1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. <小沢被告に無罪判決 陸山会事件> ~政治屋自身が自分たちが絶対捕まらないようなアマイ政治資金規正法を作るというまるで後進国のような恣意的で腐敗した立法府(政治屋)を許すな!

<小沢被告に無罪判決 陸山会事件> ~政治屋自身が自分たちが絶対捕まらないようなアマイ政治資金規正法を作るというまるで後進国のような恣意的で腐敗した立法府(政治屋)を許すな!

<小沢元代表に無罪判決>  2012.4.26 MSN産経ニュース
 資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の判決公判が26日、東京地裁で開かれ、大善文男裁判長は無罪を言い渡した。求刑は禁錮3年。平成21年5月に導入された強制起訴制度による判決は2例目で、いずれも無罪となった。
 無罪判決が相次いだことで、検察審査会や強制起訴をめぐる議論に影響を与えそうだ。
 小沢被告は、元秘書らと共謀し、陸山会が平成16年10月に支払った土地取得費計約3億5200万円を、16年分ではなく17年分の政治資金収支報告書に支出として記載した、などとして強制起訴されていた。
 小沢被告は「検察が違法な捜査を行い、検察審査会を誘導した」と無罪を主張。(1)検審の起訴議決に基づく起訴の適法性(2)虚偽記載の有無(3)元秘書との共謀の有無-が争点となった。
 小沢被告に「収支報告書の内容を報告し、了承を得た」とする元秘書らの供述調書がほぼ唯一の直接証拠だったが、東京地裁は2月、取り調べに「利益誘導や圧力があった」として大部分を退けた。
 検察官役の指定弁護士側は、小沢被告が署名した融資書類などの間接証拠を積み重ね、「小沢被告の指示や了解なしに元秘書が独断で虚偽記載をすることはない」と主張。弁護側は「検察の『妄想』から始まった事件で、本件はその残滓(ざんし)だ」としていた。
************************************************************
<小沢氏の党員資格停止処分、今夕解除手続きへ>   読売新聞 5月7日
 民主党幹部は7日午前、無罪判決を受けた小沢一郎元代表の党員資格停止処分の解除手続きに同日夕の党役員会で入る意向を記者団に示した。
 輿石幹事長らは、役員会の協議を経て、8日の常任幹事会で決定したい意向だ。
 元代表の処分解除を巡っては、前原政調会長らが「(処分の)前提は裁判が確定するまでだ」として慎重な姿勢を示している。
************************************************************
ぼへー 日本の政治屋なんてものに、何の期待もしていないが・・・
ホトホト小狡く汚い連中で、呆れ果てるね。
そもそもよほどマヌケでない限り「政治屋」本人は捕まらないような「政治資金規正法」を政治屋自身で作っておいて~「無罪だ!」とか大きな顔してこれからもノウノウと土建収賄政治屋を続けるのですから。

<どうしようもないザル法を政治屋自身がつくり出す国>
今回の判決によって、
「検察の横暴が・・・」
「検察審査会なんて・・・」
~といった本質ではないズレた議論が繰り返されていますが・・・
 今回の判決で最も重要な本質は、今回の小沢ような悪質極まりないケースでさえ、「政治屋本人は無罪になってしまう」本当に形だけの「政治資金規正法」という法の在り方そのものです。
今回の判決で明らかになったことは・・・
結局、「政治資金を透明にして、政治とカネの問題を無くしま~す・・・」とか何とかウマイ事を言いながら、実際には、立法を掌る政治屋どもが~
「イザというときには政治屋自身が捕まらない様に用意周到に作ったザル法」を制定しただけであったことです。
今回の小沢のような巨額で不透明なケースですら「無罪」ですから、現行の政治資金規正法では、下っ端のセイにしておけば、政治団体の責任者・代表者である政治屋自身は捕まらないことが確定しました。
何とも小賢しい連中!
政治屋以外の一般の国民に適用される法で、こんなまやかしみたいな法があるものか!
(政治団体だけでなく)一般の法人に適用される法も、下っ端のセイにしておけば、代表者は捕まらない法にしてみたらどうか?
そう考えれば、いかに政治資金規正法が、珍妙な法律かわかるでしょう。
日本の立法の腐敗は、あまりにも目に余る!

 本当に日本の政治屋というのは、なんとも小賢しい連中であることか!(その上、小物感もハンパ無くなって来ていますね。)
「政治とカネ」について、国民・マスコミがうるさいから、「法律作ってチャンとしたことにしとけ・・・!」てなもんで、一応ザル法をでっち上げ、目くらまし。
結局、そんな政治資金規正法など役に立つわけもなく、報告が間違っていようが・・・
「秘書のセイ・・・」「記憶にない・・・」「修正しました・・・」と言っておけば、政治屋本人は全くお咎めなしになるような法律になっています。
 日本の政治屋には、ノブレス・オブリージュなど全くなく、自分たちを厳しく律するどころか・・・政治屋の持つ立法権を自らに有利にふりかざし、自分たちは何があっても捕まらないような政治資金規正法を作るような連中です。
いくら国民がバカだろうと・・・
こんな連中を信頼・尊敬する者などいるワケが有りません。

<検察・検察審査会が問題?横暴?・・・のウソ>
 検察や検察審査会が「問題だ」「横暴だ!」なんて言っている連中がいるが・・・
検察・検察審査会が横暴というより、立法を掌る政治屋自身がいいように作った現行のザル法の制限の中で、国民の負託を受けた「司法」として、何とか頑張って土建収賄政治屋に正義の鉄鎚を下そうと職責を果たそうとしただけですから、何の問題もないでしょう。
横暴なのは、今回の場合圧倒的に、政治屋(立法)の方ですけどね!
そもそも「無罪」か「有罪」かを決めるのが「裁判」ですから、結果「無罪」になったからと言って文句言うのは、お門違いでしょう。(それが、どう見ても清廉潔白な人ならまだしも、小沢みたいな限りなく真っクロな土建収賄政治屋風情が文句言えるタマかい!)

<中小企業の社長は、小沢がうらやましいだろうね!>
 今回の小沢のケースのように、億単位でウソを書いて、その資金の出所も不明(というか普通に類推すれば土建屋からの裏金)であろうが・・・
「秘書にまかした」
「俺は知らね、天下国家のことしか考えない」
~なんてウソブイていれば、政治屋自身は無罪になるザル法!
こんなクダラン法律廃止するか、チャンと政治屋本人が責任取るような法律に改正しないとなんの意味もありません。
政治屋の資金報告書が虚偽であるのに、政治屋本人にお咎めなしなんて、一般常識から考えても有り得るか?
ふざけた法律ですよ、ホント!
こんなことで済むなら、世の中小企業の社長も法人税の申告や労基法などの法律を、そのような法律にしてもらいたいものでしょうね。
「おら知らね、経理部長にまかしとる!」
「ワシャ、もっと大事な経営のことしか考えてないわ!」
~とウソブイテおけば、社長は脱税や労基法違反に問われないなら、こんな楽なことは有りませんから!!

<まさに民信なくば立たず>
 今回の小沢無罪によって、ますます国民は~
「政治・政治屋なんてものは、所詮小狡く、自分たちに都合良く立法し、自分たちの地位・カネ・既得権を守ることだけに汲々としている連中!」≒「公徳心も義侠心もない、私利私欲と責任逃れしか頭にない連中!」
~と、軽視し、信用することなどないでしょう。
まさに「民信なくば立たず」という状態で、自業自得ですね。
国難ともいえる現在、心ある政治屋がいるなら、まず猛省し、「政治資金規正法」をマトモな法に改正し、政治屋自らが厳しく自分たちを律することから始めない限り、民心が政治屋に戻ることなど未来永劫無いでしょうね

<老境の土建収賄政治屋小沢さんの今後は果たして・・・?>
 今回無罪になったことで、老境に至りすっかり勢いを無くした小沢さんは、少しは元気を取り戻すのでしょうかね?
「剛腕」なんて持ち上げられていた頃も今は昔・・・
民主党の代表選すら負け続ける残念な元「剛腕」!
今回の無罪と、「消費税反対」という大衆迎合の合わせワザで、何とか勢いを取り戻そうと奮闘中。
なんだかんだ言っても土建収賄利権を求める連中の多い(というかそれが目的!)日本の政治屋だから・・・
土建収賄利権を求めて「小沢先生おめでとうございます!・・・」などと言って、今までの手の平を返して、すり寄ってくるようなミットモナイ連中も結構いるのかもしれませんな。
「類は友を呼ぶ」と言いますからね!
しかし残念ながら、メッキも完全に剥がれた賞味期限切れの剛腕ですから、復権は難しいでしょうね。
今回の無罪で引退は免れ、今後も震災復興予算で私腹を肥やす位のことしかできないでしょう・・・


ぼへー 立法を掌る政治屋自身が自分たちが絶対捕まらないような政治資金規正法を作ったことには触れもせず、まるで殺人事件の冤罪かのように報道する、小沢シンパメディアのインチキさ・・・こんな与党政治屋に腰巾着のように付き従うマスメディアなど存在する価値なしですな。こいつらも小沢のおこぼれに群がる連中と同じ穴のムジナ・・・
   ↓
************************************************************
<小沢一郎氏への批判 無罪なら名誉毀損もおかしくないレベル>  NEWSポストセブン 2012年04月15日※週刊ポスト2012年4月20日号
 小沢氏の「政治とカネ」問題には、検察と大マスコミが作り上げた虚構があまりにも多い。検察のリークに乗ってみたものの結果的には誤報だった例も少なくない。
 それどころか、そもそも小沢報道は、基礎的な認識からして間違っていることが多すぎる。
 その典型が「(小沢氏の政治団体「陸山会」が購入した)土地代金4億円の出所がコロコロ変わる」というものだ。
〈小沢被告側はこれまで土地代金の原資の説明をたびたび変遷させてきた〉(産経2012年1月10日付)
〈4億円の出所を巡る元代表側の説明は二転三転してきた〉(日経2011年9月28日付朝刊)
 だが、実際には小沢氏は一貫して「個人資産を陸山会に貸し付けた」と説明し続けている。
「小沢は説明責任を果たしていない」という決まり文句も同様である。
〈私たちは小沢氏に対して繰り返し、国会で説明責任を果たすよう求めてきた。ところが、氏は国会に出ていくことも、記者会見での突っ込んだやり取りも拒み続けた〉(朝日2012年1月9日付朝刊社説)
〈批判を受けている問題が多く、説明責任も果たそうとしていない。小沢氏は潔く政治的、道義的責任を取り、今すぐ議員辞職すべきである〉(産経2011年9月27日付社説)
 小沢氏は2009年3月の大久保元秘書逮捕の翌日から、オープンな会見を何度も開き、記者クラブの執拗な質問にも答え続けている。強制起訴された以上、問題は国会ではなく司法に委ねるべきだということも、そうした会見で繰り返し語ってきたことだ。
 すべてが小沢批判ありきで書かれるから、こうした基礎的な部分まで意図的にねじ曲げてしまう。
 小沢批判のためなら何をいっても許されるという風潮は、テレビのコメンテーターになるとさらにひどくなる。
 小沢氏の元秘書3人が逮捕された後、2010年1月18日放送のTBS系『朝ズバッ!』では、キャスターのみのもんた氏が「石川議員は水谷建設から5000万円受け取った」と断言。翌日放送では反論に来た民主党議員らに、「何が信じてくれ? 何が潔白なの?」と詰め寄った。
 元読売テレビ解説委員長の辛坊治氏は、検察審の議決を疑問視する声に対し、「実際そういうこといってる人たちの中には、明らかに小沢サイドからお金もらってる人が何人もいます」(2010年10月12日読売テレビ『朝生ワイドす・またん!』)と声を荒らげた。が、その根拠は何一つ示されていない。
 さらに今春で政治評論家を引退する三宅久之氏は、「あれで小沢を無罪にするっていう裁判官は、よほどのポンスケだね」(2012年1月15日読売テレビ『たかじんのそこまで言って委員会』)と放言している。
 どれも小沢氏が無罪の場合には、名誉毀損で訴えられてもおかしくない発言だが、小沢氏サイドが本気になったら、彼らはどうするつもりなのだろうか。
 服部孝章・立教大学教授(メディア社会学)は、こう語る。
「小沢氏に無罪判決が出たとき、メディアはそれでも不当判決だと言い張るのか。皮肉を込めて、非常に楽しみです」
************************************************************


ぼへー 欠陥だらけのザル法で、無罪になるべくしてなっただけの土建収賄政治屋を、よくぞここまで持ち上げられることか・・・あきれてものも言えんわ!
   ↓
************************************************************
<小沢無罪 この国は激変するか>    2012年5月2日 日刊ゲンダイ
<小沢復権の後、民主党政権は一新されるのか、小沢は民主党を変えられるのか>
 無罪判決後も小沢叩きに血道を上げる大マスコミの狂気の報道を見ていると、ホント、この国は絶望的だ。
 つい先日も世論調査の数字を理由に「(小沢氏は)説明責任を果たしていない」「党員資格停止解除の必要はない」とあおっていたが、嫌になるのは、こうした報道を受けた民主党の幹部たちの反応だ。いまだに「小沢切りこそが正義」と勘違いしているのである。
 無罪判決のときに野田首相は言葉がなかった。多くの閣僚もノーコメント。前原政調会長は「三審制」を理由に党員資格停止解除に「待った」をかけた。政治ジャーナリストの角谷浩一氏は驚いていた。
「同じ政党の同志なのですよ。無罪判決なのに、歓迎の言葉もない。この反応に民主党の現状が象徴されています」
 つまり、大マスコミも民主党の野田執行部も小沢を座敷牢に閉じ込めておきたいのだ。そのためにはあらゆる理屈を持ってくる。藤井税調会長は「証人喚問は当然だ」と言った。無罪判決で証人喚問って何だ? 野党の党利党略に“仲間”が同調だからどうにもならない。
「これは消費税をめぐる対立ではない。政策論争であれば、大いにやればいい。排除する必要はない。要するに、小沢氏が怖い執行部側は何が何でも小沢氏を追放したいのですよ。本来ならば、大メディアがそうした無意味な政争、対立をいさめるべきなのに、一緒になってあおっている。これはどうにもなりません」(政治評論家・野上忠興氏)
 小沢は無罪を勝ち取ったが、それでもアホな民主党は変わらない。小沢の腕力をもってしてもバカに付けるクスリはない。そんな気分になってくる。
<小沢抹殺を狙う勢力はこれからどう動く>
 小沢無罪が面白くない野田執行部は今後、どんな小沢潰しをやってくるのか。ささやかれているのが連休明けの内閣改造だ。
「小沢氏に近い輿石幹事長と問責が可決された前田・田中の2閣僚をまとめて代えるのです。消費増税の法案を成立させるには野党と組むしかない野田首相は、障害となる2大臣を早く交代させたい。しかし、輿石氏が猛反対している。それなら3人まとめてクビにしようというのです。後任はすべて自分たち主流派で占め、小沢グループには一切渡さない。『元代表を支持しても何も得しない』ことを見せつけ、ついていく議員をひとりでも減らすのが狙いです」(民主党関係者)
 2大臣の更迭については、前原政調会長も先月30日、「ベストの判断をすると確信している」と後押しし始めた。輿石幹事長については、中間派の議員から「参院議員の幹事長はやはり無理がある」との不満が高まっている。
 3人をクビにし、党員資格停止処分が解除される小沢元代表を徹底的に排除するプランは着々と進行している。
「3月上旬に鳩山元首相が仲介役となり、野田・小沢会談を実現させようとしたが、消費増税の考え方が根本的に違うので実現しなかった。野田首相には『小沢氏を要職に起用して取り込もう』なんて考えは毛頭ありません。排除のみです」(ジャーナリスト・小谷洋之氏)
 やれるものならやってみろよ、だ。
************************************************************




blogram投票ボタン

                              ↑クリックお願いします!ぼへー

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/929-74f7ef4f この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー