1. Top » 
  2. 社会・安全 » 
  3. 「コンプガチャ」規制検討 ・・・遅すぎるとは言え、「消費者庁」は、発足以来の「消費者被害を眺める会」から脱皮できるのか!

「コンプガチャ」規制検討 ・・・遅すぎるとは言え、「消費者庁」は、発足以来の「消費者被害を眺める会」から脱皮できるのか!

<「コンプガチャ」規制検討で暗雲 SNSゲーム大手2社、株価急落 >  2012.5.8 Ssankeibiz
 ソーシャルゲームを日本を代表する成長産業に押し上げた源泉に暗雲が立ちこめている。グリーとディー・エヌ・エー(DeNA)の大手2社が採用しているネット課金方法の一つ「コンプリートガチャ」が景品表示法に抵触する可能性が出ているからだ。消費者庁は規制に向けた検討に入り、近く正式な見解を公表。業界に対応を求める方針だ。任天堂など従来の家庭用ゲーム機メーカーもネット課金に新たな収益源を求めており、当局の規制を受けないビジネスモデルの構築が急務だ。
 景表法に抵触
 7日の東京株式市場では2社に限らず、ソーシャルゲーム関連銘柄がそろって急落。特にグリーとDeNAはストップ安となり、両社の時価総額は、たった1日で合計2000億円も減少した。
 ソーシャルゲームは「ガチャ」と呼ばれる抽選方式の課金モデルを収益源とし、2社の総売上高の9割以上を課金収入が占める。ガチャ課金で特定のカードを数種類集め、さらに希少なカードを手に入れる「コンプリートガチャ」は、グリーの「探検ドリランド」、DeNAの「アイドルマスターシンデレラガールズ」に採用され、これらのゲームの人気を下支えしている。
 消費者庁はこれが景表法が禁止する「不当な景品」に当たると判断し、「問題になるケースが出てくれば適切な対応をとる。内部で検討をしている」(福嶋浩彦長官)という。
国内のソーシャルゲーム市場は今年度に4年前の70倍となる約3500億円に拡大する見通し。グリーは8日、DeNAは9日に決算発表を控え、ともに好業績が予想されている。だが、今回の問題は急成長がもたらした“ひずみ”ともいえ、「2社の業績を揺るがしかねない」(アナリスト)との懸念も広がっている。
 DeNAが運営する「mobage(モバゲー)」などにゲームを提供するKlab(クラブ)は「既に改修の検討を始めており、消費者庁から中止要請があった場合は全面的に従う」としている。
 収益モデル再構築も
 一方で、インターネット課金ビジネスを取り入れようとする家庭用ゲーム機メーカーにとって、当局の規制は収益回復策への大きな妨げとなる。
 「構造的に射幸心をあおり、高額課金を誘発するガチャ課金型のビジネスは、お客さまとの関係が長続きするとは考えていない」
 任天堂の岩田聡社長は、ガチャ課金を取り入れることはない考えを示している。ただ、追加のゲーム内容のダウンロード販売も本格化させる任天堂は、携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」のダウンロードソフトを小売店の店頭やウェブサイトでも、購入できる決済方式を8月から導入するなど、新しい課金ビジネス作りの真っ最中。当局の規制が水を差すことがないよう、盤石のモデルを構築しなければ、高収益体質を取り戻すことは難しい。
************************************************************
ぼへー ようやく「コンプガチャ」規制検討ですか・・・
もう日本では、この悪徳デジタル賭博は規制しないのかと思っていましたので、それを考えれば、やらないよりは良い事だとは思います。
しかし、いかんせん遅すぎる。  
遅すぎる上に、景表法・「コンプガチャ」なんて問題を矮小化しているようでは・・・
消費者保護というよりは、業界への配慮が見えすぎですな。
これで本当に「消費者庁」なの「経産省」かと思うわ!

<射幸心を煽り、ギャンブル依存傾向のある人間を食い物にする商売に甘すぎる日本・・・「消費者保護」「被害の予防」は一体どうする!>
 今頃になって規制を検討するなら、「コンプガチャだけ」などという片手落ちでなく、正面切って「ガチャ自体」をデジタル賭博として海外と同様、規制しなさいな。
法学者の細かな定義づけはともかく、パチンコ同様、ごく一般の感覚では「賭博」でしょう!
実際海外ではコンプガチャどころかガチャ自体、デジタル賭博で禁止ですからね。
(【賭博罪】偶然の勝負に関し、財物を賭ける罪。)
ガチャの当り確率すら公表もしない(というか操作しまくり)というパチンコすら足元にも及ばない、とんでもないアコギさですからね!
 ソーシャルゲームは、「日本の生んだビジネスモデル」なんて持て囃すバカがいるが・・・
ネット事業では日本などよりはるかに先進している米国や韓国などでこの程度のものが考えられないわけがない。
こんなデジタル賭博は、どこの国でも考えたが、マトモな国では、消費者保護の為にも規制されていて、大がかりには手がけられないだけです。
イカガワシイ業者が隠れて行う程度ならともかく、モバゲー・グリーのように上場するほどの規模で、「無料、無料!」などと詐欺的CMを展開した暁には、アッという間に摘発されて、お縄頂戴します。

<「消費者庁」の当初の理念はどこへ?>
 確か「消費者庁」が発足した当時の理念として、従来の行政庁は、縦割りで産業毎・業界毎に監督官庁が決まり、どうしても行政の在り方も、業界寄りで業界の発展・既得権の維持といったことに目を向けがちであった反省から・・・
「縦割りでなく消費者の観点から、消費者の権利の尊重・消費者保護・・・」
「迅速な消費者被害救済・・・」
~などといったお題目が、滔々と語られていました。

 今回問題になっているSNSゲームについても、かなり前から~
・「無料、無料といって、実際は無料でない」
・「安全、安全といいながら・・・実際は、児童の性的被害などが一向に無くならない」
・「RMTを事実上放置して顧客獲得。」
・「ガチャ課金という賭博商法。」
~等々、ありとあらゆる悪徳商法被害の報告が続いていました。
しかし、このような悪徳商法の巣窟のような状態を「消費者庁」は、事実上見て見ぬふりで、放置してきました。
あたかも「消費者庁」というより「消費者被害を眺める会」であるかのように・・・

<まったくやる気のない消費者庁のお蔭で急成長できたデジタル賭博屋>
 そのおかげで、諸外国であればそもそも不法なデジタル賭博行為を野放図に展開するDeNAやらグリーやらは、急成長!そりゃそうです!
他の国では、消費者保護のために、こんなデジタル賭博は、即刻禁止されましたから・・・
SNSゲーム屋さん達は、やる気がなくスローモーな「消費者庁」に感謝しなきゃ!
足を向けて寝たら罰あたるよ!ホント!

<「消費者庁」は、「消費者被害を眺める会」を脱することができるのか?>
 ことほど左様に、今までは、SNSゲームの問題においても「消費者庁」というよりは、「消費者被害を眺める会」という名称がピッタリ当てはまる、スローモーで野放しな対応に徹してきた消費者庁!
近々には、「マルチ商法の推進者・擁護者」であるマルチ山岡が消費者担当大臣を務めるなど・・・もはや日本の消費者行政というのは、「消費者保護」どころか、「消費者被害拡大の為にあるのではないか?」と思われるほどの迷走状態でしたからね!
 消費者庁が、消費者被害を見て見ぬふりをしてきた間に、一体どれだけの消費者が、この野放しのデジタル賭博によって被害を受けてきたことやら・・・
行政の不作為による消費者被害の拡大といって良いかと思いますね。
何が「消費者庁」なものか!
厚生省とミドリ十字の癒着による「フィブリノゲン問題」を思い出してしまいますね。
「迅速な消費者保護・・・」は、どこへ行ってしまったのかね?
まったく行政の在り方など変っていませんね。 
モバゲー・グリーの利益追求を追認していただけ。
「消費者庁」なんて看板はずして、「消費者被害を眺める会」にした方が良いよ!

<遅きに失した「消費者庁」よ、存在意義を賭けて、これから汚名挽回することです!>
 兎にも角にも、遅きに失しているとはいえ・・・
「消費者被害を眺める会」をやめて、本当に、消費者のための「消費者庁」になるのなら・・・
汚名挽回の為にもしっかりと、今後消費者被害が発生しないような徹底した消費者保護のための規制を実施することが必要でしょうね。
今回モバゲー・グリー等の「デジタル賭博屋」に配慮して、中途半端な業界との妥協案みたいな対策しかとらないようでは、「消費者庁」なんて看板はホントに外した方が良いですよ。
海外では、こんなデジタル賭博は禁止されていることを忘れてはならないでしょう。

<消費者庁が消費者保護のため国民にコミットすべき目標とは!>
 従来の縦割り行政ではなく、「消費者保護」のために出来た新しい枠組みの官庁=「消費者庁」 。
本来、消費者庁が国民(消費者)に対して果たすべき目標とはどんなものでしょう?
それは、現在の日本で、最も消費者被害を生み、多くの消費者を不幸のどん底に陥れている産業=「パチンコ」から消費者を保護することでしょう。
従来の官庁(警察)は、パチンコ業界と癒着し、「消費者保護」などという事より、パチンコ業界の利権確保などに明け暮れていますから。
パチンコのようなケースこそ、本来「消費者庁」が切り込むべき対象であるはずです。
残念ながら、今回のSNSゲームに対する対応を見る限りでは、そんなことやる気概は、全く見えませんが・・・
しかし、最大の消費者被害を生んでいるパチンコにすら切り込まないようでは、そもそも「消費者庁」なんてものの存在意義などありません。
経産省に吸収して、外局にでもするのが妥当でしょうね。


ぼへー 問題化した途端に、すぐ「廃止する」ときたもんだ。
よほど自分達でも「コリャ世の批判には耐えられない」と思う程のアコギさであった証左ですね!
「いくらなんでも、コンプガチャはアコギ過ぎたか・・・」
「ガチャだけでも大儲けできるからイッカ・・・!」
「コンプガチャだけは止めたるよ・・・(ガチャは止めるもんか!ということ)」
速いとこ収めて、コンプガチャはともかく、ボロ儲けの源泉であるガチャだけは守ろうと必死ですな。
消費者庁よ!
逆に言えば、ガチャまで規制しないと「消費者保護」などできるものか!!
   ↓
************************************************************
<コンプガチャ廃止表明相次ぐ グリーやDeNA >  2012/5/9  日本経済新聞
 ソーシャルゲームの課金システム「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」の中止を消費者庁が要請するとの報道を巡り、ソーシャルゲーム(交流ゲーム)関連企業は9日、廃止していく方針を相次ぎ表明した。グリーは自社ゲーム内のコンプガチャについて10日から新規の提供を中止、31日までに全て終了すると発表した。「探検ドリランド」などのゲームが対象になる。現時点では消費者庁から正式な要請は受けていないという。今後の対応については「関連企業6社で構成する連絡協議委員会と連携を図りながら対応していきたい」(同社広報部)としている。
 ディー・エヌ・エーの守安功社長は、2012年3月期の決算発表会見でコンプガチャを廃止する方針を明らかにした。「ただちに現行法に違反するとは思っていないが、コンプガチャに相当するようなものは廃止を進める」とし、消費者庁と議論しながら自社で存廃のガイドラインを作成していく考えだ。13年3月期の連結業績予想は公表せず、「現時点で問題とされる範囲が明確でないため、業績に与えるインパクトを見積もることができない」と述べた。
 東証マザーズ上場のKLabも、同社が提供するゲームでの実施を5月末ですべて終了し、新たなコンプガチャは行わないと発表した。業績への影響について同社は、コンプガチャ導入後の月次売上高が導入前に比べ15%増加したとしたうえで、ゲーム性の強化などにより影響をある程度防げると説明している。〔日経QUICKニュース〕
************************************************************




blogram投票ボタン

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/935-ac768a8c この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー