1. Top » 
  2. 社会・安全 » 
  3. <米の放射線実測図、政府が放置 原発事故避難に生かさず> ・・・SPEEDIの予測データどころか「実測データ」も隠ぺいか!「コンプライアンス・・・」「情報公開・・・」「安全!安心!・・・」なんて言いながら本当に必要なときは隠ぺいとはね!!

<米の放射線実測図、政府が放置 原発事故避難に生かさず> ・・・SPEEDIの予測データどころか「実測データ」も隠ぺいか!「コンプライアンス・・・」「情報公開・・・」「安全!安心!・・・」なんて言いながら本当に必要なときは隠ぺいとはね!!

<米の放射線実測図、政府が放置 原発事故避難に生かさず>    朝日新聞 2012/6/18
 東京電力福島第一原子力発電所の事故直後の昨年3月17~19日、米エネルギー省が米軍機で空から放射線測定(モニタリング)を行って詳細な「汚染地図」を提供したのに、日本政府はこのデータを公表せず、住民の避難に活用していなかったことがわかった。放射性物質が大量に放出される中、北西方向に帯状に広がる高濃度地域が一目でわかるデータが死蔵され、大勢の住民が汚染地域を避難先や避難経路に選んだ。
 政府の初動対応では、汚染の広がりを予測する緊急時迅速放射能影響予測システム(SPEEDI)の試算結果の公表遅れが問題となった。同システムの予測値と決定的に違うのは、米エネルギー省のデータが放射能の拡散方向を示す実測値だったことだ。
 米エネルギー省は原発事故直後の昨年3月17~19日、米軍機2機に、地上の放射線量の分布を電子地図に表示する空中測定システム(AMS)と呼ばれる機材を搭載して、福島第一原発から半径約45キロの地域の線量を計測した。
 その結果、福島県の浪江町や飯舘村などを含む福島第一の北西方向に、30キロ超にわたり1時間当たり125マイクロシーベルトを超える高い線量の地域が帯状に広がっていることが判明。この線量は8時間で一般市民の年間被曝(ひばく)線量の限度を超える数値だった。
 外務省によると、測定結果を基に作製された汚染地図は3月18日と20日の計2回、在日米大使館経由で同省に電子メールで提供され、同省が直後にメールを経済産業省原子力安全・保安院と、線量測定の実務を担っていた文部科学省にそれぞれ転送した。文科省科学技術・学術政策局の渡辺格次長ら複数の関係機関幹部によれば、同省と保安院は、データを公表せず、首相官邸や原子力安全委員会にも伝えなかったという。
 米エネルギー省はこの測定結果を、3月23日午前(日本時間)に米国内で発表したが、日本政府内で素早く避難計画に反映させようとする動きにはつながらなかった。文科省の渡辺次長は朝日新聞の取材に、「すぐに公表すれば良かったと今は思うが、当時は提供されたデータを住民避難にいかすという発想がなかった。安全委などにも伝えるべきだった」と話す。
 一方で、保安院の原子力安全広報課は「関係職員から事情を聴くなどして調査を進めている」として、事実関係や経緯について明らかにしていない。
 政府が飯舘村など5市町村を「計画的避難区域」に指定したのは、事故から1カ月以上たった4月22日。文科省が車を使った測定や、米エネルギー省と共同で実施した航空機モニタリングの結果、北西部に線量の高い地点を独自に確認した後だった。
 放射線のモニタリングに詳しい柴田徳思・東大名誉教授(放射線管理)は「致命的な判断ミスだ。すぐに公表していれば、避難する方向を誤って被曝するという事態を防げたはずだ」と話している。(砂押博雄、金井和之)
    ◇
 〈米エネルギー省の放射線量測定〉 米エネルギー省は、福島第一原発の事故直後、周辺で空中からの放射線量測定を行うため、約8トンの資機材と33人の専門家を派遣。在日米軍横田基地を拠点に、昨年3月17~19日に測定を実施した。
 エネルギー省によれば、空中測定システム(AMS)を米軍のヘリコプターと固定翼機に積み込んで、福島第一から半径約45キロの範囲を計40時間以上飛行して計測したという。
 その際、ヘリや小型機は高度150~300メートルの低空を飛行しながら、毎秒、直下の直径300~600メートルの範囲の放射線を測定。専用の解析ソフトを使って地上から1メートルの線量など汚染状況を算出し、その測定値を基に汚染地図を作製した。
 初日の測定が終わった後の3月17日夕(米国時間)に、ホワイトハウスで記者会見したエネルギー省のポネマン副長官はこう述べている。「(測定に関しては)日本政府との情報共有も進めている」
************************************************************
戦後もっとも大きな事件の映像    / 武田邦彦教授ブログ
genpatsuphoto.jpg
************************************************************
ぼへー 東日本大震災から1年半経ち、夏を迎えようとしています。
今回の大震災、それに伴う原発事故で、本当に愕然としたのは、この国の政治屋には、「国民の生命・安全を守ろう。」という政治家としての一番の基本ともいえる責務に対し、まったく気概も真摯さも全くないことが明らかになったことでしたね。

<人命軽視してまでの責任逃れ・情報隠しに悄然とした大震災>
 一年半前の震災直後を思い返してみると・・・
日本政府は「安全、安全」と言っているのに~
「米軍は、原発から80㎞避難命令・・・」
「フランスは国外退去命令・・・、チャーター機が・・・」
~といった外国政府の動向が、明らかとなり、外国人はドンドン帰国していきました。
 しかし、その時点では、不肖ながら、日本政府の「安全、安全・・・」という発表が、まさかデマカセとは思っていませんでしたから、能天気なことに~
「枝野さんも寝ないで頑張っているのにね・・・」
「関東は、安全なのにね・・・」
「所詮外国人なんぞ、イザというときはデマに煽られて、アタフタ帰国してしまう・・・、アテにならん奴らよ・・・」
~なんて思ったものでした。

<信頼される政府の対応とは>
 しかし、後になって、徐々に真相が明らかになるにつれて、デマに煽られていたのは、自分達の方であったことが分かると、本当に悄然としましたね。
(近年は、情報公開・コンプライアンスなどという流れもあったので・・・日本の政府が、ここまで人倫に反し、国民の生命安全にかかわる隠ぺい・情報操作をするとは、甘チャンながら思いませんでしたね。)
慌てて国外へ出て行った外国人の方が、科学的で正しい選択であったとは・・・当時の自分の浅薄さは、恥ずかしい限りです!
それにつけても、日本のような本国から遠く離れた国で起きた原発事故のような状況においても、自国民の生命安全を守るために、出来る限りの情報収集を行い、事故直後の放射能雲の影響で高線量となった大気による内部被爆から自国民を救った「米国」や「フランス」政府には頭が下がりますね。
本国からの退避命令により、被爆から救われた国民は、きっとその後も自国の政府に信頼を持てるでしょうね。

<何とも恥ずかしくなる日本の政府>
 翻って、当事者たる我が日本の政府はと言えば・・・
多数の国民が居住する関東地方に、放射能雲の影響で高線量となった大気による内部被爆が、刻一刻と及ぼうとしている最中も・・・
首相は癇癪を起こすだけ!
本来国民の被爆を救うはずであった情報(SPEEDIによる予測データはモチロン、米軍からの実測データですら)も握り潰し、適切な退避命令も出さなかった。
例え、退避命令が出ていたとしても、大半の国民は仕事の都合等で、避難は出来なかったかもしれません。
 それでも、事故直後、数週間程度の本当に線量の高い大気による被爆を避けうる情報を、政府が真摯に提供してくれていれば・・・国民の信頼感は、相当違ったものになっていたでしょう!
政治屋たちの責任逃れによる情報の隠ぺいによって、結局、多くの国民が被爆してしまいました。

 近年は、機会あるごとに~
「コンプライアンスだ・・・」
「情報開示が・・・」
~などと騒ぎ、取るに足らない法令違反や情報漏れなどに対しては、「そこまでするか?」というくらい厳しい措置を行ったりしています。
しかし、国民の生命・安全に直接関係する「放射能汚染」については、隠ぺいしているようでは、本末転倒。
これを開示せず、何を開示するのか?
結局、日本の「情報公開」など、言われるからイヤイヤ取り組んでいるだけで、いかに真摯な気持ちで取り組んでいないかが分かりますね。

<とどまらない被爆・・・汚染された土壌で国民が被爆しようが、政府の知ったことではないという事!>
 何はともあれ、ようやく一年半、夏も近づきました。
いまだに政府は、国民の生命安全に関わる放射能による土壌汚染については、大規模で体系だった調査もせず、原発事故はあたかも終息し、もう安全であるかのように誤魔化しています。

 このままでは、関東をはじめ、特に東日本の放射能に汚染された各地でも、例年の如くキャンプ・川遊び・海水浴に、多くの人が興じてしまうのではないでしょうか。
特に、小さな子供が、喜んで川遊びなどしている姿・・・できれば見たくありませんね。
悲しすぎますから・・・

 いまだ日本政府は、行楽地の土壌汚染について、何らコメントしませんね・・・
責任云々でなく、本当に「国民の生命・安全」の観点から、少なくとも「地べたに座って飲食するレジャーの禁止」を発表する政治屋・首長はいないものなのか?
このまま夏休みになり、放射能に汚染された土壌に座って、飲食して内部被爆を重ねる子供たちを見ても、本当に何も思わないのか?
せめて、心あるマスコミは、動かないのか?
「絆が・・・」「食べて応援・・・」
~とか、愚にもつかないことばかり垂れ流していないで、「Stop、土壌汚染レジャー・キャンペーン」でもやらないのか?
(所詮、放送免許や記者クラブなどでの不利益を恐れて、政府のご機嫌損ねるようなことはできないか・・・)

<国民もしっかりしないと!戦前を笑えないよ!>
 いくら日本政府が(大本営的に)放射能による土壌汚染について、まったく触れないようにしているとはいえ・・・
結局、桜が咲いたら、東日本でも喜んでブルーシートを広げて、子供も一緒に、お弁当食べて、酒飲んでいる人が大勢いましたね。
これでは、国民(特に、東日本)にも、かなり問題あるとしか思えません。

 よく終戦記念日が近づくと、インタビューされた国民が、第二次大戦について、「米国に勝てると思ったのかしら?当時の国民はバカだな~!」なんて語ったりしますが・・・
放射能で土壌汚染した土地で、地べたに座って花見していた現代の国民も、レベル的には、大して変わりません。
それどころか、戦時中のように完全に情報統制されているワケでもなく、、自由に情報を収集できる環境にありながら・・・
政府が重大な情報を隠ぺいしていることも報道で知っているのに・・・
汚染された土壌で子供連れでレジャーを楽しむようでは明らかに戦前の国民以下!
マトモな知識を持っている人が見れば、「自暴自棄になった連中」位にしか見えませんから。

 謙譲の心や我慢を知る日本人・・・素晴らしい国民性です。
しかし、「何をされても甘受する。」「自分の頭で考えない。」「正しい知識に基づかない情緒的な判断。」といった傾向は、かなり重症な短所かもしれません!

<「安全・安心」は良いことです.が、正しい優先順位があればこそ!>
日本人は今まで「安心・安全のため」~
「賞味期限が切れた食品が販売された・・・」
「副流煙が・・・」
「福島のがれきなど絶対に受け入れん・・・」
「レバ刺し禁止・・・」
~などと言いながら過剰なほどの対応をしてきました。
それならそれでいいでしょうが・・・
この夏は、汚染された土壌で子供と一緒にレジャーを楽しむのですかね?
もし、今まで通り、夏のレジャーをを盛大に楽しむとしたら・・・
リスクの軽重の判断が完全におかしいでしょう。
そんなリスク犯せるなら、被災地のがれきなど受け入れても問題ないでしょうし、副流煙・賞味期限切れ・レバ刺しなど大した問題ではない筈です!

ぼへー  夏には、テレビで「関東各地は、レジャーで、すごい人出です・・・」なんてニュースが流れるのでしょうね!
ゾッとしないですね。
そんなリスクを背負えるなら、被災地のがれき引き受けなど反対しなくて良さそうなものですが・・・そんな連中に限って、がれきの受け入れには反対するのでしょうね。

3456-big.gif


ぼへー このようなホットスポットがどこにあってもおかしくない状況です。少なくとも長居して(BBQなど)飲食なんぞしてはいけません。
       ↓
************************************************************
<葛飾区の公園でチェルノブイリ級最高レベル ホットスポットの衝撃>  2012年2月22日 日刊ゲンダイ
東京都はすぐに徹底調査と除染しろ!
 東京・葛飾区の「水元公園」の土壌から、1キロ当たり2万ベクレルを超える高濃度の放射性セシウムが検出された。葛飾区や江戸川区など首都圏東部は「ホットスポット」地域として知られているが、事故から1年が経とうとしているのに、今なお、こんな危険地域があったのはショックだ。
 日本共産党都議団が調査し、21日、会見で明らかにした。それによると、調査したのは「水元公園」内にある「メタセコイアの森」「駐車場植え込み」「ドッグラン」「野鳥観察舎」――の4カ所で、土壌や落ち葉を採取し、ドイツ製の測定器で放射性セシウムの濃度を測定。精度を高めるため、今月15日以降、複数回に分けて測ったという。
 その結果が別表なのだが、仰天なのは、最も高かった「野鳥観察舎」入り口の土壌、落ち葉のセシウム濃度だ。
 原子力安全委員会によると「Bq/kg」を「Bq/平方メートル」に換算するには65をかける。単純計算で1平方メートル当たり約140万~150万ベクレルになる値だ。これはチェルノブイリ事故の際、土壌の汚染濃度に応じて居住区域が制限された最高レベル「居住禁止区域」(1平方メートル当たり148万ベクレル以上)に相当する。

「水元公園」の全ての土壌や落ち葉が高濃度汚染されているワケではないだろうが、誰でも自由に出入りできる公園内に、「居住禁止区域」レベルに近い放射能汚染場所が存在していることになる。
「今回の調査で『水元公園』の汚染は判明したが、近隣場所にもこうしたスポットが存在する可能性がある。そもそも、1キロ当たり2万1700~2万3300ベクレルというのは、国が放射性廃棄物を直轄処理する基準として設けた『8000ベクレル』を3倍近く上回っているのだから、都は早急に対処するべきです」(共産党都議団関係者)
 日本環境学会土壌汚染問題WG長の坂巻幸雄氏はこう言う。
「東京は世界で初めて人工放射線の被曝(ひばく)をこうむった首都だといえます。東部はもちろんのこと、都庁周辺でも事故後の空間線量率は事故前の2~3倍に高まっている。多くの人が行き交う都心部で、無視してよい数字ではありません。行政当局を含めた諸機関の努力が求められてしかるべきです」
 老害の石原知事は、「五輪招致」などと寝言を唱えていないで、そのカネを一刻も早く汚染の調査と除染対策に回すべきだ。
************************************************************




blogram投票ボタン

                              ↑クリックお願いします!ぼへー
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/963-7fa11a36 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー