1. Top » 
  2. 時事 » 
  3. ニセ肉まんの報道がニセ! 中国人の規範意識

ニセ肉まんの報道がニセ! 中国人の規範意識

ニセ肉まんの報道がニセだったという発表がありました。
笑い話のようですが、中国にとっては、食品だけでなく、報道もイカサマばかりということが世界中に知られ、また大恥をかいてしまいました。
 なぜ、中国で、こんな事が起こるのか、分かった様な評論家などは、「高度成長の歪みが…」「法整備が追いついていない…」とか、的外れな回答をしています。
 こんな評論家は、歴史や中国人の国民性を知らない事丸出しです。
 なぜ、中国で、以下の様な状況がおこるのか、
「工場は、環境破壊しまくり」「交通ルールなど無いに等しく事故多発」「立小便、痰吐きまくり」「日本は、窃盗強盗団が大挙して来る」「公務員は不正・賄賂」「国営ディズニーランド!」「ゲーム・音楽・映画は、ニセモノが9割以上」「デザイン・特許など流用しまくり」…etc
 原因は、「高度成長の歪み」「法整備の遅れ…」なんかではない。「中国人の伝統的な拝金主義を伴う規範意識の無さ」が原因です。
 中国人差別でいっているのではありません。また、規範意識が無いことがプラスに働くこともありますし…。(何事にもとらわれないとか、…etc)
 「法整備」なんて殆どの問題では、中国でも行われています。ただ、幾ら整備しても、法を守るという規範意識が無いのですから、どうしようもない。また、法はあってもその執行者たる、警察官や裁判官がまた規範意識が無く、恣意的な運用をしますから…。
 現在の中国の問題の多くは、殆どが、ここに根ざしています。
 そして、この問題は、現代だけでなく、伝統的な中国人の国民性(国民的弱点)です。
この規範意識の無さで、中国は近現代において、その発展が50年は遅れたでしょう。
 中国(清)が植民地に落ちぶれたのも、この規範意識の無さが災いしました。
 かいつまんでいえば、英国は、この規範意識の無さを見越して、アヘンを密輸。当時の清朝関係者は、真面目に取締まるどころか、中国人ブローカーによるアヘン流通の手助けすることで賄賂をもらう輩が続出。結局アヘンは中国人自身の手で金儲けのために(違法なのに)一斉に流通、あっという間に蔓延。清の財政は、疲弊。国民の人心は乱れました。どうしようもなくなった頃、ようやくアヘン戦争を起こしましたが、時既に遅く(そりゃそうだ!)、逆に、植民地が確定しました。
 確かに、今思えば英国は、とんでもない奴らだと思います。しかし、当時は清を植民地にしようとしていたわけで、戦争みたいなものですから、アヘンを売って、貿易的に儲けつつ、相手の国の財政も人心も痛めつけるという、非常に合理的な戦術だったと思います。それに比べ、中国人は、こんな簡単な英国の策略に乗っかり、「自分さえ儲かればいい」とアヘンをすごい勢いで自分たちで蔓延させてしまいました。当時もアヘンは違法ですから、規範意識が高ければ、アヘンをシャットアウトすることも出来たでしょう。
 可哀相ですが、中国人は自分たちの規範意識の無さで、自国を植民地にしてしまいました。(逆に、幕末の日本の志士たちの志の高さには、奇跡的なものを感じます。だってもし彼らが外人のためにうまく立ち回れば、いい思いができたでしょうに…)
 ことほどさように、中国人の規範意識の無さは、伝統的であり、別に「高度成長の歪み」や「法整備」では無いのです。騙されないように!判断誤るよ!

スポンサーサイト
  • Genre:

Trackback

Trackback URI
http://damasareruna.blog65.fc2.com/tb.php/98-722385d1 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

プロフィール

zam

Author:zam
山一證券を経て、現在エンタメ系企業の役員を務めるかたわらコンサルとして活動中の筆者のブログジャーナル。公金を毀損する輩・高齢者・弱い者を騙す輩を糾弾だ!
※保有資格
宅建/社労士/証券外務員1種/1級FP…

フリーエリア

blogram投票ボタン

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

・スパムや荒しの対策にコメント欄は削除しました。 何かあれば、こちらへどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
月別アーカイブ
相互Pingサーバー