトモな知識を持っている人が見れば、「自暴自棄になった連中」位にしか見えませんから。

 謙譲の心や我慢を知る日本人・・・素晴らしい国民性です。
しかし、「何をされても甘受する。」「正しい知識に基づかない情緒的な判断。」といった辺りは、かなり重症な短所かもしれませんね!

<「安全・安心」は良いことだろうが、正しい優先順位があればこそ!>
日本人は今まで「安心・安全のため」~
「賞味期限が切れた食品が販売された・・・」
「副流煙が・・・」
「福島のがれきなど絶対に受け入れん・・・」
~などと言ってきましたが、今回、関東でお花見はするんでしょうかね。
もし、今まで通り、お花見を盛大に行うとしたら・・・
リスクの軽重の判断が完全におかしいでしょう。
そんなリスク犯せるなら、被災地のがれきなど受け入れても問題ないでしょうし、副流煙・賞味期限切れなど大した問題ではありません。

ぼへー  来週あたり、テレビで「週末、関東各地は、お花見で、すごい人出です・・・」なんてニュースが流れるのかな!
ゾッとしないですね。
それなら、いっそ被災地のがれきでも受け入れれば良いようなものですが・・・
お花見の話題の次のニュースが、「関東各地の自治体では、住民の安全のため、被災がれきの受け入れは行わないことを続々と決定していまーす!」なんてニュースだったら、もう笑うしかないでしょうね!

3456-big.gif





blogram投票ボタン

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/919-4a8d54f5 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー